なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

"ながら掃除"の習慣化で快適空間を維持するコツ

なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

なるほど! 暮らしと住まいの知恵袋

【監修】伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

毎日のお掃除は、時間も手間もかかり、なかなか大変ですね。そこで、「お掃除」と意気込まず、日常行う動作の中にキレイにする習慣を取り入れて、いつも快適に過ごせる方法をご紹介します。

日常動作に取り入れるお掃除のための心がけ

日常動作に簡単なお手入れを取り入れると日頃のお掃除が驚くほど楽になります。習慣にしてしまえば、無意識に行えますし、お部屋が汚れにくくなるなどのメリットが生まれます。ポイントは、やり過ぎないこと。お掃除ではなく、「軽いお手入れ」くらいに思ってください。それで十分。ほんの少しの日々の積み重ねが効果を発揮します。

洗面所は洗顔や歯磨きのときに

たとえば朝の歯磨きや洗顔の後、汚れやくすみがなくても洗面台を軽く拭いておきましょう。動作に取り入れやすくするために、洗面所には乾いた布(使い古しのタオルでも可)を常に数枚用意しておくと良いですね。
毎朝目にする鏡も気になる箇所です。ある程度汚れてから磨けば良いと思わないでください。鏡の前に立った時がチャンスです。水栓など金属の部分は、歯ブラシを取り替える時に使い古しで磨きましょう。

毎日の習慣にするコツは、その場所を何もない状態にしておくことです。たとえば洗面所なら歯ブラシや基礎化粧品などを置きっ放しにせず、常にスッキリさせておくことで、毎日の拭き掃除は、たった数秒でできるようになりますから、習慣にしやすくなります。

トイレを使った後に

トイレでは、空間全体を見回して特に気になるところはないか確認してください。たとえば、ふたを閉めた後の便座や棚、ペーパーホルダーなどは、ほこりがたまりやすいポイントです。トイレを使った後、ウェットシート等で軽く拭くことを習慣にしてみましょう。

キッチンを使った後に

キッチンでは、炊飯器や電子レンジも使用後すぐに水拭きするクセをつけましょう。床や壁に飛び散った油汚れなどは、その都度水拭きします。後から......と思っているうちに汚れは落ちにくくなります。

玄関は外出するときに

玄関は室内と外からのほこりがたまりがちですが、手軽なお掃除がしやすい場所でもあります。床にマットなどが敷いてあるご家庭は外に出し、軽く払っておくと良いですね。時間に余裕のある外出のときにでも、ほこりを外に出しておきましょう。

要らないものを断捨離する

化粧台に使っていない基礎化粧品など、不要なものを置いていませんか? メイクする時に気がついたものがあれば、ひとつ破棄しましょう。キッチンの収納に期限切れのストックはないでしょうか。のぞいた機会に、ここでもひとつ破棄しましょう。玄関に、一年間履かなかった靴はありませんか? 履いていない靴は思い切って破棄しましょう。
「靴は1年、洋服は2年、使わなかったものは捨てる」などの自分なりのルールを決めて、気がつくたびに処分するのがコツです。

外出時に湿気対策

家族が不在となる日中に外出する時は、トイレのドアやクローゼットを少し開けてから出かけましょう。それだけでも湿気がたまるのを防ぐ効果があり、カビ予防にもなります。ただし、ペットのいるお家は避けた方が良いでしょう。

浴室は湯上りに

入浴時に目に付いたところ、少しだけ気になるところを「少しだけキレイに」してください。鏡などは常時手入れをしていれば、水アカによる曇りもそれほどひどくはなりません。湯上がりにバスタオルでからだを拭いた後、乾いている部分で軽く水気をぬぐっておけば良いのです。

掃除しやすさを求めれば、自然に片付く

お掃除しながらその場所に不要なものを選別していくこともできます。掃除機をかけながら片付けてしまいましょう。片付いている部屋なら、スムーズに掃除機をかけられます。掃除機をかけるのじゃまなものが簡単に移動できるのならば、それは片付けた方が良いものです。億劫がらずに定位置を決め、配置しましょう。

<お掃除しやすい部屋づくりのコツ>

物を出しっぱなしにしない
お掃除する前に「片付いた場所(部屋)」にしておく、ということが大切です。
普段からなるべく床に物を置かないようにして、できるだけ「掃除機のかけやすいシチュエーションを作ろう」と心がけていれば、お部屋の中がすっきりしてきます。毎回、掃除機をかけるために片付けるところから開始するのではなく、お掃除のための環境作り、その準備を習慣にすれば気負わずにでき、お掃除自体が苦にならなくなります。

物を増やさない
雑貨や本など、つい購入してしまうものがありますが、きれいなお部屋を目指すのなら購入と同時にいまあるものを処分しましょう。生活雑貨は素敵なお部屋を目指すうえで必要になる場合もありますが、たくさんの物があふれる空間はお掃除がしにくくなります。

"ながら掃除"のススメ

お掃除が楽しくなる秘訣を考えてみましょう。それは、「お掃除していることを忘れる」こと。それには"ながら"(同時進行で別のことをする)が一番です。だったら、テレビを付けながら? しかし、テレビの音声はあまり耳には入ってこないものです。なぜなら手や目は、お掃除に使っているからです。使っていないのは耳と鼻くらいですから、音や香りを使ってみるのはどうでしょう。

音楽を聞きながら

好きな音楽を流しながらリズムにのってお掃除してみてはいかがでしょうか? 今は、話しかけるだけで音楽をかけてくれるスマートスピーカーがあります。オンオフも、選曲も、音量調節もスピーカーに話しかけるだけなのは便利ですね。

アロマを楽しみながら

アロマを効果的に使い、香りを楽しみながらお掃除するのもおすすめです。アロマには、消臭・殺菌・消毒・防虫など、さまざまな効果のあるオイルがあります。
小さくちぎったティッシュにアロマを数滴含ませ、掃除機に吸い込ませたらお掃除開始です。空気の浄化作用やリラックス効果も期待できます。ただし、体質によっては注意が必要なアロマをはじめ、妊娠中は禁忌になるアロマもあるので、気をつけてください。

大切なのは、日常の動作にお掃除に役立つことを少し取り入れておく、ということです。夢中になってやり過ぎてしまったら「お掃除」になってしまいます。準備と予防のために習慣づけられることを考えてみてください。

掃除でダイエットできる?

お掃除でスリムになれるという話を聞いたことはありますか? これは、お掃除でからだを動かすから痩せる、ということではなく、整理された部屋でストレスが軽減されると心身の健康にも良いという見方です。減量に直結することではないものの、ものは試しということで、お部屋をスッキリさせながら体重計に載ってみるのも楽しいかもしれませんね。

部屋を片付ける(日常動作に取り入れやすい。少しずつで構わない)
   ↓
掃除が行き届く(片付いた部屋なら掃除が簡単)
   ↓
きれいな環境で過ごせる(日常動作により目に付くところは特にきれいになっていく) 
   ↓
ストレスが軽減される(きれいな空間でリラックス)
   ↓
ダイエットに繋がる(ストレスのない生活でからだも気持ちもリフレッシュ)

お掃除を楽にするためのコツ! 気楽なルーチンワークにしていく

お掃除は、小さなお手入れを少しずつ習慣するだけで十分。面倒だと思う前に、目の前の気になる汚れやホコリをサッと少しだけキレイにしてしまえば良いわけです。片付けも少しずつ気がついたところから進めていきましょう。そのためには、ご家族の協力も不可欠です。部屋に物を出しっぱなしにしないようにしましょう。

ながら掃除を習慣的にやっているだけなのに、毎日少しずつきれいになっていく我が家。楽をしながら快適な空間を継続できるなんて、すてきな気分になりますね。

監修

伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

美術家。東京都在住。
編集、執筆、写真撮影、イラスト、フードスタイリング等を手がける。
日常使いのアイテムをちょっと良いものに変えてみませんか。
暮らしや家事にまつわるアイデアを厳選してご紹介していきたいと思っています。