オリジナル制震技術「スミリンCEM工法」

スミリンCEM工法は、高層ビルにも採用されている油圧ダンパー式の制震装置を伝統構法用と木造軸組工法用に改良・開発した制震ダンパーを採用する工法です。

スミリンCEM工法の制震ダンパーは、地震の揺れを吸収・低減して建物の変形を防ぐとともに、繰り返し起こる余震の震動に対しても強さを発揮します。

旧家・古民家用

オリジナル エネルギー吸収ダンパー

伝統構法用(旧家・古民家)に開発した制震装置。
建物の揺れ幅を約40%低減させることができます!

オリジナル エネルギー吸収ダンパー

強度実験写真

強度実験写真

床下や天井裏の土台、梁の仕口に設置して、建物の揺れを抑える制震構造です。

油圧ダンパ-をトグル機構※1の金物に組み込み、床下や天井裏の土台や梁の仕口に設置する工法。実験では未装着のものに比べ建物の揺れ幅を約40%低減させることが可能です。※2

  • ※1 トグル機構とはテコの原理を利用した機構。
  • ※2 建物の状況と解析により異なります。

PAGE TOP

戸建て用

オリジナル 制震ダンパー S型 ※1

木造軸組工法の2階建て住宅用に開発した制震装置。
建物の揺れ幅を低減させることができます!

オリジナル 制震ダンパー S型

制震ダンパー S型

制震ダンパー S型

  • ※S型=シアリンク型 せん断(シア)力を受けて、その力をエネルギーに変換する制震装置です。

制震ダンパーS型は、平屋、3階建て、枠組壁構法、丸太組構法、旧38条認定及び型式連合認定のプレハブ工法の建物は対象となりません。また準耐火(省令準耐火)構造には設置できません。

柱と柱の間に設置するため天井と床をこわさず壁下地だけ撤去して設置できます。

スミリンCEM工法の「制震技術」は東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)で優れた威力を発揮しました。

宮城県T様邸 地震後撮影

宮城県T様邸 地震後撮影

2011年3月11日以前にスミリンCEM工法で補強したお客様を地震後に調査しました。

お客様の言葉「本震時はほとんど建物に損傷がなく、しばらく近隣の避難所代わりになっていた」とのこと。地震後の調査では1階についてはクロス割れや和室塗り壁の損傷が見られたが「軽微」と言えます。

エネルギー吸収ダンパー 特許取得済み
日本建築防災協会技術評価申請中

制震ダンパーS型 特許取得済み
日本建築防災協会技術評価 DPA-住技-30-1(変更・追加・更新) 取得済み

各種診断サービスはこちら!

おすすめカタログ

よくわかる耐震・制震リフォーム

よくわかる耐震・制震リフォーム

耐震リフォームをする方は必読!

実例集やオリジナル技術やノウハウが詰まったカタログを無料でお届けいたします。

各種カタログ請求はこちらから

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP