福岡県 K様邸 No.6

新旧の調和を考え、開放的な現代の住まいに再生

-梁や大黒柱などを活かし、明るく、風通しの良い和モダンの家-

調査の結果、構造材が十分使えることがわかり、耐震性や断熱性などの基本部分を強化しながらリフォーム。梁や柱などを活かして新旧の調和をはかった空間には重厚感と迫力が蘇り、私がめざしていた和モダンでスマートな家づくりが実現しました。

  • 1F
  • 2F

 

 

  •  

リフォームの見どころ

  • 旧家
  • 耐震補強
  • 自然素材・木質感
  • 断熱
  • リビング/ダイニング
  • 玄関/ホール
  • 外観/エクステリア
建物種別 旧家 リフォーム
部分
外観/玄関/LDK/和室/寝室/子供部屋/ロフトスペース/バスルーム
築年数 90年 構造 伝統構法 工事面積 186.47m2
工期 150日 建築形態 戸建て 費用 3,015万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 「家を継いでほしい」という親の願いで、2年前にUターンしたのがきっかけ。
  • 実家に隣接した築90年になる祖父の家に住むことになったが、老朽化して住める状態ではなかった。
  • 調査の結果、構造材が十分使えるというので先祖から受け継いだものを活かしたいと思った。

リフォームを終えて

担当者のコメント

古材と新材との調和をとり、旧家の良さを 引き出しながら快適な空間を完成させました。

福岡支店

窓の配置をかえトップライトを設けて光と風が家全体にゆきわたるように設計。梁や柱を活かし、建具などの造作を再利用して旧家の良さをひき出しました。また耐震性や断熱性を向上させ、オール電化の最新設備を取り入れるなど快適で安心な住み心地を確保しました。

お客様のコメント

私の大好きな建築家「カール・ベンクス」さんの作品イメージに近づいたようで嬉しいですね。

満足なのが存在感のある梁や柱を残し、新しい材と同じ色合いで仕上げて新旧調和のとれた空間づくりができたこと。また吹き抜けやトップライトを設け、家全体が明るくなりました。オープンなつくりなので、どこにいても家族を感じることができると妻も喜んでいます。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP