東京都 T様邸 No.134

廊下の配置を変え回遊できる間取りにリフォーム。夫婦二人で快適に過ごせる住まいに。

-「明るさ」「効率的な動線と収納」「風通し」の3つの条件を叶えた間取りを実現-

数年前から夫婦二人の暮らしになり、残りの人生を快適に過ごすために住み替えするか、リフォームするかを検討。場所が便利なことや、納得する予算やプランの家が見つからなかったのでリフォームに。「明るさ」「効率的な収納と動線」「風通し」を基本条件とし、水まわりを中心に回遊できる間取りを実現。使い勝手が良くなり、とても暮らしやすくなりました。

 

リフォームの見どころ

  • 収納
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
建物種別 マンション リフォーム
部分
リビングダイニング/キッチン/寝室/水まわり/廊下/玄関/収納
築年数 18年 構造 鉄筋コンクリート造 工事面積 70.68m2
工期 約90日 建築形態 マンション 費用 1,570万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 一日のほとんどをリビングで過ごすためくつろげる空間にしたい。
  • 玄関を広くしたい。十分な収納スペースがほしい。明るく風通しの良い家にしたい。
  • 使いやすい動線のキッチンにしたい。バックヤードに使えるスペースがほしい。

こだわりストーリー

風も通り抜けるような広くて明るい玄関

玄関脇の部屋の一部を取り込み、広くて明るい玄関に。
風も通り抜けるようになりました。

ファミリータイプの3LDKだったというT様邸。広さのわりに玄関が狭いので横に広くしたいというご依頼がありました。間取りを見ると中央に廊下があったので、このままでは玄関を広くするのはむずかしいと判断し、廊下を端に寄せることを提案。また玄関脇のひと部屋の一部を取り込み、玄関から廊下へと続く壁面をやわらかなラインに仕上げました。
リフォーム後、玄関脇の部屋に位置していた開口部から光が差し込むようになり、風も玄関から廊下、そしてリビングへと通り抜けるようになりました。また廊下の壁には床から浮いたデザインの壁面収納を設置。下側に間接照明を取り付け、柔らかい光で落ち着いた空間になりました。

リフォームを終えて

担当者のコメント

リフォームのポイントは、配置を変えた廊下と
回遊できる間取り。各所に設けた十分な収納も。

城南支店

マンション特有の問題で水まわりの位置を大きく動かせないため大変苦労しましたが、廊下の配置を変え、LDK、キッチン、ウォークインクロゼット、寝室と水まわりを中心に回遊できる間取りを提案。使い勝手の良さを気に入っていただきました。また収納も「この広さでよくこれだけのスペースができたね」とお誉めの言葉をいただいています。

お客様のコメント

今回のリフォームで、やっと満足のいく理想の住まいになりました。

家は3軒建てないと理想の住まいにならないといいますが、私自身は住み替えでこのマンションを購入し、今回リフォームしたことで3軒目ということになると思います。やっと満足のいく理想の住まいになったので、出来上がった家を購入するよりリフォームしたほうが良いのではないかとつくづく思いました。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP