住まいの実態調査  住まいに関する不満と対処法

2019年版・住まいの実態調査【岡山県編】 住まいに関する具体的な不満とその対処法

この記事をシェアしよう

山陽道の中央に位置し、東は兵庫県、西は広島県に隣接する岡山県。南は瀬戸内海を臨んで四国に、北は山陰地方と接しており、 中四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にあります。この地域に住んでいる方々は、住まいに関してどのような不満を抱えているのでしょうか。

「あなたは自分の住まいに不満をもっていますか?」そう聞かれた時、あなたはどんな風に答えるでしょうか。

山陽道の中央に位置し、東は兵庫県、西は広島県に隣接する岡山県。南は瀬戸内海を臨んで四国に、北は山陰地方と接しており、 中四国地方の交通の要衝として古くから重要な位置にあります。この地域に住んでいる方々は、住まいに関してどのような不満を抱えているのでしょうか。

そこで、当社は岡山県に住んでいる30~60代の世帯主の男女を対象に、住まいに関する不満に関するアンケートを実施しました。その結果や全国で実施したアンケート結果を比較してわかったこと、住宅の不満解消のためのリフォーム事例などをご紹介します。

1.岡山県の住まいに関する不満

まずは、岡山県の住まいに関する不満を全国の結果と比較しながら見ていきましょう。

1-1.住まいに関する不満

まずは、岡山県在住の方に「住まいに関する不満はありますか?」と質問した結果です。

非常に不満:9.9%
多少不満:38.6%

合計すると、住まいに不満のある方は、48.5%となりました。

次に、全国を対象としたデータを見てみましょう。平成25年に国土交通省が全国に対して実施した「住生活総合調査結果」の「住宅及び居住環境に対する総合的な評価」の結果です。

非常に不満:3.3%
多少不満:18.8%

合計すると、22.1%となっています。

実施した時期は違いますが、全国と比較すると岡山県在住の方の住まいに対する不満は倍以上という結果となりました。

1-2.住まいに関する具体的な不満

次は具体的な不満を見ていきましょう。

岡山県在住の方に「住まいに関する具体的な不満は何ですか?」と質問した結果です。

1位:台所、トイレ、浴室などの使いやすさ、広さ住宅の広さや間取り(51.0%)
2位:収納の多さ、使いやすさ(49.0%)
2位:住宅の広さや間取り(49.0%)

次いで「住宅の断熱性や気密性」が40%を超え、「冷暖房などの省エネルギー性」も36.7%と高い割合を示しています。

一方、全国の「住宅の個別要素に対する不満率」のアンケート結果です。

1位:高齢者への配慮(53.5%)
2位:地震時の住宅の安全性(48.6%)
3位:冷暖房などの省エネルギー性(46.7%)

次いで「住宅のいたみの少なさ」「住宅の断熱性や気密性」「住宅の防犯性「収納の多さ、使いやすさ」となっています。

全国では安全性や快適に生活するための項目が上位を占めていますが、岡山県では間取りや収納、水まわりに関する項目が上位を占める結果となりました。

2.岡山県在住の方の住まいの不満とは

全国調査と比較して、岡山県では「住宅の広さや間取り」「収納の多さ、使いやすさ」「台所、トイレ、浴室などの使いやすさ、広さ」の3つが特有の不満として挙がっていることがわかりました。

まず、「住宅の広さや間取り」については、岡山市や倉敷市など県内の主要都市において広い敷地の確保が年々難しくなっていることが、不満の要因の1つになっていると推測できます。

特に岡山市においては、広島や大阪などへの交通アクセスの良さや、市内でも仕事が豊富なことなどもあって、移住者が増えていることから、近年マンション開発が活発化しています。

そのため、駅近など好立地な敷地は先に土地開発業者に押さえられてしまい、戸建て住宅を建てる敷地が限られることが、住宅の広さや間取りに対する不満につながっているものと思われます。

また、「収納の多さ、使いやすさ」「台所、トイレ、浴室などの使いやすさ、広さ」の2つの不満率の高さに関しては、老朽化・陳腐化した住宅が県内に多く残っていることが背景にあると考えられます。

企業の本社が集積する岡山市や、水島臨海工業地帯を擁する倉敷市は岡山県の経済の中心となっており、そこで働く人のために、周辺の早島町や赤磐市、浅口市、総社市などでは、高度経済成長期から現代に至るまで多くの新興住宅街が形成されました。

しかし、現在は、その新興住宅街の住宅の多くが築年数の経過による老朽化に直面しており、設備面も竣工当時では最新の生活様式を反映したものでしたが、現在では陳腐化しているため、多くの不満が挙がるのも必然と言えます。

また、新興住宅街は岡山市や倉敷市といった都市への通勤者のための街であり、その建物の多くは通勤者向けに造られたものでした。

当時は朝から職場のある都市へ通勤して夜は自宅に寝に帰るだけ、というスタイルが一般的でしたが、現在ではそうした層がシニア層に変わり、生活が職場中心から住まい中心へと変化しているため、そのライフスタイルの変化に住宅が対応できていない現状もあります。

3.不満を解消した岡山県のリフォーム事例

リフォーム・リノベーションは、住まいの不満を解消するための1つの方法です。

住まいの不満を解消して住みやすい住まいに変えたケースとして、岡山県のリフォーム事例を紹介します。

【岡山県 S邸】

築年数43年の戸建て住宅でしたが、水まわり(キッチン、トイレ、洗面)、居間(リビング・ダイニング・洋室(寝室・子供部屋)、和室)、外まわり(外壁)、その他(玄関・ホール、収納)をリフォームした事例です。築年数が古くても住みやすい住まいに変えることができます。

4.住まいの不満をリフォーム・リノベーションで解消

リフォームには、台所・トイレ・浴室などの水まわり、玄関の収納など、気になる部分だけを行うものから、間取りなどを変更する大々的なものまで様々です。

予算や目的に応じて適切なリフォームを行うことで住まいの不満を解消することができます。

なお、今回、不満として上位にランクインした「住宅の広さや間取り」に関しては、狭い面積でも天井高の変化や吹き抜けの採用、間仕切りを減らすといった手法で解決することができます。

しかし、ダイニングとリビングの間の間仕切り壁を撤去したり、キッチン、浴室、トイレなど水まわりの移動するといったリフォーム・リノベーションは費用がかさみやすいですが、どこに費用が掛かっているのかを見極めるのはなかなか難しいものです。

そこで賢く利用したいのが、豊富なリフォーム経験がある会社などプロの知恵で、経験豊富なリフォーム会社ならば、ここは安く簡単にできる、こっちは費用が高くつくといったようなことをよく知っています。自分であれやこれやと悩むより、リフォーム会社から費用がかかる工事を避けたプランを提案してもらうのも1つの手段です。

5.まとめ

今回は、全国と比較しながら岡山県特有の住まいの不満とそうした不満を解消したリフォーム事例を紹介しました。

岡山市では、移住者の増加などでマンション開発が活況を呈していて、なかなか広い敷地を確保できないなどの理由もあり、間取り、収納、水まわりに対して不満が多いことがわかりました。

リフォーム事例のように、現在の住まいに不満を抱えている方は、リフォーム・リノベーションが不満を解消する1つの方法です。もし住まいに不満があったら、リフォーム・リノベーションを考えてみてはいかがでしょうか。

参考サイト

参考サイト1:岡山移住ガイド:岡山県への移住が人気な10の理由
https://www.xn--eckp2g010mjznhiaw72p.jp/hot/10reason.html

参照サイト

国土交通省“平成25年住生活総合調査結果”[① 住宅及び居住環境に対する総合的な評価(p.29)]の一部を抜粋.国土交通省.2015.9.30.
http://www.mlit.go.jp/common/001104812.pdf、(参照2019-03-25).