賢く活用「税制と補助金」

「リフォーム投資型減税」と「リフォームローン型減税」

賢く活用「税制と補助金」

現在の住まいや中古住宅を購入してリフォームする際に所得税が控除される減税制度があります。

現在の住まいや中古住宅を購入してリフォームする際に所得税が控除される減税制度があります。
リフォーム減税制度には「リフォーム投資型減税」と「リフォームローン型減税」の2種類があります。

リフォーム投資型減税

自己資金または、ローンを使って、三世代同居、耐震、省エネ、バリアフリーリフォームをする場合、リフォーム後の居住を開始した年分(1年)において、工事費等の10%が所得税額から控除されます。

居住年最大控除額
(1)

三世代同居
(2)

耐震
(3)

省エネ
(4)

バリアフリー
(1)(2)(3)(4)同時実施の場合
2014年4月
~2021年12月
25万円 25万円 25万円
(35万円※1)
20万円 95万円
(105万円)

※1 太陽光発電を設置した場合

リフォームローン型減税

返済期間が5年以上のリフォームローンを使って、三世代同居、省エネ、バリアフリーリフォームを行う場合、5年間に渡ってローン残高の1~2%が所得税から控除されます。

居住年三世代同居・省エネ・バリアフリー工事対象限度額控除率最大控除額
(5年間)
その他工事対象限度額
2014年4月
~2021年12月
①250万円 2.0% 62.5万円
②(1000万円-①) 1.0%

主な適用要件と申請方法

リフォームローンの有無やリフォーム工事内容により適用要件と申請方法が異なります。詳しくは、最寄りの当社支店の担当者までお気軽にご相談ください。
現在のお住まいの状況やお考えのリフォーム内容に応じて活用できる優遇措置や最適なリフォームプランのご紹介が可能です。

支店・ショールーム検索