賢く活用「税制と補助金」

金利負担を軽減!住宅ローン減税制度

賢く活用「税制と補助金」

住宅ローンを使って住まいをリフォームするときの金利負担の軽減を図るための住宅ローン減税制度があります。

住宅ローンを使って住まいをリフォームするときの金利負担の軽減を図るための住宅ローン減税制度があります。毎年末の住宅ローン残高または住宅の取得対価のうち、どちらか少ない方の金額の1%が10年間に渡って所得税額から控除されます。

入居年控除率控除期間最大控除額住民税からの
控除上限額
2014年4月
~2021年12月
1.0% 10年 400万円 13万6500円

主な適用要件

  1. 対象の住まいの床面積が50m2以上であること
  2. 借入金の返済期間が10年以上であること
  3. 年収が3,000万円以内であること
  4. 住宅を取得また増改築工事完了の日から6ヶ月以内に居住していること
  5. 増改築工事の場合は、工事費用が100万円を超えるもの

※その他の詳しい要件は国税庁のホームページでお確かめください。

申請方法

入居した年の翌年の確定申告時の際に、税務署に下記の必要書類を提出します。

  1. 住民票の写し
  2. ローン残高証明書
  3. 物件の売買契約書
  4. 登記事項証明書
  5. 給与等の源泉徴収票

※給与所得者の場合は、2年目以降は勤務先に住宅ローンの残高証明書を提出し、年末調整で控除を受けられます。