断熱・省エネリフォーム

夏涼しく、冬暖かい家

「夏涼しく、冬暖かい家にリフォームすること」。断熱リフォームによって、外の温度変化に影響されず、四季を通して室内で快適に過ごすことができるばかりでなく、家計の負担が少なくなるということに繋がります。

  • 今のお住まいで気になる点は?
  • 断熱診断
  • 断熱リフォームのご提案
  • 断熱リフォームの部位別工法

今のお住まいで気になる点は?

冬、1階の床が
冷たく、足元が寒い。

夏、2階の部屋が
とても暑い。

昭和55年以前の
木造住宅である。

断熱基準は昭和55年から。
それ以前の家には
断熱材が入っていない場合も・・・

すきま風が気になる。

暖房や冷房が
あまり効かない。

ひとつでもチェックがある場合は
「断熱診断」をおすすめします。

PAGE TOP

断熱診断

断熱診断

断熱診断

リフォームエンジニアが窓枠やガラスの状態、床下、天井裏、壁の断熱材の状態などを細かく調査します。見ただけでは判断できない場合などは、サーモカメラを使って、隙間や断熱材がない部分を確認、特定します。

サーモカメラによる調査

畳のへりからすきま風が入っているのがわかる。

外周壁に断熱材が不足しているのがわかる。

天井まわりに断熱材がないのがわかる。

コンセントまわりから隙間風が入っているのがわかる。

各種診断サービスはこちら!

おすすめカタログ

よくわかる断熱・機密リフォーム

断熱・省エネリフォームをする方は必読!

実例集やオリジナル技術やノウハウが詰まったカタログを無料でお届けいたします。

各種カタログ請求はこちらから

PAGE TOP

断熱リフォームのご提案

現況調査の結果により、ご希望やご予算等に応じて最適なリフォーム工法をご提案します。
建物の状況により、部位リフォームでも、全体リフォームと同等の効果を得られる場合があります。

【部位リフォーム】

無断熱や断熱材が不十分な天井、壁、床、などの部位をリフォームする。

【全体リフォーム】

間取り変更や耐震改修などと組合せて建物全体をリフォームする。

【部分リフォーム】

1階の範囲、または部屋単位で断熱リフォームする。

ライフステージの変化に伴って、常時使用する部屋が減り、1階の居室(居間、和室、食堂)などに生活空間が集中している場合は、その範囲を【部分リフォーム】するとより効果的です。

「部位リフォーム」でも、「全体リフォーム」と同様の効果が得られる場合があります。

暖房負荷計 冷房負荷計

  • ※暖房負荷計とは室内から失われていく熱量の総量

シミュレーション条件/築25年、所在地/東京、暖冷房手法/エアコンによる部分間欠暖冷房、暖冷房設定温度/暖房20℃・冷房27℃(湿度60%)就寝時冷房28℃(湿度60%) 【リフォーム前】壁/ラスモルタルGW10K t=50mm、天井/繊維板GW10K t=25 アルミサッシ/単板ガラス
【リフォーム内容】床/グラスウール32K t=80mmを充填、壁/外周壁部屋内側スタイロフォームEX t=20mm内貼り、天井/小屋裏にグラスウール16K t=220mmを充填、サッシ/内窓設置
IBEC発行データを住友林業 筑波研究所で試算

各種診断サービスはこちら!

おすすめカタログ

よくわかる断熱・機密リフォーム

断熱・省エネリフォームをする方は必読!

実例集やオリジナル技術やノウハウが詰まったカタログを無料でお届けいたします。

各種カタログ請求はこちらから

PAGE TOP

断熱リフォームの部位別工法

断熱リフォームプランは家全体を診断してから

断熱が不充分だからと個別に対処して失敗することも。
2階が暑いからと、窓を複層ガラスにするだけだと、かえって熱気の逃げ道がなくなり、以前よりも暑くなったという例もあります。
お住まい全体を的確にチェックしてからリフォームプランを練る必要があります。

各種診断サービスはこちら!

おすすめカタログ

よくわかる断熱・機密リフォーム

断熱・省エネリフォームをする方は必読!

実例集やオリジナル技術やノウハウが詰まったカタログを無料でお届けいたします。

各種カタログ請求はこちらから

リフォーム実例紹介

旧家リフォーム実例 福島県 S様邸

快適性を高め、築200年の旧家の温もりを引き継ぐ家に

建物種別 旧家   築年数 200年
工期 240日   費用 3,800万円
所在地 福島県

戸建てリフォーム実例 高知県 I様邸

スムーズな家事動線とリビングに設けた収納で居心地の良い空間をに

建物種別 戸建て   築年数 24年
工期 120日   費用 3,278万円
所在地 高知県

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP