50代から気をつける病気。予防・対策

健康寿命の延伸は丈夫な歯から 「8020運動」をご存じですか? 

この記事をシェアしよう

「8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動」とは、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動のことです。多くの方は歯科医院を「歯が痛くなったら行くところ」と考えているようですが、実際は「口腔内の健康を保つために定期的に受診するところ」です。この機会に歯科医院を受診し、健康寿命を延ばしていきましょう。

この記事の監修

中西 真理

医薬品卸にて一般の方や医療従事者向けの情報作成に従事。その後、調剤薬局に勤務。現在は、フリーライターとして主に病気や薬に関する記事を執筆。

歯科医院などで、「8020運動」のポスターを見かけたことはないでしょうか。
「8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動」とは、「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という運動のこと。1989年に当時の厚生省と日本歯科医師会が提唱したものです。

運動が開始された当初、8020の達成率はわずか7%。平均残存歯数は4~5本でした。しかし、その後は「8020運動」への意識が高まり、2016年には達成率が50%を超えるようになりました。

厚生労働省「平成28年歯科疾患実態調査|P.18 図17. 20本以上の歯を有する者の割合の年次推移」より転載(一部加工)

他方、高齢者人口は増え続けているため、「8020運動」を達成できていない高齢者の人数はいまだ多いのが現実です。

8020運動とは | e-ヘルスネット(厚生労働省)(最終更新日:2020年7月28日)」より転載

しかし、残っている歯の数が19本以下になると要介護になるリスクが高まることが明らかになっています。また、「8020運動」達成者のほうが、QOL(生活の質)が良好で寿命が長いともいわれています。これは想像に易いことでしょう。

今回は、「8020運動」を紹介するとともに、噛むことと健康の関係をくわしく解説していきます。

なぜ「80歳」で「20本」以上の歯を目指すのか?

まず、「8020運動」における、「80」と「20」という数字の意味を理解しておきましょう。

「80」は「80歳」ではなく、「生涯」の意味

「8020運動」が提唱された1989年当時の日本人の平均寿命は、男性75.9歳、女性81.8歳。男女合わせた平均寿命は約80歳でした(※1)。つまり、「80」とは具体的な年齢を示す数字ではなく、「生涯」という意味で用いられた数字ということが分かります。
一方、令和元年の日本人の平均寿命は男性81.4歳、女性87.4歳(※2)まで延びています。「8020運動」が提唱された当時より5年以上も長くなっており、いわば80歳は通過点。そのため、「8020運動」の本来の趣旨に立ち返ると、「80」という数字にこだわるのは適当とはいえません。
このようなことから、近年では「8020運動」は「80歳をゴールとする運動」ではなく、「健康な高齢期を過ごすための運動」とする考え方が主流となっています。

「20」はあくまで目安! 「20本残っていないとダメ」というわけではない

8020運動の「20」という数字は、過去に行われた咀嚼(そしゃく)能力に関する調査結果に由来します。2013年の「国民健康・栄養調査」では、残っている歯の本数が20本以上であれば、年齢性別によらず咀嚼状況が良好という結果が得られています。

8020運動とは | e-ヘルスネット(厚生労働省)(最終更新日:2020年7月28日)」より転載

もっとも、「20」という数字は社会全体における目標値です。個々における治療では、20本以上の歯を残すことが適当とはいえないケースもあります。また、残っている歯の本数が20本以下であっても、入れ歯などをきちんと使えば口腔内の機能は維持できます。
このようなことから、「20」という数字はあくまで目安であり、入れ歯などを使って口腔内の健康が維持できている場合は、歯の残数が20本に満たなくても「目標は達成できている」と評価してよいでしょう。

噛むことと健康の関係

「噛むことは健康に良い」とよくいわれますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょう。ここでは、噛むことが健康におよぼす具体例をいくつか紹介します。

歯と口の健康を守る

噛む回数が増えると、唾液の分泌量が増加します。唾液には口の中を清潔に保ち虫歯や歯周病を防ぐ働きがあるため、「噛むこと=歯と口の健康を守ること」といえます。

口まわりの筋肉の衰えを防ぐ

噛むことは口のまわりの筋肉を鍛え、衰えを防ぐことにもつながります。よく噛んで口まわりの筋肉を使うと滑舌がよくなり、表情も良くなります。

認知症予防につながる

口を開閉すると脳に酸素や栄養が送られ、脳細胞が活性化するといわれています。また、歯がほとんどなく入れ歯(義歯)を使っていない人は、義歯を使用している人や歯が20本以上残っている人に比べて認知症になるリスクが高いことが明らかになっています。つまり、噛む機能を維持することは認知症予防の効果が期待できるのです。

Yamamoto T et al., " Psychosomatic Medicine "(2012),p74. の情報を基に作図

転倒リスクが減る

しっかり噛むことができると、踏ん張りが効くようになるため転倒のリスクが少なくなります。歯を食いしばることができれば全身に力を入れることができるようにもなり、体力の向上も期待できます。

肥満を防ぐ

食べ物をよく噛むと満腹感が得られやすくなるため、過食を防ぐことができます。結果として太りにくくなり、肥満の予防につながります。

消化が良くなる

食べ物をよく噛むと消化が良くなるため、胃腸への負担が少なくなります。また、食べ物をよく噛むと栄養の吸収も良くなります。

 

このように、噛むことは健康にさまざまなメリットをもたらします。健康寿命を延ばすために、口腔内の健康を維持して噛む力を失わないようにしましょう。

歯の数だけでなく「オーラルフレイル」にも要注意

「8020運動」の達成率が高くなってきたことから最近は歯の残数だけではなく、オーラルフレイルの予防にも注目が集まっています。

「オーラルフレイル」とは、歯と口の働きの衰えのことです。おもな症状として、下記が挙げられます。

  • 硬いものが噛めない
  • 食べこぼすことが多い
  • むせやすい
  • 滑舌が悪い
  • 口の中が乾きやすい

オーラルフレイルは病気ではありませんが、放置すると栄養状態の悪化や筋力の低下を招き、介護が必要な状態になるおそれがあります。その一方、気付いたときに早めにケアすれば、もとの健康な状態に近づけることも可能です。

オーラルフレイルを予防するためには、口腔内の定期的なチェックが欠かせません。かかりつけの歯科医院がある場合は、定期的に受診して口と歯の健康状態を確認してもらうことをおすすめします。

なお、多くの方は歯科医院を「歯が痛くなったら行くところ」と考えているようですが、実際は「口腔内の健康を保つために定期的に受診するところ」です。この機会に歯科医院を受診し、健康寿命を延ばしていきましょう。