なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

大掃除はいつでも可能! ちょっとした工夫で年末が楽になるお掃除方法

なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

なるほど! 暮らしと住まいの知恵袋

【監修】伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

日本の慣習で、年末の一大行事として「大掃除」をするご家庭は多いでしょう。
1年の汚れを落として新年を迎えると清々しい気持ちになりますが、12月は師走というくらいですから、どこのご家庭もバタバタと忙しい時期です。そんなタイミングで大掃除をするのは負担が大きいと感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
年末の大掃除の負担を減らすためには、日常生活の中でのお掃除を工夫することが大切です。今年はゆっくりとお正月準備に取り組めるよう、大掃除を楽にする方法を考えてみましょう。

大掃除に最適な季節は?

大掃除をするのは年末というご家庭がほとんどですが、実は大掃除に最適な季節はといわれています。なぜ秋なのでしょうか。
大掃除をするときは換気が大切になりますが、春は花粉やホコリが舞う季節で、家じゅうの窓を締め切りたいと思う方がいらっしゃるでしょう。また、夏のように暑い気温の中で大掃除をするのも体力的に大変です。エアコンを使う頻度が高いため、換気がしづらいのも理由のひとつ。そして冬は寒さが厳しいため、長時間の換気がしづらく、拭き掃除で手がかじかむなど手荒れなども気になります。
他の季節と比べると、秋は換気しやすく、お掃除しやすい気温だといえます。また、空気が乾燥しているため、洗浄したものが乾きやすく、雑菌やカビの発生を予防することもできますし、エアコン内部の洗浄にも最適です。
とはいえ、秋に家じゅうの大掃除をしてしまっては、負担は軽減されません。そこで、大掃除を季節ごとに分散する方法をご紹介しましょう。

季節ごとの大掃除

大掃除は、普段のお掃除で手が行き届かない部分が対象になります。そして、お掃除をする場所によって、最適な季節があることを知ると、計画を立てやすくなります。

<春と秋にお掃除したい場所>

・エアコン

エアコンのお掃除をするのは年末の大掃除だけという方は注意が必要です。使う頻度が高くなる夏と冬に向けて、春と秋にエアコンのお掃除をしておきましょう。
エアコン内部にはカビやホコリが溜まってしまうため、お手入れをせず稼働させると雑菌が室内に拡散されてしまいます。

・浴室やバルコニー、洗濯機などの排水口

夏と冬に比べ、湿度が低い春と秋は、水回りのお掃除に適しています。水回りはもっとも雑菌が繁殖しやすい場所。年に1度はすみずみまでしっかりお掃除し、よく乾燥させることが大切です。

・玄関やバルコニーなど

外からの砂ぼこりが溜まりやすい玄関やバルコニーのお掃除は、花粉が気になりにくい秋におすすめです。

・窓ガラスやサッシ

窓辺のお掃除に適しているのも春と秋です。外で作業するにも過ごしやすく、乾燥しているため、カビの繁殖も軽減されます。花粉が気になる方は、秋に行うのがベストです。

<夏にお掃除したい場所>

・キッチンの頑固汚れ

夏場は気温が高いためキッチンの換気扇や油汚れのお掃除に適しています。気温が低い季節に比べると、油汚れがやわらかく取れやすい状態になっているからです。大掃除の中でも一番大変な、レンジフードやコンロまわりの掃除を徹底して行うなら、夏がおすすめです。

<冬にお掃除したい場所>

・冷蔵庫・冷凍庫内の整理、洗浄

気温が低い冬に適したお掃除場所は冷蔵庫です。気温が高いと食品が傷みやすくなりますが、寒い冬なら比較的安心です。冷蔵庫内の食品を一度全部出して、除菌掃除をしましょう。トレーなどもすべて出して洗浄します。製氷機まわりや冷凍庫内もすみずみまで掃除しましょう。古い食品などは捨て、必要なものだけを戻します。

このように、季節ごとに徹底掃除する場所を決めておくと、年末に慌てることはなくなるはずです。

整理整頓で大掃除はもっと楽になる

大掃除が苦手という方は、汚さない・溜めない・無理しない方法で身の回りを整理することから心がけてみると良いでしょう。

<汚さないコツ>

たとえば、頑固な油汚れが気になるキッチンまわり。強力洗剤を使っても、蓄積された汚れがなかなか落ちず、諦めている方もいらっしゃるのでは? 
コンロのまわりがベトつく原因は、気化した油分があらゆる場所へ飛沫し、ホコリとともに酸化するためです。キッチンを清潔に保つコツは、コンロの周りに物を置かないことです。収納できるものは出しっ放しにせず、外に出しておきたいものは、カバーやケースに入れるようにしましょう。
物を表に出さないことは、キッチン以外にも活用できるお掃除のコツです。家の中とはいえ、物を出しっ放しにしておくと、自然に汚れが付着するものです。極力部屋に物を置かず、上手に収納することによって汚さない工夫をしてみましょう。

また、家の設備を汚れにくいものに換えてみるのもひとつの方法です。たとえば、キッチンのコンロをフラットタイプに換えてお掃除しやすくするのも良いでしょう。

<溜めないコツ>

物を溜め込みがちだと、お掃除してもスッキリと片付いて見えません。不用品は思い切って断捨離しましょう。たとえば、春と秋の衣替えシーズンは衣服の整理に絶好の機会です。何年も袖を通していないものを処分してしまえば、収納スペースもスッキリして気持ちが良いものです。
冬に冷蔵庫内を整理するタイミングでも、処分すべきものが意外と多く見つかるはずです。使えるか、使えないか、という観点からではなく、ご自身が使うものなのかどうかを判断基準としましょう。

<無理しないコツ>

落ちづらくなった汚れは、思い切ってプロのクリーニングを依頼するのも手です。あれもこれも自分でやりきろうとするのではなく、プロの力を借りても良いのです。頑固な汚れを一度リセットし、以降は汚れを溜めない工夫をすることが大切です。

大掃除はいつでも可能です

大掃除は年末に一気にやろうとせずに季節ごとに適したお掃除を行いましょう。ご紹介したように、季節ごとにお掃除する場所を決めて計画的に行うと年末の忙しい時期にお家全体の掃除をする必要はなくなります。

年末は、ご家庭内の行事が盛りだくさん。「大掃除を始めよう」と家族に声をかけても、なかなか難しいご家庭も多いはずです。ひとりでやらないといけないという考えを捨て、部分的にプロのクリーニングサービスを利用したり、設備を新しくしたり、季節ごとに分散してお掃除をしたりと、いろいろな方法を組み合わせ、負担になりすぎない工夫をしてみてはいかがでしょうか。

監修

伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

美術家。東京都在住。
編集、執筆、写真撮影、イラスト、フードスタイリング等を手がける。
日常使いのアイテムをちょっと良いものに変えてみませんか。
暮らしや家事にまつわるアイデアを厳選してご紹介していきたいと思っています。