数々のリフォーム受賞実績

住友林業のリフォームは、リフォームコンクールとして長い歴史を持つ『住まいのリフォームコンクール』(公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催)をはじめ、『グッドデザイン賞』『住まいのバリアフリーコンペティション』など数々のコンクールで受賞をしています。ひとつひとつ異なるリフォームニーズに応え、お客様の夢を叶えるプラン提案力・技術力は確かな評価を得ています。

2010年 2010年度 グッドデザイン賞 受賞

2010年 住まいのバリアフリーコンペティション 東京電力賞 受賞

2009年 住まいのインテリアコーディネーションコンテスト 支部特別賞 受賞

2012年 住まいのリフォームコンクール 優秀賞 受賞

2008年 住まいのリフォームコンクール 総合部門 優秀賞 受賞

2007年 住まいのリフォームコンクール 居室部門 優秀賞 受賞

耐えて、制する。耐震 制震ダブル工法

「2010年度 グッドデザイン賞」受賞

GOOD DESIGN

公益財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2010年度 グッドデザイン賞」において、リフォーム実例「旧家再生」がグッドデザイン賞を受賞しました。

リフォーム前

築年数のたった伝統ある旧家を現代風の建物へと全体的にリフォームするにあたり、外観は、自然素材である焼き杉板のブラック色を外壁に、ガルバリウム鋼板のシルバー色を屋根に用いて、モダンなコントラストのあるデザインとしました。

間取り

和歌山県 木造戸建て 築100年 該当部分工事費 2,500万円

Reform Design Storys

長く住み継ぐ建物に再生するための梁や柱を金物で補強、屋根の軽量化などを行い、耐震性を含む安定性を高めました。室内はオーナーのご希望から旧家の梁や柱をいかし、新規部材を組み合わせることで新旧が融合する上質な空間としました。
【審査委員講評】「リフォームは今後、社会的に重要になってくる。100年耐えた家をさらに次世代へつなぐ試みを応援したい。新旧のバランスについての検討など、旧家の良さをさらに残す方法等、さらなる取り組みに期待したい」と講評されました。

Reform Design Storys

リビングいっぱいの大開口は、庭と融合したかのように感じられるスケール感を演出。

家の中なのに、屋外にいるかのような開放感。

木肌の風合いを残しつつ木部塗装を施した既存の梁や柱と、白の塗り壁のコントラストが目を引く。

落ち着いた色調でまとめたダイニング。やわらかい光とどっしりとした梁が調和。

ガラスブロックから朝日が差し込む設計。間仕切りの木製格子がインテリアのアクセントに。

お客様の声

思い出の家を柱や梁ごと残すことができて嬉しく思います。
家全体に光が行き届くようになり、明るくなったことで、気分も明るくなりました。
これからも大切に受け継いでいきたいと思います。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP