木の質感を大切にした住まい|夫婦二人で快適に暮らせる「終の棲家」にリフォーム

暮らし・住まい

この記事をシェアしよう

「定年後に安心して暮らせる終の棲家」のリフォームに成功した事例をご紹介します。

この記事の監修

矢口美加子

宅建・整理収納アドバイザー1級、福祉住環境コーディネーター2級の資格を取得済みです。不動産・リフォーム・不動産投資・転職・整理収納関連の記事を複数のメディアで執筆しています。ライター業の他に、主人が経営する不動産会社所有の投資用物件の入居者管理もこなすパラレルワーカーです。

神奈川県横浜市にお住まいのU様は、ご夫婦お二人で暮らしています。
定年後に夫婦でゆったりと居心地よく過ごすために、愛着のあるマイホームをリフォームしました。

今回は「夫婦二人で快適に暮らせる"終の棲家"」のリフォームに成功した事例として、ご紹介をさせていただきます。ぜひ参考にしてください。

1.リフォームのきっかけ

ここではU様が築32年の木造戸建て住宅を、リフォームすることになったきっかけについてご紹介します。

(1)定年後に夫婦二人で快適に暮らせる家にしたい

U様ご夫婦には二人のお子さんがいますが、それぞれ結婚をして独立したのでご夫婦だけで生活をしています。現在、海外赴任をなさっていますが、もうすぐ定年を迎えるため、奥様と二人でゆったりと暮らせる快適な住まいにしたいと考えていました。

実はU様は32年前に住友林業でこちらのご自宅を建てられ、現在も大変気に入っていただいております。建て替えることも検討されましたが、建てるときに色々と頭を悩ませて考え抜いたご自宅なので愛着があり、それほど傷んでいなかったのでリフォームをすることにしました。

また、建て替えとなると小さめの家になる可能性もありましたが、リフォームなら部屋数をそのまま維持できる点も良かったそうです。2階には特に不満がなかったため、今回は1階を中心にリフォームをしています。

(2)経年劣化と間取りの悪さを改善したい

築32年が経過していたため建物や設備が老朽化しており、家の中が寒いのが問題でした。そのため、水回りの設備などを一新して最新式の便利な住設機器を導入しています。

また、夫婦二人で一緒に過ごせる間取りにすることも必要です。現在の家では奥様がおもに家事をするキッチンとご主人が普段くつろぐリビングが別々の部屋であるため、一緒に過ごせませんでした。今回のリフォームでは、ご夫婦がともに時間を過ごせる間取りに変更しています。

2.リフォームでのこだわりポイント

U様がリフォームする際に、特にこだわりたいポイントであげられたのは、おもに以下の2点です。

  • キッチン・リビング・ダイニングを一体化したい
  • まとめて収納できるスペースを作りたい

順にご紹介していきましょう。

(1)キッチン・リビング・ダイニングを一体化したい

以前の住宅はキッチン・ダイニングとリビングが別々であったので、夫婦二人だけで住んでいるのに一緒に過ごす時間が多くはありませんでした。今回のリフォームでは壁をなくしLDKを一間続きにして、広々とした開放的な空間に仕上げています。

部屋が一体化しているので、掃除がしやすいのもメリットです。動線が良いため、気軽に家事ができるようになったと喜んでいただいております。

上の写真はリフォーム後の対面式キッチンです。
ダイニングやリビングを見渡せるので、リビングにいるご主人と会話を楽しみながら奥様は料理をすることができます。白を基調にした清潔感のあるシステムキッチンで、調理器具や食器などをたっぷりと収納できます。

(2)まとめて収納できるスペースを作りたい

上の写真はリフォーム後の収納スペースです。
北側にあった和室をなくして、多目的に使える納戸を設置しています。
以前の家では収納が分散していたので、1カ所にまとめて収納できるスペースを作りたいと考えていました。

納戸はキッチンの裏側にあり、細々としたキッチン用品も置けるのでとても重宝しているそうです。収納スペースが広いので、季節の用品やトランクケース、書類のファイルなど目的を問わずにさまざまなモノを収納できます。この納戸にあらゆるモノを置いておけるので、LDKはいつもスッキリとした状態です。

3.【部位別】リフォームの内容

ここでは築30年の木造戸建て住宅が、どのように快適なお住まいに仕上がったのかについてご紹介します。

(1)白を基調にした明るい外観

U様宅は、横浜市の閑静な住宅街にある戸建て住宅です。
家族4人でともに過ごした懐かしい我が家の面影をそのまま残しています。

築32年が経過していて外壁の塗装がかなり劣化が進んでいる状態だったので、白く塗り直して明るい雰囲気に仕上げています。

(2)明るい雰囲気のモダンな和室

明るい日差しが入り込む、白を基調にしたモダンな和室です。
海外生活が長いU様ですが、これからは畳の部屋で過ごす機会も増えると考え、採光の良い南西の角に和室を移設しています。

以前の和室は建物の北東にありましたが、南西にあったキッチンと場所を交換したため光が差し込むようになりました。北東にあった頃の和室は、日差しが入らず暗い部屋だったので普段は利用せず、ほとんど物置部屋になっていたそうです。

間取りの変更をしたことにより明るく居心地の良い空間になったので、ご夫婦で日本の情緒を楽しんでいただけます。

(3)ゆったりと入れる癒しのバスルーム

U様は以前のバスルームが手狭だったので、もう少し広めの空間にしたいと考えていました。今回のリフォームでは、バスルームの奥行きを広げて大きめのバスタブを設置できるスペースになっています。ゆっくりと足を伸ばして入浴できるようになりました。

ライトグレーのパネルが高級感を演出しているシックでおしゃれなバスルームです。
手すりも2カ所に設置したので、高齢になっても安全にお風呂に入れます。

こちらはリフォーム後の洗面所の写真です。
木目調のナチュラルな雰囲気の洗面化粧台を設置しました。
引き出しタイプで出し入れしやすいのがメリットです。

以前は洗面所に勝手口があったので洗濯機を置く場所が制限されていましたが、勝手口を撤去したので大型の洗濯機を導入しています。機能的でスッキリとした空間になりました。

(4)広々としたバリアフリー仕様のトイレ

手洗いカウンター付きの清潔でキレイなトイレです。
以前の住宅ではトイレが狭かったため、幅を階段収納側に広げてスペースを確保しました。
タンクレストイレなので場所も取らず、掃除に手間もかかりません。

壁に手すりを設置したので、将来、足腰が弱くなっても利用しやすいのがメリットです。
手洗いキャビネットはたっぷりと収納できるタイプを設けたので、トイレ周りの日用品をスッキリ収納できます。

(5)木の質感を活かした玄関

木の質感が魅力的な温かみのある玄関です。
落ち着いた雰囲気でお客様を優しく迎えてくれます。

フォーカルポイントである正面には木の飾り棚を設置して、玄関スペースを有効活用できるのがメリットです。棚の下に設けた間接照明は柔らかな光を放ち、U様が季節ごとにかけ替えている絵画を照らしています。新しく設置した木のエントランスベンチはインテリア性を高めるだけでなく、訪問したお客様がちょっと腰かけられるスペースとしても重宝しています。

4.リフォーム後の暮らしの変化

U様にリフォーム後の暮らしの変化について尋ねてみましたところ、以下のようなご回答をいただきましたのでご紹介します。

  • 暖かく暮らせるようになった
  • 気軽に家事ができるようになった

以前は冬になると寒さが厳しい住宅でしたが、今回のリフォームでは建物の外壁の内側(柱の外側)に断熱材を入れ、ペアガラスを設置して断熱性能を上げました。LDKには床暖房も設置したので、冬の寒い日でもエアコンと床暖房だけで十分暖かいそうです。

キッチン・リビング・ダイニングを一間続きにしたので、家事動線も良くなりました。スキマ時間に効率良く家事をこなせるので、気持ちに負担をかけずに作業ができます。ちょっとした合間にキッチンに立って1品作るなど、家事をする時間が増えたそうです。

5.住友林業のリフォームについて

U様が当社にリフォームをご依頼されたきっかけなどについてお伺いいたしました。

(1)住友林業ホームテックを選んだ理由

U様はリフォームをするにあたり、住宅展示場で最新のモデルハウスを見学されました。
その中の1社に住友林業ホームテックがあり、プランを提案させていただいたところ、U様にとって「これだ!」というプランがあったそうです。

見積金額は相応の価格でしたが、「間取りが良い」「木の家で実績が豊富」などの点を考慮して最終的に当社を選んでいただいております。

(2)住友林業ホームテックの対応

リフォーム工事に際しての当社の対応についてお伺いをしたところ、以下のようなご回答をいただきました。

  • 担当者がよく対応してくれた
  • トータル的なサービスが良かった

U様は海外赴任のため、日本に一時帰国をした際に集中して打ち合わせをしていました。
帰国されたときにショールームにご案内して実物の設備機器を見ていただいたり、打ち合わせができないときは、海外の赴任先までサンプルを郵送したりするなどの対応をしております。

また、インテリアコーディネーターがアドバイスをして、トータル的な住空間をプロデュースしました。プロの目線から見たインテリアを実現したので、とてもおしゃれで機能的な住まいに仕上がっています。

6.まとめ

今回は築32年の木造戸建て住宅を、「夫婦二人で快適に暮らせる"終の棲家''」へのリフォームに成功した、神奈川県横浜市のU様の事例について詳しくご紹介をさせていただきました。

子育てが終了し、ようやく夫婦二人だけの住まいを楽しめる快適な住まいが実現し、U様ご夫婦は毎日をゆったりと優雅に暮らしています。リフォームなので部屋数はキープしており、お子さんがご家族で泊まりに来ても対応することが可能です。

夫婦二人で協力し合いながら長年住み続けた愛着のある我が家で、これからも仲良くお二人で幸せな時間をともに過ごされていきます。