片付かない人でも簡単にできる 使いやすいキッチン収納「3つの法則」

暮らし・住まい

この記事をシェアしよう

キッチンは家族の健康を守るため、食事をとおし豊かなコミュニケーションを行うために、おいしい料理をつくりあげる大切な場所です。キッチン収納のアイデアを活かして、毎日の家事を楽しくスムーズにこなしていきましょう。

この記事の監修

矢口ミカ

複数のメディアで執筆中です。宅建の資格を活かし、家族が所有する投資用不動産の入居者管理もしています。住まいに関する資格である整理収納アドバイザー1級、福祉住環境コーディネーター2級も取得済みです。趣味は整理収納と料理。

キッチンは家の中でも、とりわけ収納に困る場所です。形や大きさがバラバラな調理器具をどこに置こうかと迷ったり、食器棚の中のものが取り出しにくかったり、困っている方は少なくないでしょう。

今回は、快適なキッチンを実現するための収納術を「整理収納アドバイザー1級」を持つ筆者が詳しく解説します!

使いやすいキッチン収納「3つの法則」

まずは、使いやすいキッチン収納「3つの法則」をしっかり覚えましょう。

1.モノが見つけやすい

第1の法則は、「モノが見つけやすい」ことです。これは、モノが常に定位置で管理されていて、探す手間が省けている状態を指します。郵便物が間違いなく届けられるには各家庭に「アドレス」が必要なように、モノにも決まったアドレス(位置)を定めることが重要です。
適当なところに収納してしまうと入れた本人でさえ、どこにあるのか分からなくなってしまうものです。決まった場所にストック食品や調理器具を収納しておけば、家族の誰もがいつでも好きなときにクッキングを楽しめるでしょう。

2.モノが取り出しやすい

第2の法則は、「モノが取り出しやすい」こと。調理器具や食器、ストック食品などは、収納スペースの7割程度に留めるようにします。ぎゅうぎゅうに詰め込み過ぎると、サッと取り出すことができません。一方、3割ほど余白のスペースがあると、ストック品や新しく購入した食器をきちんと収納することができます。また、「取り出しやすい」は、「しまいやすい」でもあります。面倒なくきちんと収納できるので、きれいな状態がキープされます。

3.モノが使う場所の近くにある

第3の法則は、「モノが使う場所の近くにある」ことです。たとえば、フライパンや鍋などはコンロ台の近くにあると、調理をする際にサッと使えます。反対にコンロから離れている場所に置いておくと、調理のたびにいちいち取りにいかなければなりません。これでは効率良い料理にはつながりません。理想はコックピットのようなキッチンです。最小限の動きで作業できる空間づくりが望ましいでしょう。手を伸ばせばすぐ手に取れる場所に調理器具やストック食品があると、スピーディに調理ができます。

キッチン収納のアイデア

システムキッチンの引き出しが深いタイプや扉付きの場合は、鍋やフライパンをファイルボックスにしまう方法がよいでしょう。重ねて収納するより、立てて収納するほうが取り出しやすいのでおすすめです。100円ショップの透明のファイルボックスを活用できます。また、伸縮式の「鍋蓋・フライパンスタンド」などもホームセンターで販売されています。試してみてはいかがでしょうか。
なお、お玉やフライ返しなどのキッチンツールは、コンロ近くの引き出しに種類ごとに分けて、収納ケースに入れておくと手際よく調理できます。毎日使う場合は、コンロ台の近くの壁などに「吊るす収納」としてぶら下げておくのもよいでしょう。数をしぼれば見栄えもよく、耐久性も保てます。

食器

食器棚の中に食器を入れるときは、ディッシュスタンドを利用して「立てて収納する」のも良いアイデアです。お皿などを重ねて収納するときは、棚板を増やして重ねすぎないようにすると、見た目もスッキリするうえ取り出しやすくなります。カップなどはコの字スタンドを利用して、空いている空間も有効活用するとよいでしょう。

引き出しに入れるときは、ボックス型の収納ケースで仕切って縦に入れるのもおすすめです。上から見たときに見やすく、サッと取り出せます。詰め込み過ぎると出し入れしにくいので、少し余裕を持たせて収納しましょう。

ストック食品

ストック食品は収納ケースをいくつか組み合わせて、種類ごとに入れていきます。たとえばカレーやシチューのルウ、スープ、ふりかけ、缶詰などカテゴリー別に仕分けをするのです。
ストック数は1~2個など適正量を決めておき、それ以上はなるべく買いません。ケースの素材は白や透明だと見やすく、見た目もオシャレにまとめられます。形や大きさは同じもので揃えるようにしましょう。
カテゴリー別に分けておけば、各ケースの残量が一目でわかり、買い物前のチェックがラクになります。無駄買いも防げるので家計の節約にもつながります。

調味料

調理に欠かせない調味料は、キッチンコンロの近くに置くようにします。システムキッチンの引き出しなどに砂糖や塩、小麦粉などを収納するときは、同じ容器でそろえましょう。統一感があり、センスの良い見た目になります。透明な容器に入れると残量が分かるので、急になくなって慌てることもありません。砂糖や塩などは色が同じなので、少し面倒かもしれませんが、ラベリングをしましょう。
醤油やサラダ油などは、ボトルのままファイルボックスに入れるとよいでしょう。使う頻度の高いものは手前、あまり使わないものやストック品は奥に入れておきます。

カトラリー

カトラリー収納は引き出しの中にしまうのが一般的です。ただし、広い引き出しにすべて入れてしまうとごちゃ混ぜになってしまい、何が入っているのかよく分からなくなります。
そこで用意したいのは細くて長めのケースです。同じ素材と同じ色(透明または白がおすすめ)を必要なだけ用意します。そこに、スプーン、フォーク、ナイフなどカテゴリー別に仕分けしていきましょう。引き出しの深さ、奥行き、長さなどの寸法を測り、なるべくジャストフィットするケースを選んでください。

収納のコツは「横・縦」の収納位置を考える

キッチンの収納のコツは「横」「縦」の収納位置を考えることです。ここでは、横と縦のゾーンについて解説します。

横のゾーンには「作業に関連するモノ」を中心に収納する

横のゾーンは作業に関連する「水まわり」「作業台」「火まわり」の3つのスペースが対象です。シンクまわりには「水を使うモノ」である、洗剤、スポンジ、ザル、ボウル、まな板などを置くようにします。なお、作業台は「調理の下準備」に使うピーラーやキッチンバサミ、保存容器を、「火まわり」はフライパン、鍋、お玉や菜箸、調味料など、火を使って調理するときに使うツールを収納します。それぞれの作業がしやすいよう使う場所の近くにアイテムを収納しましょう。

縦のゾーンは「使用頻度」「重さ」で決める

縦のゾーンは、「上段」「中段」「下段」の3つに分かれています。吊戸棚など上段の高いところは、使用頻度が低く軽いものを入れるようにしましょう。取っ手付きのケースに入れると取りやすいのでおすすめです。重いものを収納すると、落下した時に危険なので避けるようにしましょう。
腰の高さにあたる中段は、ゴールデンゾーンです。カトラリーや日常遣いの食器など使用頻度が高いものを入れるようにします。一方、しゃがまないと使えない下段は、土鍋やホットプレートなど使用頻度がやや低く重いものを入れるのにぴったりです。

まとめ

今回はキッチンの収納アイデアについて詳しく解説しました。
キッチンは家族の健康を守るため、食事をとおし豊かなコミュニケーションを行うために、おいしい料理をつくりあげる大切な場所です。毎日利用するので、効率良くかつ快適に使えることが望まれます。

今回ご紹介したキッチン収納のアイデアを活かして、毎日の家事を楽しくスムーズにこなしていきましょう。