なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

ソファの掃除ってどうするの? 素材別のお手入れ方法

なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

素材別に正しいソファのお手入れ方法をご紹介します。

【監修】伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

ソファのお手入れは、どのようにされていますか? ソファは、リビング等のくつろぎスペースに欠かせない家具のひとつです。ソファの素材は主に布、フェイクレザー、本革などの種類があり、それぞれお手入れ方法が異なります。家族はもちろんのこと、お客様が使うことも多いですし、できるだけ長く愛用できるよう、お手入れはしっかりと行いたいところです。

今回は、素材別に正しいソファのお手入れ方法をご紹介します。いつでも清潔なソファで、くつろぎの時間を楽しめるようにしましょう。

ソファの日々のお手入れ方法

週に1度は、お部屋のお掃除ついでにソファのほこりを取りましょう。放置しておくと、ほこりが他のさまざまな汚れとくっつきあい、取りづらくなってしまいます。
ソファのお手入れ方法として、手軽に行えるのは、掃除機による吸い取り掃除ですが素材によってはハンディモップを使う方が良い場合があります。
素材別にお手入れ方法が違うのでご紹介しておきます。

布製ソファのお手入れ

布製のソファは、カラーやテクスチャーのバリエーションが豊富で、人気がある反面、布の目地にほこりがたまりやすく、汚れやすいのが難点。食べこぼしや汗などの匂いを吸収しやすいので、取り扱いやお手入れに注意が必要です。掃除機でホコリを吸い、ダニや食べこぼしなどが残らないよう、すみずみまでていねいに掃除機をかけてください。その後、消臭剤をシュッと吹きかけて、においや除菌をしておきましょう。
一番手軽な方法は、取り外し可能なカバーをつけるタイプにすること。汚れや匂いを取りやすく、清潔に保つことができます。

フェイクレザー製ソファのお手入れ

化学繊維のハンディモップなどでホコリを取る程度でもOKですが、隅にホコリがたまりやすいので、細かい部分は掃除機で吸い取ります。もし、汗等でベタつく場合は、水拭きをしてよく乾かしましょう。

本革製ソファのお手入れ

フェイクレザー同様に、ハンディモップと掃除機でホコリを取り除きます。もしくは革専用の柔らかい布で拭くようにしましょう。水拭きは厳禁です。

素材別・ソファの簡単お手入れ

ソファの素材

特徴

簡単なお手入れ

注意点

布の目に汚れが蓄積しやすい

週に1度、掃除機でほこりを吸い取る

においを吸着しやすいため、消臭剤を吹きかける

フェイクレザー

隅にほこりが蓄積しやすい。水拭きOK

ハンディモップや掃除機でほこりを吸い取る

ベタつく場合は水拭きをする

本革

水に弱い

同上

水拭き厳禁

素材別、ソファの念入り掃除方法

ソファの拭き掃除をしたい場合、素材によってお手入れ方法が異なります。月に1度は、念入りな拭き掃除をするサイクルが理想です。

布張りのソファの拭き掃除

カバーを換えられないタイプのソファに汚れやにおいがついてしまった場合、皮脂や食べこぼしなどの酸性汚れは、アルカリの性質をもつ重曹を使って落とせることがあります。ソファ全体にまんべんなく重曹をふりかけ、可能であればひと晩放置し、再度掃除機で吸い取ります。
重曹では落とせないシミが付いてしまった場合は中性洗剤を水で薄め、硬く絞った布巾で叩きながら落とします。生地を傷める恐れがあるので、こすらず優しく叩くようにしましょう。シミ取り剤は色落ちする可能性があるため、おすすめできません。

フェイクレザーのソファの拭き掃除

本革と比較すると弱いですが、水拭きのできる素材です。劣化してくると剥がれる恐れがあるので、お手入れには注意をしましょう。
乾拭きをしたあと、合皮用のクリーナーもしくは中性洗剤を水で薄めたもので全体を軽く拭きましょう。そのあと水拭きをし、再度乾拭きをしてよく乾かします。

本革ソファの拭き掃除

本革のソファは、使うほどに良い色味になっていきますが、水に弱い性質のため、お手入れには革専用のものを使うことがおすすめです。最初に乾拭きし、そのあと本革用のクリーナーを使いながら柔らかい革用の布で拭き取ってください。シミの原因となるため、水拭きは禁物です。
置き場所にも注意が必要です。エアコンの直下や日差しが強い場所に置くと、極度の乾燥によってヒビ割れが発生する場合もあります。年に数回、革製品専用のクリームで拭くとヒビ割れの防止になります。
なお、クリーナーは、ソファの色と違うものを使うと変色してしまう可能性がありますので、選ぶ際は十分注意してください。全体に使用する前に、必ず目立たない部分で試し塗りをしてから使うようにしましょう。

素材別・ソファの念入りお手入れ

ソファの素材

念入りお手入れ

落ちない場合や
その他のお手入れ

重曹を振りかけひと晩放置した後、掃除機で吸い取る

重曹で落ちなければ中性洗剤を水で薄め、叩きながら拭き取る

フェイクレザー

軽く水拭きしたあと、乾拭きし、よく乾かす

中性洗剤を水で薄め、叩きながら拭き取る

本革

専用クリーナーで拭く

年に1度はひび割れ防止に専用クリームを利用する

フットレスト(オットマン)のお手入れ

フットレストがあると足が伸ばすことができ、ソファでのくつろぎに快適度が増します。 ただ、足を直接置くので汚れが気になる部分でもあり、またサイドテーブルとして活用している方も多いアイテムですから、飲み物をこぼしたりする可能性も含め、できるだけお手入れしやすいものを選ぶと良いでしょう。

お掃除方法は、ソファの素材別でご紹介したものと同様です。交換が可能なカバーやトレイなどを活用し、汚れの付着から守りながら使いましょう。

適切なお手入れでソファが長持ち

ソファはご自宅のインテリアに合わせてデザインや機能で選びがちですが、汚れが落としづらいアイテムです。新調する際は、お手入れのしやすさも考えて選ぶようにしてみましょう。また、本革ソファなどは比較的お値段は張りますが、大切に扱えば数十年使い続けられるものもありますし、メーカーによって張り替えサービスが受けられることもあり、長い目でみるとおすすめの素材です。

リビングの主役ともいえるソファ。いつも清潔に保ち、家族がリラックスできる環境を整えましょう。

監修

伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

美術家。東京都在住。
編集、執筆、写真撮影、イラスト、フードスタイリング等を手がける。
日常使いのアイテムをちょっと良いものに変えてみませんか。
暮らしや家事にまつわるアイデアを厳選してご紹介していきたいと思っています。