テーマ・目的に合わせたリフォームメニュー 中古住宅のリフォーム

中古住宅のリフォーム

中古住宅のリフォーム

中古住宅を希望の地域で購入し、リフォームで自分の好みに合った素敵な暮らしを始める人が増えています。
『中古住宅購入→リフォーム→引越しや売却』を、費用や期間からトータルに考えることが必要。
ここでは、中古住宅とリフォームそれぞれのメリットと、検討時に役立つポイントをご紹介します。

中古住宅のメリット

  • 隣家や日当たりなどの環境、地域の様子が入居前からよく分かる
  • 「親の近く」、「子供の学区」など、希望のエリアで選択できる物件が広がる
  • 一般的に、新築物件に比べて費用を抑えられることが多い

リフォームのメリット

  • 最新のシステムキッチンや間取りの変更で、好みの住まいに変化できる
  • 購入後、引越しまでにリフォームすれば、仮住まいの必要が無い
  • 予算に合わせて希望を叶える方法や提案が、リフォームには多彩にある

① 中古住宅の購入~リフォーム

中古住宅の購入~リフォーム

まず、物件は不動産のプロに相談。希望の物件を実際に目で確認しましょう。

  • リフォームを検討する場合には、物件購入とリフォーム費用の総予算を伝えましょう。
  • 実現したい優先順位を決めておくと、複数の物件を比較しやすくなります。
  • 引越し時期が決まっていたら、リフォーム期間を考えた早めの計画がお薦めです。

中古住宅・中古マンション購入は住友林業グループの不動産のプロがお手伝い!「すみなび」

② 購入物件が決まったら、リフォームのプロに希望を相談しましょう。

購入物件が決まったら、リフォームのプロに希望を相談しましょう。
  • 変えたいところや予算、取り入れたい設備など、すべて話しましょう。
  • 好みのイメ-ジは、写真や雑誌の切り抜きで伝える方法もお薦めです。
  • 「そのまま使った方がいい」「いずれでもいい」という提案も。プロに聞いてみる価値ありです。

リフォームの費用やプランニングは、リフォームのプロがお応えします!

中古住宅のリフォームお問い合わせ

検討時に知っておくと役立つポイントの一部をご紹介!

戸建て住宅

物件選び

直近の中古住宅の現状や事例、資金対応などノウハウのある不動産のプロを活用することをおすすめします。

中古の戸建て物件のお探しは「すみなび一戸建て」

  • 契約時の安心
    契約時に、給湯設備や換気扇などの不具合の有無、白蟻の有無などを、売主がチェックした資料を買主に提供する不動産会社もあり、中古住宅購入の安心材料のひとつと言えます。
  • 法的な制限も
    間取りを変更したい場合は、変更しやすい工法か、増改築が法的に規制される地域や建物かも聞いてみましょう。
    売主の許可が必要ですが、設計図面が残っているか聞いてみましょう。最近の建物は、メンテナンス状況や保証書などがある場合もあります。
  • 耐震は1981年以降が目安
    木造住宅の場合、耐震に関する法律が厳しくなった「新耐震設計基準」で建てられているとより安心。耐震リフォームのコストも少なくなります。

耐震リフォームはこちら

リフォーム

購入物件が決まったら、リフォームのプロが図面などでご相談をお受けします。

※売買契約以前の現場調査は、売主の許可が必要なため、詳細な調査は売買契約後となるのが一般的です。

リフォーム
  • 構造に関わるリフォームなら
    契約時に、給湯設備や換気扇などの不具合の有無、白蟻の有無などを、売主がチェックした資料を買主に提供する不動産会社もあり、中古住宅購入の安心材料のひとつと言えます。
    ※構造に関わるリフォームも、500万円未満は建設業許可が無い会社も行うことができます。
  • 保証やメンテナンス
    将来の安心のために、リフォーム工事の保証や点検などのアフタ-サービス体制を確認しておきましょう。
  • 希望を叶えるために
    希望は思い切り伝えましょう。オール電化や太陽光発電といった最新設備や、バリアフリ-、省エネにすることもできます。
    住友林業ホ-ムテックなら、新築の「住友林業の家」のオリジナル設備や内装材を使った上質な空間提案が可能です。

戸建て住宅リフォームの流れ

リフォームの費用やプランニングは、リフォームのプロがお応えします!

中古住宅のリフォームお問い合わせ

マンション

物件選び

直近の中古マンションの現状や事例、資金対応などノウハウのある不動産のプロを活用することをおすすめします。

中古のマンション物件のお探しは「すみなびマンション」

  • 管理が行き届いているか
    マンションがどのように管理されているかは、外まわりや廊下、エントランスの掃除状況を見ればある程度は確認できます。マンション全体の修繕計画があるか、管理組合で見せてもらえることもあります。
  • リフォーム出来る範囲
    マンションは「共用部分」と「専有部分」とに分かれています。リフォームが出来るのは個人所有の「専有部分」のみ。柱や梁などの構造躯体、玄関ドア・窓・バルコニーも「共用部分」となるので注意しましょう。
    リフォーム可能な箇所はマンションにより異なります。管理組合での確認となります。

リフォーム

購入物件が決まったら、リフォームのプロが図面などでご相談をお受けします。

※売買契約以前の現場調査は、売主の許可が必要なため、詳細な調査は売買契約後となるのが一般的です。

リフォーム
  • 間取りの変更
    マンションでも間取りは思ったより変更できますが、壁で建物を支える「壁式構造」の場合は、間仕切り壁を移動するような大きな変更は出来ない場合もあり確認が必要です。キッチン位置の変更などは、床高や間取りにより可能です。相談してみましょう。
  • 制限される設備も
    電気容量の大きいIHクッキングヒーター付キッチンや、新しく配管が必要となる床暖房などは、建物全体での制限も多いので注意しましょう。
  • 希望を叶えるために
    希望は思いっきり伝えましょう。共同住宅ならではの配慮や制限はありますが、リフォームのプロなら、内装だけでなく、間取りや風通しまで変化させることも夢ではありません。
    ※住友林業ホームテックなら、売買契約後にお客様に代わり管理組合にリフォーム可能な箇所を確認対応することも可能です。

リフォームの費用やプランニングは、リフォームのプロがお応えします!

中古住宅のリフォームお問い合わせ

中古住宅リフォームの実例はこちらで

※本内容は、一般的な場合の紹介です。地域や建物によって不動産売買・リフォーム対応の内容は異なりますので、詳細はご相談願います。

おすすめカタログ

中古住宅を買ってリノベーション

中古住宅を買って
リノベーション

中古住宅を購入してリフォームする方は必読!

中古住宅を買ってリフォームする際のメリット、おさえておきたい中古リフォーム成功の段取りとポイントを解説した実例満載のノウハウ本プレゼント!

各種カタログ請求はこちらから

「リフォーム検討」 まずはカタログから

お申込みはカンタン1分完了 リフォームカタログ3冊を無料進呈!お申込みはカンタン1分完了 リフォームカタログ3冊を無料進呈!

住まいのお悩みをリフォームエンジニアに相談する

無料電話で相談する

  • 自宅にいながら相談できる
  • お悩み事がすぐにスッキリする
  • リフォームを最後までサポート

0120-5-46109受付時間 9:15〜17:30 定休日:火・水・祝

無料Webで相談する

  • WEBから気軽に相談
  • 複数の質問にも丁寧に回答
  • 現況調査や見積りの依頼にも対応

Webで相談はこちら

無料イベントで直接相談する

  • 実物の商品を見ながら確認ができる
  • 資料と合わせて説明が聞ける
  • 実際のリフォーム現場が見られる

お近くのイベントを探す

無料カタログ請求
見積り依頼
支店・ショールーム来店予約
お電話でリフォーム相談 0120-5-46109