なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

皮脂や水アカを自然派洗剤で落とす!浴槽の掃除のコツをご紹介

なるほど!暮らしと住まいの知恵袋

お風呂のお掃除は、どのくらいの頻度で行なっていますか?自然派洗剤を活用する浴槽のお掃除方法についてご紹介します。

【監修】伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

お風呂のお掃除は、どのくらいの頻度で行なっていますか? 水まわりの汚れは、長時間放置しておくと簡単に落ちなくなってしまうことがあります。肌に直接触れる浴槽は特に、できるだけ無害な洗剤でお掃除したいものです。
今回は、自然派洗剤を活用する浴槽のお掃除方法についてご紹介します。
浴槽は毎日使う場所のひとつ。いつでも清潔なお風呂に入ることができるようになると嬉しいですよね。
浴槽はさまざまなパーツに分かれていて、付着する汚れの種類もそれぞれです。毎日お掃除する部分と定期的にまとめてお掃除する部分を分けて考えながら、効率的に掃除していきましょう。

浴槽汚れの種類に合わせて掃除方法と洗剤を使い分けましょう

前回のキッチン編でもお伝えしましたが、汚れの性質によって洗剤や道具を使い分けると、お掃除がぐっと効率的になります。
浴槽内やそのまわりの汚れは、目視だと皮脂汚れや石鹸カスが目立ちますが、実はさまざまな汚れが溜まりがちです。黒カビや皮脂など酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤、石鹸カスや水垢などアルカリ性の汚れには酸性の洗剤が効果を発揮します。
お掃除するタイミングや温度も大切なポイントです。入浴後のお湯を活用する方法、湿気を防止してカビの発生を予防する方法、お掃除の頻度を部分ごとに決めておく等、効率的かつ継続しやすい手順が理想です。
浴槽内の汚れは、入浴後の温まった状態が一番落ちやすくなっています。毎日お掃除することを心がけていれば、強力な洗剤や特殊な道具は必要なく、自然派洗剤でも十分お掃除が可能です。

それでは、浴槽のお掃除に適した洗剤や道具や方法をご紹介します。浴槽を使う頻度によって、汚れの種類も異なってきますので、ご自身の生活スタイルにあった方法を試してみてください。

黒カビ・皮脂などの酸性汚れにはアルカリ性洗剤を

湯船に浸かる頻度が高い方の浴槽内には皮脂が溜まりがちです。
浴槽内に付着した黒カビ、皮脂などの酸性汚れに効果を発揮するのは、アルカリの性質をもつ重曹やセスキ炭酸ソーダです。重曹は水に溶けにくく、セスキ炭酸ソーダは水に溶けやすいのが特徴です。毎日の軽い皮脂汚れにはセスキ炭酸ソーダ水をスプレーし、浴槽用のスポンジでこすり洗いするだけできれいになります。
汚れが落ちづらくなってしまった場合は、重曹と石鹸の合わせ技が効果を発揮します。石鹸は体や手などを洗う普通の石鹸で結構ですが、普段使いのものと分けるために別途用意するようにしてください。スポンジを水で適度に濡らし、石鹸と重曹をつけます。スポンジを泡立て、浴槽内をこすり洗いすると頑固な汚れをすっきり落とすことができます。
また、黒カビが生えてしまった場合は、こすり洗いだけでは汚れを落としきれない場合があります。そこでおすすめなのが、重曹と粉末の酸素系漂白剤の混合ペーストです。重曹、酸素系漂白剤を同量合わせ、水を少しずつ加えてペースト状にし、黒カビが生えた場所に塗布して3時間ほどそのまま放置し、水で流します。塩素系漂白剤などと違い、時間はかかりますが、体に優しくツンとした匂いも発生しません。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

浴槽の内側・外側

皮脂汚れ

セスキ炭酸ソーダ水でこすり洗い

浴槽の内側・外側

頑固汚れ

石鹸と重曹でこすり洗い

浴槽の内側・外側

黒カビ

重曹と酸素系漂白剤のペーストを塗布

石鹸カス・水垢などのアルカリ性汚れには酸性洗剤を

どちらかというとシャワー派で、湯船に浸かる頻度が少なめの方の浴槽には、石鹸カスや水アカが溜まりやすくなっています。浴槽を使う頻度が少ないため、シャワーのたびに浴槽を洗うことがほとんどないという場合、シャワーを浴びたときの水分や石鹸が浴槽に飛沫したままになりがちだからです。
浴槽に溜まりがちな石鹸カスや水垢はアルカリの性質をもっています。アルカリ汚れに効果を発揮する自然派洗剤はクエン酸です。クエン酸大さじ1に対し水200mlを加え、スプレーボトルに入れておくとお掃除がしやすいでしょう。浴槽は使わなくても、シャワー時に水分や石鹸が飛沫して汚れは付着していきますので、入浴後にクエン酸水をスプレーしてスポンジで軽くこすり洗いすることをおすすめします。
また、クエン酸の活用方法でおすすめなのが、つけおき洗いです。
浴槽にお湯をはり(残り湯でもOK)、クエン酸1カップを溶かし入れ、浴槽内の椅子や桶、シャワーヘッドなどの小物を入れて数時間放置するだけで、手軽に汚れを落とすことができます。鏡などの曇りにはキッチンペーパーに含ませたクエン酸水をパックすると、うろこ汚れもきれいにピカピカになります。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

浴槽の内側・外側

石鹸カス・水垢

クエン酸水でこすり洗い

浴室の小物

石鹸カス・水垢

浴槽内にクエン酸水をつくり、つけおき

浴室の鏡

水垢

クエン酸水をパック

できれば毎日使った後の乾燥を

掃除の最終仕上げには、シャワーのお湯を全体にかけてからしっかり換気しましょう。水分が早く蒸発し、カビを防止することができます。冷たい水を使うのはカビにとって好環境になってしまうのでNGです。
さらに、換気のみでは浴槽に水滴が残っている状態です。そのまま放置すると水垢の原因になってしまいます。できれば、入浴後には水分を取っておくようにしましょう。水分を効率的に取り除くのに上の写真のようなスクイージーが便利です。
カビを防止するためにも、浴槽や壁の水滴をできるだけつけないようにすることが大切です。

週に1度のまとめ掃除

浴槽付近で放置しがちになってしまうのが排水口です。髪の毛などの取りやすいゴミは入浴後ごとに捨てましょう。排水溝の掃除は気分が乗らないものですが、週に1度のお手入れによって、雑菌の繁殖を防ぐことができます。
排水口の汚れは皮脂、水垢、黒カビ、雑菌などが混ざった混合汚れです。この部分には、アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸の両方を使います。
排水口に引っかかった髪の毛などのゴミをきれいに取り除き、受け皿などを外して重曹をふりかけます。その上からクエン酸水溶液をスプレーすると、ブクブクと発泡しはじめるので、そのまま30分ほど放置。汚れが浮き上がったら、ブラシなどで磨き洗いをして元の位置に戻します。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

排水口

混合汚れ

重曹とクエン酸水をかけて発泡させる

月に1度は洗いづらい部分をシッカリ掃除

浴槽まわりで月に1度のお掃除で良いものは、風呂釜の循環口と天井です。
風呂釜専用の洗剤が一番手軽ですが、自然派洗剤なら酸素系漂白剤が活用できます。お風呂に湯を溜め(残り湯でもOK)、酸素漂白剤を500gほど溶かし入れます。その後、追い炊き機能の設定を最高温度にし、追い炊き運転します。温め終わったらそのまま3時間ほど放置し、排水。次に、通常通りにお湯を溜め、再度追い炊きし、排水して完了です。

天井のお掃除も月に1度は行いましょう。よく見てみると、黒い点のような汚れがついていることがあります。それは黒カビで、天井に黒カビが付着すると、カビ胞子が上から降り注いでいる状態。他の部分にカビが生える原因になりますし、健康にもよくありません。
重曹&酸素系漂白剤のペーストなどを布に塗布し、拭き取るようにしましょう。

場所

汚れの種類

キレイにする方法

風呂釜

混合汚れ

浴槽に溜めたお湯に酸素系漂白剤を入れ、追い炊き運転

風呂の天井

黒カビ

重曹ペーストで拭き取り

忙しい方はプロにお任せ!

浴槽の掃除のコツは、ガンコ汚れになる前にマメに掃除することですが、忙しくてこまめに掃除することができないという方が多いのが現実ですよね。
そこで、溜まってしまった汚れを一掃したいときにおすすめのプロの浴室クリーニングをご紹介します。
ダスキンの浴槽クリーニングを例に見ていきましょう。

DUSKINの浴室クリーニング

URL:http://www.duskin-art.com/sm/water/sm000090/index.html

放置して落としづらくなった汚れもプロの技で一気にキレイにピカピカ。充実したオプションも魅力的。浴槽エプロンや浴室乾燥機など、お掃除しにくい部分まで掃除してもらえます。
お忙しい方はもちろん、大掃除などで活用するのはいかがでしょうか。

監修

伊藤璃帆子 (Rihoko ITOH)

美術家。東京都在住。
編集、執筆、写真撮影、イラスト、フードスタイリング等を手がける。
日常使いのアイテムをちょっと良いものに変えてみませんか。
暮らしや家事にまつわるアイデアを厳選してご紹介していきたいと思っています。