岐阜県 O様邸 No.32

吹抜けで1階と2階をゆるやかにつなげ、古民家の趣を残した和モダンな住まい。

-梁を現しにしたひと続きのLDK。玄関から座敷へとつづく土間のある間取りに-

築66年、以前から母屋の建替えを考えていましたが、具体的に間取りプランを出してもらったところ、古い家とほとんど変わらず、「それならリフォームにしよう!」ということになりました。家内の希望で既存の梁や柱はそのまま残し、古民家の趣を活かした住まいに。DKの吹抜けは明るく気持ち良く、風通しも良くなりました。キッチンが広くなったことや収納が増えたことなど、息子の嫁もとても喜んでいます。

  • 1F
  • 2F

 

 

  •  

リフォームの見どころ

  • 自然素材・木質感
  • 収納
  • キッチン
  • 玄関/ホール
  • 外観/エクステリア
建物種別 旧家 リフォーム
部分
リビング/ダイニング・キッチン/家事コーナー/和室/洋室/寝室/水まわり/子供部屋/ホール/玄関/土間/縁側/階段/吹抜け/収納/外観
築年数 66年 構造 在来木造 工事面積 220.5m2
工期 153日 建築形態 戸建て 費用 3,200万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 築66年の古い家の良さを残した住まいにしたい。
  • プライバシーを守りながら、家族の様子がわかるような空間にしたい。
  • 各所に収納スペースがほしい。雨が降るたびに玄関に泥が飛び跳ねる。キッチンが狭い。

こだわりストーリー

梁の見える吹抜けと東向きの高窓

梁の見える吹抜けと東側に高窓を設けて
家全体を明るく風通しの良い空間にしました。

古民家の趣を残した和モダンなお住まいのO様邸。梁が見える、その迫力ある吹抜けは明るさと開放感が得られます。また東側に設けた高窓からは光と風がたっぷり入り、1階のひと続きになったLDKの空間を一層心地良いものにしてくれます。2階のファミリースペースや書斎に居ても吹抜けを通して1階の様子が感じられるので、O様はそのゆるやかにつながりをもたせた空間がとても気に入っているそうです。

リフォームを終えて

担当者のコメント

梁や柱などの構造補強や床暖房の設置などで
安心で快適な暮らしを実現しました。

岐阜支店

1階のLDKをはじめ、家全体の既存の梁や柱を可能な限り活かしながら構造補強し、大きく耐震性を向上。窓には複層ガラスを、天井や壁などには断熱材を充填し、床暖房も付けて断熱性を高めました。またお正月やお盆に大勢人が集まったとき、直接座敷に上がれる土間をつくり、玄関から座敷への動線を工夫しています。

お客様のコメント

希望どおりの家ができました。
リフォーム後のフォローも万全なので安心です。

今回リフォームして良かったのは、建替えをしなくても、満足のいくものができたということです。「ここはこうしたい」と相談するたびに、必ずこちらの希望にあう提案をしてくださったので、とても感謝しています。またリフォーム後のフォローも良いので安心です。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP