東京都 I様邸 No.44

ご夫婦のセンスとアイデアをかたちにした美術館風の家

-間仕切り壁を曲線にして視界を広げ、光がたっぷり入る空間に-

趣味で集めたアンティーク家具をいかせる美術館風の家にリフォーム。
曲線にした間仕切り壁、ランダムに配したスポットライト、無垢材の床や漆喰調の塗り壁など、私たち夫婦のこだわりをかたちにしたデザイン性の高い住まいになりました。

 

リフォームの見どころ

  • マンション
  • 自然素材・木質感
  • 収納
  • 趣味
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 洗面室/バスルーム/トイレ
  • 和室/子供部屋/寝室
建物種別 マンション リフォーム
部分
キッチン/リビング/ダイニング/パントリー/寝室/トイレ
築年数 11年 構造 鉄筋コンクリート造 工事面積 41m2
工期 40日 建築形態 マンション 費用 650万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • ありきたりな間取り変更ではなく、人とはちがうこだわりのあるリフォームをしたい。
  • 間仕切りの壁で遮られてしまっている緑豊かな風景を一枚の絵のように眺めたい。
  • 趣味で集めたアンティーク家具が映えるように無垢の床材など素材感にこだわった空間にしたい。

リフォームを終えて

担当者のコメント

リフォームポイントは曲線を描いた間仕切り壁。光を取り入れて美術館風の空間を実現しました。

横浜支店

部屋を仕切っていた壁を取りはらい、曲線の壁で部屋の一部を仕切って開放感を出しました。壁に沿ってランダムに配されたスポットライトは美術館の雰囲気を演出。床材はアンティーク家具に合う無垢のウォルナットを使用しました。

お客様のコメント

アンティーク家具が映えるシンプルな配色に。採光も通風にも配慮しました。

とくにこだわったのは床や壁などの素材やデザイン。アンティーク家具が映える美術館らしい空間になりました。また元キッチンだったところに大容量のパントリーを設けたことで、部屋全体がいつもすっきり片付くようになってとても気持ちがいいですね。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP