2019年版・住まいの実態調査【鹿児島県編】住まいのこだわり

鹿児島県在住の方は高齢者も住みやすい家にリフォームを希望

この記事をシェアしよう

日本で10番目に大きな面積を持ち、屋久島などで有名な鹿児島県。北部と南部に長い地形で、亜熱帯・温帯・冷温帯と、世界でも珍しい3つの気候があるこの地域に住んでいる方々は、住まいに関してどのようなこだわりを持っているのでしょうか。

「将来はこんな家に住みたい」「ここを○○のようにリフォームしたい」など、住まいに対して思い描く理想は人それぞれではないでしょうか。一方で、「○○が壊れそう」「ずいぶん年季が入ってきた」など、今すぐリフォームしたい箇所もあるかと思います。

そこで、各都道府県の方々に住まいのこだわりや実現したいリフォーム、今すぐ改善したい箇所に関してアンケート調査を行いましたので、その結果を皆様にお届けしたいと思います。

今回は、鹿児島県に住んでいる30~60代の世帯主の男女を対象に実施した、アンケート結果とそこからわかったことをご紹介します。

1.明るく風通しの良い部屋づくりにこだわりがある

まずは、「あなたが住まいに関してこだわりがあるところは何ですか?」と質問した回答をみていきましょう。

(戸建て)
1位:間取り   (34.3%)
2位:リビング  (19.4%)
2位:換気・通気性(19.4%)
2位:採光    (19.4%)

(マンション)
1位:間取り   (43.6%)
2位:キッチン  (25.6%)
3位:お風呂   (23.1%)
3位:リビング  (23.1%)
3位:収納    (23.1%)
3位:防犯    (23.1%)

戸建て、マンションの両方で1位を獲得したのは間取りとなっており、2位以下に15ポイント近く差をつける結果となりました。

2位以下を見てみると、戸建てでは換気・通気性や採光などにこだわり部屋全体の過ごしやすさを重視している住まいが多いのに対し、マンションではキッチンやお風呂、リビングなどの居住空間にこだわった世帯が多いようです。

換気・通気性や採光が3位以内に入ることは珍しく、このことから鹿児島県にお住まいの方は、部屋の明るさや風通しの良さにこだわりを持っていることが伺えます。

総務省統計局の2019年の調査によると、鹿児島県は降水日数が124日と全国で13位となっており、太陽が見える日が少ないため、じめじめとした日を乗り切るために換気・通気性を意識する、採光にこだわり明るい部屋を実現するなどの工夫をしている世帯が多いことが想像できます。

2.鹿児島県在住の方の理想のリフォーム

次に、「あなたが住んでいる住まいを理想の住まいにリフォーム・リノベーションする場合、どこをどんな風に変えたいか詳しく教えてください。」と質問した回答をみていきましょう。

こちらは自由回答のため、抜粋したものをご紹介していきます。

個別リフォーム系の回答

(戸建て)

  • ベランダをサンルームみたいにしたい。
  • お風呂場が古くなってきたので 浴室暖房が欲しい。

(マンション)

  • お風呂を狭くしたい。

バリアフリー系の回答

(戸建て)

  • お風呂場が古くなってきたので 浴室暖房が欲しい。
  • 足腰が弱くなった時に車椅子で移動できるように段差をなくしたいとは思っています。

(マンション)

  • 高齢者の方が、安全に安心した生活が送れるようにバリアフリーにリノベーションしたいです。

全体リフォーム/リノベーション系の回答

(戸建て)

  • 浴室のユニットの経年変化があるので,ユニットの交換が必要になってくると思われる。また,トイレの洗浄便座も耐用年数を超えてきているので,そろそろ交換の必要があると思われる。
  • リビングを広くして、和室も洋間にして1階にもう一部屋ほしい。お風呂をユニットバスにして暖かくしたい。

(マンション)

  • 水光熱費を安くするためにも、日当たりの良さは重要視したい。また、掃除が行き届かなくても綺麗に見えるような作りにしたい。
  • ペットが住みやすい床材にしたい。

3.高齢化に合わせたリフォームのニーズが強い

ここまでは住まいに対するこだわりや理想のリフォームについてみてきましたが、5年以内にリフォームするとしたら、どういったリフォームを考えているのでしょうか。

そこで、「現在の住まいに対して5年以内にリフォーム・リノベーションなどで改善をしたい箇所はありますか?賃貸住宅にお住いの方は、仮に改善できるとしたらどこを改善したいかをお答えください。」と質問した結果とその回答理由を確認していきましょう。

(戸建て)
1位:お風呂 (20.9%)
2位:トイレ (16.4%)
3位:間取り (11.9%)

(マンション)
1位:お風呂 (33.3%)
2位:キッチン(30.8%)
3位:トイレ (25.6%)

アンケートの結果、戸建て、マンションの両方でお風呂・トイレという水回りが3位以内に入り、さらにマンションではキッチンが2位にランクインしています。こうした回答の理由は次のようになっています。

(戸建て)
1位:住まいのいたみを直す、きれいにする    (52.8%)
2位:間取り、収納、設備などを使いやすくする  (25.0%)
3位:高齢期の生活の安全・安心や住みやすさの向上(5.6%)

(マンション)
1位:間取り、収納、設備などを使いやすくする  (37.9%)
2位:住まいのいたみを直す、きれいにする    (17.2%)
3位:介護をしやすく、受けやすくする      (10.3%)

使用頻度の高い水回りのリフォームニーズが高いことからもわかるように、「住まいのいたみを直す、きれいにする」という理由が戸建てでは1位、マンションでは2位となりました。これらは、鹿児島県に限った話ではなく、他の都道府県でも多く見られる傾向です。

しかし、高齢期でも安全・安心に住めて介護をしやすい家にしたいという要望が多いのには、鹿児島県特有の背景が考えられます。

鹿児島県の調査によると、2018年時点の鹿児島県の高齢化率は31.4%であり、全国平均の28.1%を上回っています。また、全国的な少子高齢化を考えると、鹿児島県の高齢者数は今後も増えることが予想されます。

そのため、高齢者や高齢者と一緒にお住まいの方から、バリアフリーに対するご要望が増えているのではないでしょうか。

4.快適な住まいを目指して

鹿児島県在住の方に、住まいのこだわりや理想のリフォーム、直近5年でリフォームした箇所についてアンケートを取った結果をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

住まいに対してこだわりや住みたいと思う理想はありつつも、将来ではなく直近5年のように、現実的な設問になると今困っていることや利便性を求める方が多いようです。

実際、なにかが故障してから買い替えやリフォームを検討される方も少なくありません。

しかし、これから住み続けていく住まいでは、理想とする住まいの形を実現するために、まとめてリフォーム/リノベーションをしてしまった方が、トータルで見ると安くなるケースがほとんどであり、住みたいと思える家で暮らすことができます。

この機会に、改善したい個所ではなく、「どんな家に住みたいか?」を考えてみてはいかがでしょうか。