東京都 A様邸 No.1

100年の歳月が培った景観を大切にし、快適に暮らす

-古材を活かし、増築も見えないよう配慮して-

100年以上前に建てられた、愛着のある我が家。今回のリフォームで、耐震性や耐久性を強化しましたが、佇まいをそのまま残せ、古材を可能な限り活用できたことに満足しています。

 

リフォームの見どころ

  • 旧家
  • 耐震補強
  • 自然素材・木質感
  • リビング/ダイニング
  • 和室/子供部屋/寝室
  • 外観/エクステリア
建物種別 旧家 リフォーム
部分
リビング/DK/和室/縁側/玄関/内玄関/子供部屋/バルコニー
築年数 100年以上 構造 伝統構法 工事面積 178m2
工期 240日 建築形態 戸建て 費用 3,900万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 家族みんなが愛着を持ち、社会的にも意味のある家なので、これから先も残して行きたい。
  • 古い家なので、耐震性や耐久性を強化したい。
  • 庭からの景観を壊さないように、暮らしやすい間取りにしたい。

リフォームを終えて

担当者のコメント

歴史のある佇まいを残しながら、耐震性を強化し、古い梁や天井板などを最大限活用しました。

東京西支店

耐震・耐久性を持たせるため、基礎スラブの新設と腐っていた土台や柱の入れ替えを行いました。増築部は庭から目立たない位置に配置し、趣のある美しい軒のラインはそのまま見えるように。既存の部材を最大限活かし、新しい部材は調和するよう色味を調整しています。

お客様のコメント

「古いものを大切にし、できるだけ効果的に使う」よいリフォームができ、満足しています。

家族みんなが愛着を持つこの家を、築100年の良さを残しながらリフォームしたいと考えていました。また使われている木材もできる限り活かすことが、環境という観点からも大切だと思ってきましたが、期待通りにお応えいただき、満足しています。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP