京都府 M様邸 No.99

こだわりは薪ストーブと十和田石とヒノキのお風呂。
実家をリフォームして田舎暮らしを楽しむ家に。

-耐震性を向上させながら大空間を実現。お父様が建てた住まいを受け継ぐ-

高齢の母がひとり暮らしをしている実家を二世帯住宅にリフォームしました。近い将来、私たち夫婦が同居する予定で、それまでは休日に帰って農業をするつもりです。母と私たち夫婦の3人が住みやすい家にしました。住まいは築40年を経過していましたが、父が建てた愛着のあるものでしたので、壊すつもりはありませんでした。耐震性能の向上を図りながら、吹抜けの大空間も実現でき、とても満足しています。

  • 1F
  • 2F

 

 

  •  

リフォームの見どころ

  • 戸建て
  • 二世帯で住む
  • 自然素材・木質感
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 洗面室/バスルーム/トイレ
建物種別 戸建て リフォーム
部分
リビング/DK/バスルーム/洗面室/和室/トイレ/外観
築年数 40年 構造 在来木造 工事面積 213.93m2
工期 144日 建築形態 戸建て 費用 2,252万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 高齢の母がひとり暮らしをしているので二世帯住宅にして一緒に暮らしたい。
  • 大好きな薪ストーブを心おきなく楽しみたい。

こだわりストーリー

薪ストーブ

薪ストーブを楽しみたいというご要望に応え、
リビングの中心に設置。タイルも雰囲気を合わせました。

薪ストーブがお好きなM様はご自宅にも設置されていたのですが、住宅地であることから、煙で近隣に迷惑をかけないようにと、遠慮されながらの利用だったそうです。薪ストーブを存分に楽しめるようにすることは、今回のリフォームの大きな目的の1つでした。新たに設けた吹抜けの大空間の一角に、薪ストーブを楽しむスペースをつくり、凹凸のある質感豊かなタイルを壁に使い、また、薪の収納スペースも確保しました。ご主人はさっそくロッキングチェアを置いて、心ゆくまで揺らめく炎を楽しまれています。

リフォームを終えて

担当者のコメント

吹抜けに階段も取り込み、開放感のある大空間をつくりました。

京都支店

お住まいの約半分を残しながらのリフォームであることから、制震ダンパーを要所に使って耐震性の向上を図りました。ご要望の開放的なLDK空間も、それによって可能になりました。薪ストーブまわりのタイル壁は割り付けに注意し、美しい仕上がりを心がけました。

お客様のコメント

薪ストーブのある明るいLDKに大満足。ヒノキのお風呂もいい香りです。

これまでは暗くて寒いために使っていない部屋も多かったのですが、リフォームで明るい大空間になって、帰るのが楽しみになりました。中でも、薪ストーブと、十和田石とヒノキを使ったお風呂に大満足。ゆったりとした時間を楽しんでいます。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP