新着記事

  1. 身体のこれから

    長野県は長寿No.1!その秘訣とは?

    全国的に長寿県として知られている長野県では、健康で長生きするためにさまざまな取り組みが行われています。生活習慣、社会とのつながり、周産期医療の充実など、個人の努力だけではなく、社会とのつながりや多くの人の支えが重要です。

  2. 身体のこれから

    心理学を応用し、禁煙に成功する意外なコツとは

    他人の迷惑にならなければタバコを吸っても構わないと思っている人もいるかもしれませんが、他人に全く害が及ばないように喫煙するというのは相当困難です。「禁煙する」ではなく、「健康的な生活をする」という肯定形の言葉で、どのようになりたいのかを具体的にイメージできるようにして、無理をせずタバコを遠ざけるようにしましょう。

  3. 身体のこれから

    いつまでも健康な歯で過ごすために 50代から始める歯周病予防

    歯周病をそのまま放っておくと、口腔内のみならず、からだにもさまざまな症状を引き起こします。自分の歯でよく噛んで健康的な人生を過ごすためにも、歯周病リスクの高い年代のいまだからこそ、正しい知識と予防習慣を身につけることが大切です。

  4. 住まいのこれから

    三世代で快適に暮らすために 介護と育児のための二世帯リフォームのポイントとは

    三世代同居という暮らし方は、家族にとっても、助け合いや金銭面でのメリットがたくさんあるでしょう。とはいえ、同居する人数や世代が多ければ多いほど、気をつかうことや不自由なことも増えていきます。しかし、これからの社会に求められている住まいかたでもあり、とても有意義な暮らしかたとも言えます。

  5. 夫婦のこれから

    要介護認定のやり直しは可能? 認定結果に納得がいかないときの対処法

    要介護度の判定に納得がいかず、認定のやり直しを希望する人は少なくありません。もし認定結果に疑問を持ったら、まずは担当のケアマネジャーに相談し、適切な対処法を一緒に検討しましょう。

  6. お金・資産のこれから

    手軽に保障が受けられる共済は保険と同じ? 違いを知って生活のリスクに賢く備えよう

    保障内容にもよりますが、一般的に共済は生命保険に比べて保険料が安めのものが多いため、自分のニーズに合ったものを選ぶことで、家計の節約につながることがあります。バランス良くさまざまな経済リスクに備えていければいいですね。

  7. 身体のこれから

    できることなら長生きしたい!100歳まで生きる秘訣とは?

    長寿の方を見てみると、生活習慣病にならないことや、筋力を低下させないことなどが大切であることがわかります。毎日の生活を大切にして、元気な100歳を目指しましょう。

  8. 住まいのこれから

    完全分離型二世帯リフォームのメリット・デメリット~変化する生活様式と、自由な暮らしに寄り添った同居のかたちとは~

    同居における最大のデメリットであるプライバシー性とストレスを最小限に抑えることのできる分離型二世帯住宅は、同居でありながらも両世帯の自由な時間を最大限に確保できます。しかし設備費がかさみ、コストが高くなる傾向がありますのでメリットとデメリットを家族と話し合うことが大切です。

  9. 夫婦のこれから

    両親の介護で疲れないために~介護ストレスを軽減させ楽しい毎日を過ごそう

    介護ストレスが大きくなると、介護者自身がうつ病になったり、またストレスから虐待につながったりすることもあります。その対策として、まず自分がひとりでやらないといけないという考えをなくし、身近にいつでも相談できる体制を持っておきましょう。自分自身のケアも大事です。

  10. お金・資産のこれから

    愛する家族のために 正しい遺言の考え方とすすめかた

    正しい知識にもとづかずに遺言を書いたり、親に遺言を勧めたりしてしまうと、家族にとって不幸な相続になりかねません。遺言は「遺言者の最終意思をのこすための手段」であり、決して相続人に認められた権利ではありません。「相続」が「争族」とならないよう、よく話し合いましょう。

  11. 身体のこれから

    風邪薬で眠くなるのは困る! 休めない方のための薬の選び方

    市販の風邪薬に含まれる成分のうち、鼻水などに効果が期待できる抗ヒスタミン剤は、眠気の副作用を起こしやすい成分です。症状が長引く場合・高熱がある場合は医療機関の受診をし、眠気が出ると困る場合には、受診時に医師に伝えましょう。

  12. 身体のこれから

    要介護に至る原因にも......サルコペニアを予防しましょう

    サルコペニアとは、加齢などによって筋肉量が減ってしまい、全身の筋力低下や運動機能の低下などが起きている状態のことを指す言葉です。こまめに運動をしたり、タンパク質を積極的に取り入れたりして、サルコペニアを予防していきましょう。

  13. 住まいのこれから

    ゴミ屋敷にしないために!いつもスッキリした住まいを確保する収納リフォームの考え方

    不要な物が家の中にたくさんある状態では、リフォームだけで住まいをスッキリさせることができません。まずは、思い切って物を処分することが、片付く住まいの第一歩となります。

  14. マンガで見るリフォームでお悩み解決

    子供が独立、夫と二人の暮らしをグレードアップしたい妻

  15. 夫婦のこれから

    熟年離婚を回避する「卒婚」という選択肢 "なるべく一緒にいないための極意"とは

    熟年離婚を回避するための「なるべく一緒にいない生活スタイル=卒婚」は、お互いがよりよいパートナーであり続ける適度な距離感を保った夫婦の形といえます。困りごとがあったらサポートしあえるように、ある程度密に連絡を取り合いましょう。

  16. 身体のこれから

    早期治療で関節リウマチをコントロールするために重要なこと

    関節リウマチは自分のからだが関節を破壊する自己免疫疾患のひとつです。治療によって完全になくすことも難しく、薬を長期にわたって飲み続けることも少なくありません。症状から関節リウマチを疑ったらまずは早めの病院への相談を。

  17. 50代から気をつける病気。予防・対策

    放置すると怖い! 慢性腎不全の症状と対策

    一度失われた腎臓の働きを回復させることは難しく、命に関わることもある慢性腎不全。そんな慢性腎不全を予防するカギは生活習慣にあります。「生活習慣の見直し」「定期検診」で病気の予防・早期発見をしましょう。

  18. 住まいのこれから

    離れで同居する二世帯増築リフォーム~増築の注意点とコンパクトな設計のポイント~

    増築は、精密な数値の算出とその証明が必要で大変、という印象があります。しかし、比較的低予算で新築と同じような家に住むことができる点は魅力的です。コンパクトな間取りにしたり、水回りの工夫をしたりなど、セカンドライフを快適に過ごすための手立てとして一度設計担当者に確認してみてはいかがでしょうか。

Ranking