なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

見て見ぬ振り? 洗濯機のお掃除は定期的に

なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

なるほど! 暮らしと住まいの知恵袋

【監修】伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

最近、洗濯物に黒いホコリのようなものが付いている......そんな事はありませんか? あるいは、洗ったばかりなのに洗濯物から嫌な匂いがして気になる事はありませんか?
これらは洗濯槽についた黒カビや洗剤が固まったなどの汚れが原因と考えられます。つい忘れがちな洗濯機のお手入れですが、ちょっとした工夫で清潔に保つことができます。

この記事では、市販の洗濯槽洗浄クリーナーを使ったお掃除方法と、普段のお手入れについて説明します。ぜひ参考にしてください。

洗濯物が臭う原因は洗濯槽の汚れにあり!

洗濯槽につく汚れの原因は何でしょうか? 考えられる原因をいくつか挙げてみます。

  • 衣類についていた汚れやホコリ
  • 水垢
  • 洗剤の残りカス

その他に黒カビの発生も挙げられます。
お洗濯には大量の水を使います。乾燥が十分でないまま蓋を閉めておくと湿気がこもり、カビが発生しやすくなります。洗濯物に黒い汚れが付着するのは、洗濯槽に発生した黒カビがはがれたものと考えられます。黒カビはアレルギーの原因にもなりますので、正しい洗浄と再発を防止する事が重要です。まず、洗濯機の中は湿気がこもりやすく、汚れや臭いが付きやすいことを知っておきましょう。

洗濯槽のお掃除に使える洗剤

洗濯槽を洗浄する前に、洗濯槽クリーナーの説明書をよく読んでおきましょう。お使いの洗濯機がドラム式なのか、全自動なのかによって使用できないクリーナーもあるので、必ず確認しておきましょう。

洗濯槽クリーナーには、含まれる成分によりいくつかの種類に分けられます。汚れの状態や洗濯機の機種によっても使い方が変わってきます。まずは市販されている溶剤の種類と特徴を把握しておきましょう。

•塩素系クリーナー

強い殺菌効果があり、カビを分解除去します。見えないカビ菌もしっかりと殺菌してくれる、もっとも効果の高いクリーナーです。冷たい水でも使えて手軽ですが、汚れが落ちたか見づらいというデメリットもあります。使用頻度は2~3カ月に1回をおよその目安にします。

•酵素系クリーナー

過酸化ナトリウムが主な原料です。強い発泡力でこびりついたカビを根こそぎ剥がし落とします。洗浄後は取れたカビが浮いてくるので、汚れをネットなどですくい取る作業が必要になりますが、汚れが見えることはひとつの安心感にもなりますね。
浸透に時間がかかりますが、環境に優しく、安全性に優れています。使用頻度は2~3カ月に1回をおよその目安にします。

•重曹

アルカリ性の重曹は、酸性のカビを剥がす効果があり、消臭効果も期待できます。からだに優しい成分でできていて安心ですが、殺菌効果や洗浄力は塩素系、酸素系と比べると弱いので、掃除の頻度は月に1回を目安とすると良いでしょう。
使用量は最大水位に対しカップ一杯、約200cc程度です。40℃ほどのお湯を最大水位まで入れ、重曹を溶かし入れて6時間ほど放置し、あとは通常の洗濯モードで回します。

•メーカー純正クリーナー

徹底的に洗浄したいときにおすすめなのが、家電メーカーで製造販売している純正クリーナーです。一般的な商品に比べるとお値段は10倍ほどになりますが、洗浄力は抜群です。使用頻度は2~3カ月に1回をおよその目安とします。

 

環境と
肌への
優しさ

手軽さ

洗浄力

適した
お掃除頻度

重曹

△40℃ほどのお湯が必要

△時間を置くことで効果あり

月に1回程度

酸素系クリーナー

△40℃ほどのお湯が必要

◯汚れカスを剥がす力がある

2-3カ月に1回

塩素系クリーナー

×

◎刺激が強いため、準備が必要

◯殺菌力に優れる

2-3カ月に1回

純正クリーナー

×

◯高価格

◎洗浄力・殺菌力ともに効果あり

2-3カ月に1回

洗浄クリーナーを使う前に

まず、洗濯槽のお掃除には時間がかかることを認識しましょう。それは、クリーナーを入れた状態で数時間放置する必要があるからです。お洗濯の頻度とタイミングを考え、槽洗浄を行います。洗浄クリーナーによっては、つけ置きが不要の商品も販売されています。説明書きをよく読み、ご自身の都合や目的にかなった商品を選びましょう。

機種によって槽洗浄ボタンがある場合は、そちらを選択しますが、そうではない場合は通常の洗濯モードを使用します。この場合、クリーナーを入れ、水を張った状態でしばらく放置することで汚れがはがれやすくなります。最低でも1時間以上は放置することをおすすめします。なお、槽洗浄の前に糸くずフィルターを外しておくと、フィルターの奥まで洗浄することができます。

フィルターや糸くずネットの掃除方法と普段のお手入れ

洗濯機のフィルターや糸くずネットのお手入れも忘れずに行いましょう。お洗濯後、フィルターや糸くずネットを取り外し、水洗いしたのち、洗濯物と一緒に干して乾かします。
洗濯機の中は湿気がこもりやすく、カビが発生しやすい環境です。カビの繁殖を防ぐために、洗濯後はふたを開けて乾燥させましょう。乾燥機能が付いている洗濯機でしたら時々乾燥させるのも効果的です。また、洗濯機の中には衣類を溜め込まないようにしましょう。ものがあることによって換気を妨げしまいます。洗濯物は洗濯カゴに入れ、洗う時に洗濯機へ入れるようにしましょう。
洗剤や柔軟剤を溶けやすいものに変え、正しい分量を計って使う事も大切です。汚れがひどいと洗剤を多めに使いがちですが、使いすぎはかえって衣類を傷める原因にもなり、溶け残った洗剤が洗濯槽に付着すると汚れの原因にもなります。洗剤を正しく使用することで、石鹸カスの付着と臭いやカビの発生を防ぎましょう。

洗濯が終わったら、洗濯物はすぐに干し、洗濯機を乾燥させるようにしてください。日々のお洗濯後の習慣として心掛けましょう。
また、洗濯機の下にたまったほこりは排水溝のつまりの原因にもなります。洗濯機用のかさ上げ台を設置することで洗濯機の下にたまったほこりを簡単に掃除することができます。特に全自動洗濯機の槽洗浄ボタンを使用する場合は、大量の水が一気に流れるため排水溝につまりがあると溢れてしまうことも。ですので、排水溝のお手入れも洗浄前に行っておくと安心です。汚れを溶かすパイプ洗浄クリーナーを直接流し込むのが手軽な方法です。排水部周辺に通気口があるので、そこからクリーナーを投入すれば、ノズルを外さずに洗浄できます。臭いや汚れが気になるときは、ここもお手入れしましょう。

数年放置した汚れのお掃除方法

数年放置した頑固な汚れには、洗浄力の高い塩素系やメーカー純正クリーナーが適していますが、市販の洗浄クリーナーだけでは臭いや汚れが取れない場合は、無理せず買い替えを検討するか、プロに任せてお掃除してもらうとより安心です。

洗濯機のクリーニングサービスの相場は分解清掃の場合、料金の目安は1万3,000円から2万円前後、お使いの機種や容量によっても変わってきます。訪問洗浄の所要時間は3時間前後です。お風呂場まわりを使用することもありますので、どういう方法で洗浄するのか事前の問い合わせてをおすすめします。

なお、洗濯槽のお掃除は分解清掃だけではありません。ダスキンの洗濯機クリーニングを例にあげると、こちらは分解せず、電動ドリルブラシを使った清掃方法で行います。

1.ブラシ洗浄

洗濯槽の外側にこびりついた汚れを、電動ドリルブラシで落とします。さらに洗濯槽に水を入れ、洗浄剤(塩素系)を投入します。
※ここまでの作業で約1時間。ダスキンが行います。

2.洗浄水で付けおき

洗浄水に12時間以上しっかり浸け置きすることで、微細な汚れや雑菌を処理します。
※薬剤を使用します。さわらずにそのまま放置してください。

3.すすぎ

そのままスイッチを入れ、[洗い→すすぎ→脱水](標準コ-ス)を1サイクル行い、汚れた洗浄水を洗い流せば終了です。
※この作業はご自身で行います。

いずれの方法も効果が高く、臭いや汚れ、除菌までできます。1~2年に1度はプロに依頼することをおすすめします。1度クリーニングをすることで、その後のお手入れも簡単になりますよ。汚れを原因とする洗濯機の買い替えに悩んだ場合、洗濯機のクリーニングも選択肢として検討されてはいかがでしょうか。

監修

伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

美術家。東京都在住。
編集、執筆、写真撮影、イラスト、フードスタイリング等を手がける。
日常使いのアイテムをちょっと良いものに変えてみませんか。
暮らしや家事にまつわるアイデアを厳選してご紹介していきたいと思っています。