なるほど! 暮らしと住まいの知恵袋

冷蔵庫の汚れとにおいを一緒に片付ける方法

なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

冷蔵庫の悪臭対策とお掃除方法についてご紹介します。

【監修】伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

「腐っているものが見当たらないのに、冷蔵庫がにおう......」
そんなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいますか?  冷蔵庫にはたくさんの食材が入っていて、汚れを見つけづらい場所です。悪臭が食品に移ってしまえば、せっかくのお料理の味も台無しですね。
今回は、冷蔵庫の悪臭対策とお掃除方法についてご紹介します。

冷蔵庫がにおう原因は?

冷蔵庫のにおいは、主に食品や汚れが原因です。特に漬物や魚、こぼれた汁の拭き忘れなどによる腐敗臭が混ざり合うことで、さらににおいが強くなります。しかし、以下を行うことでにおいを軽減することが可能です。

においを軽減する方法

  • においが強い食品は、ガラスなどの密閉容器に入れる
  • 作り置きの食品は、早めに消費する
  • 傷んだ食品や賞味期限切れの食品を処分する
  • ものを詰めすぎず、隙間を空けて通気を良くする
  • 定期的に拭き掃除をする

冷蔵庫内は冷気を循環させているため、小さなにおいの元でも冷蔵庫全体に空気とともに広がってしまいます。また、庫内に詰め過ぎてしまうと、冷気の循環が遮断され、食品の傷みの原因に。適度な隙間を空けることが大切です。

汚れやにおいを防ぐ工夫

冷蔵庫のお掃除頻度はいかがでしょうか?  「何かをこぼしたときだけ」「大掃除のときだけ」。そんな方は要注意です。食品を扱う場所ですから、清潔を心がけたい場所です。しかし、たくさんの物が入っていて、頻繁に掃除することは難しいのが現実です。普段から汚れやにおいを防ぐ工夫をしておくと、お掃除が楽になります。

冷蔵庫に食品を入れる前のひと工夫

調理した食材は、できるだけ密封します。お料理の香りは、調理や食事以外の時には気になりやすいものです。作り置きや食べ残しを保存する際は、なるべく密閉容器に入れたり、ラップをかけたりするなど、においが漏れないようにひと工夫をしましょう。また、調味料などの液だれしやすいものは、汚れが容器をつたって底に溜まり、頑固汚れやにおいの原因になりがちです。しまう前に容器の口と底をしっかり拭き取ります。
食品をそのまま入れないことも大切です。特に野菜室は土や根などが落ちやすく、汚れやにおいの原因に。新聞紙などを敷き、こまめに交換してください。

賞味期限と不要な食品は処分

調味料や食品などの消費期限は、定期的に確認していますか? 気づかないうちにカビが生えていたりすると、悪臭の原因になります。ほかの食品にも悪影響を及ぼしますので、こまめに整理することをおすすめします。

食品の詰め込み過ぎには注意

食品を詰め込みすぎると、冷気の循環が悪くなり、庫内の空気が汚れてしまうとカビの発生の原因を作ってしまいます。食品を詰め込みすぎず、適度な隙間を作るようにします。整理整頓されていることが大切なので、何があるのか見えなくなるまで入れないように注意しましょう。

冷蔵庫の効率的なお掃除方法

たくさんの食品が入った冷蔵庫を、頻繁にお掃除するのは大変です。特に夏場は掃除中に暑さで食材が傷むことが心配されますし、冷蔵庫のドアを開ける時間が長いと電気代も気になります。数分の小掃除を積み重ねることによって、少しずつ全体をお掃除するのがおすすめです。

冷蔵庫は部分ごとに掃除

冷蔵庫内のお掃除は、食品がなるべく少ないタイミングで行なうのがベストです。一気にやろうとせず、部分ごとにお掃除するのが良いでしょう。たとえば、今日は上段。次のタイミングで中段。また違う日にドアポケット2つ分。次回は製氷機。そのような形で3分ほどのお掃除を積み重ねていきます。
整理する場所にある食品の消費期限チェックも忘れずに。

仕上げはクエン酸やアルコール除菌スプレー

雑菌の繁殖を予防するために、除菌効果のあるもので拭き掃除をして仕上げしてください。拭き掃除には食品用のアルコール除菌スプレーやクエン酸水など、安全性の高いものを選びます。

【クエン酸スプレーの作り方】

  1. スプレーボトルに200ml程度の水を入れる
  2. クエン酸を小さじ2杯程度いれ、よく溶かす
  3. トレイや棚板にクエン酸スプレーを吹きかけて、キッチンペーパーなどで拭く

取れない冷蔵庫のにおい。製氷機や故障が原因かも

食品のにおいや消費期限に気をつけて、庫内の掃除もやっているのに、まだ取れない......。そんな場合は製氷機の汚れが原因かもしれません。水道水を浄水し、冷蔵庫で製氷する場合は要注意です。製氷機内の水に塩素が入っていない場合は、カビが繁殖しやすくなるのでこまめな洗浄が必要です。

年に1度は電源OFFですみずみまで大掃除

年に1度は、電源を切って念入りにお掃除を。「年末の大掃除で」と考えがちですが、年末は、家族の帰省や年末年始のごちそうづくりのために、1年でもっとも冷蔵庫の中の食品が多くなる時期です。冷蔵庫の大掃除だけは、少し時期を外して行うのがベストです。

冷蔵庫の大掃除方法

① 取り扱い説明書を確認

電源の切り方や通気口の場所、水拭き禁止部分、製氷皿、給水タンク、部屋のケースの外し方などが記載されています。確認をしてから取り掛かります。
また、製氷皿や給水タンクは、無理に外そうとすると故障の原因になるため、取り扱い説明書に沿ってお手入れを行います。

② 冷蔵庫の外側を拭き掃除

扉部分は除菌スプレーを使い拭き掃除します。見落としがちなのは冷蔵庫の上。ホコリが溜まりやすく、長らく放置している汚れはコンロの油汚れが付着しがちなので、中性洗剤などを活用して汚れを除去します。

③ 食品を取り出す

傷みやすいものはクーラーボックスに入れるなど、対策を講じてから開始。消費期限のチェックを同時に行います。

④ 電源を抜く

電源プラグを抜きます。抜いた後、すぐに動かすことができない製品もあるため、説明書にしたがうようにしましょう。

⑤ 庫内の掃除

次の順番で庫内の底に溜まっているゴミや汚れ除去します。

  • トレイ、棚板、野菜室などのボックス取り外し
  • 庫内の底に溜まった、ゴミを水拭きで取り除く

汚れはクエン酸スプレーやアルコール除菌スプレーをしたあとに拭き取ります。

⑥ トレイや棚板のお掃除

クエン酸やアルコール除菌スプレーをしたあとに、拭き取ります。

⑦ ドアパッキンのお手入れは念入りに

冷蔵庫の扉を開けたまま長時間掃除できるチャンスです。パッキンは念入りにお手入れしてください。
クエン酸やアルコール除菌スプレーを使って、細部までしっかり拭き掃除を。

⑧ 見えない部分のお掃除

軽くなった冷蔵庫を動かし、床のお掃除をします(動かし方も説明書を参考にしてください)。
床に溜まったホコリは掃除機で吸い取り除き、ぞうきんで水拭きしてください。

⑨ 見逃しがちの通気口のホコリ

通気口のお掃除はとても重要です。冷却用の空気を吸い込み口のため、ホコリの付着が多い部分。この部分のお手入れを長年放置すると、冷却効果が低下し電気代がかかる原因になります。

以上が終わったら所定の位置にもどして、電源を入れます。
「◯時間以内は電源を入れないように」と指定がある製品もあるため、説明書に沿って電源を入れます。その後、食品を入れなおせば、冷蔵庫の大掃除は完了です。

監修

伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

美術家。東京都在住。
編集、執筆、写真撮影、イラスト、フードスタイリング等を手がける。
日常使いのアイテムをちょっと良いものに変えてみませんか。
暮らしや家事にまつわるアイデアを厳選してご紹介していきたいと思っています。