50代から気をつける病気。予防・対策

50代から気を付けたい病気について、対策や予防方法を解説します。

  1. 50代から気をつける病気。予防・対策

    感染症からからだを守るために免疫力を高めよう 健康維持に役立つ生活習慣とは

    免疫は、年齢・病気・治療に使われる薬・喫煙・過度の飲酒など、さまざまな要因で低下します。そのなかで、自分自身で変えられるのが生活習慣です。これまでの生活習慣を振り返り、改善できそうなところから少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

  2. 50代から気をつける病気。予防・対策

    動脈硬化に心筋梗塞......怖い病気を予防するために大事な「血管年齢」の考え方とは

    血管年齢とは、簡単にいうと「血管のしなやかさ・軟らかさ」のことです。血管年齢が高いと、脳や心臓の病気で命を落としたり、からだの自由が利かなくなったりします。生活習慣病や喫煙などに対する対策をして血管年齢を若く保ちましょう。

  3. 50代から気をつける病気。予防・対策

    スマホ依存症に要注意! 長時間の使用が親子にもたらす健康被害とは

    スマホは手軽で便利なツールではあるものの、使い過ぎによる健康被害が気になります。子どもをスマホ依存症から守るためには、大人である私たちがスマホと上手に付き合う方法を理解し、子どもたちの模範となる必要があるでしょう。

  4. 50代から気をつける病気。予防・対策

    肺気腫は治らない? タバコとの関係と予防に向けた対策

    肺気腫は治癒しない病気ではありますが、早期に治療すれば症状を緩和できます。少しでも長く健康に過ごすため、現在タバコを吸っている人は禁煙するようにしましょう。難しければ、禁煙外来を利用するのも1つの方法です。

  5. 50代から気をつける病気。予防・対策

    50代以降のシニアを襲う怖い病気 帯状疱疹に要注意!

    帯状疱疹は、80歳までに3人に1人がかかるといわれる感染症で、年齢が高くなるほどかかりやすく、重症化する傾向にあります。帯状疱疹の予防には、ワクチンの接種が非常に有効です。同時に疲れやストレスを溜めない生活を心がけ、帯状疱疹になりにくいからだづくりを目指しましょう。

  6. 50代から気をつける病気。予防・対策

    加齢にともなう膝の痛み もしかして「変形性膝関節症」かも?

    「朝起きると膝に違和感がある」「動くと膝が痛む」。このような症状は、変形性膝関節症の初期症状かもしれません。いつまでも自分の足で歩き続けるために普段から膝に負担のかからない生活を意識するとともに、わずかな体調の変化に敏感であってほしいと思います。

  7. 50代から気をつける病気。予防・対策

    積極的に取り組みたい骨粗鬆症予防 いつまでも自分の足で歩ける元気なシニアライフを目指そう

    骨粗鬆症の危険因子には、年齢や性別など避けることができないものもありますが、食生活など生活習慣の見直しで取り除くことができるものもあります。骨粗鬆症を予防するためには、リスクをできるだけ取り除くことが大切です。

  8. 50代から気をつける病気。予防・対策

    誰もがかかる白内障 老後のために今からできる予防法とは

    白内障は、日本人の50代の3~5割強、80代のほぼ100%が患っていると言われるほど有病率の高い病気です。「高齢になったら白内障を避けては通れない」と考えて、予防や早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

  9. 50代から気をつける病気。予防・対策

    放置すると怖い! 慢性腎不全の症状と対策

    一度失われた腎臓の働きを回復させることは難しく、命に関わることもある慢性腎不全。そんな慢性腎不全を予防するカギは生活習慣にあります。「生活習慣の見直し」「定期検診」で病気の予防・早期発見をしましょう。

  10. 50代から気をつける病気。予防・対策

    50代からの筋トレで一生現役なからだづくりを

    一般的に、人は50歳を過ぎると毎年1〜2%程度の筋肉量が減少していくと言われています。「長生きする」こと以上に「長く健康に生きる」ために、50代のうちから筋トレの習慣を身につけて健康で豊かな生活をめざしましょう。

  11. 50代から気をつける病気。予防・対策

    働き盛りの子どもの睡眠不足が心配! シニア世代ができるアドバイスとは?

    睡眠にはいくつかの役割がありますが、最も実感しやすいのは心身の疲労回復です。小さな生活習慣の積み重ねが質の良い睡眠につながります。

  12. 50代から気をつける病気。予防・対策

    朝までぐっすり寝たい! 夜間頻尿の原因と対策

    夜間頻尿は年齢とともに発症しやすいですが、生活習慣を見直すことで改善することもあります。また、病気が原因の場合もあるので、放置しないことが大切です。

  13. 50代から気をつける病気。予防・対策

    急に痩せたら病気?! 原因となる病気と取るべき対処法

    ダイエットをしていないのに急に痩せるのは病気が隠れている場合もあります。「痩せること」と「病気」の関係性を理解し、適切な対応につなげましょう。

  14. 50代から気をつける病気。予防・対策

    50代以降に受けるべき予防接種の種類と注意点

    感染症対策でもっとも重要なのは、かかる前に予防をすることです。万が一感染症にかかった場合に「重症化するリスク」や周囲の人への「二次感染のリスク」を考えると、予防接種を受けるほうが、メリットが大きいのは明らかです。ご自身と大切な人の健康を守るためにも、50才を過ぎたら予防接種を検討しましょう。

  15. 50代から気をつける病気。予防・対策

    薬局で薬をもらうのは面倒? 処方せんで薬をもらうときのポイントを紹介

    調剤薬局を単なる「薬の受け渡し所」ではなく、「健康相談に活用できる場」ととらえれば、その存在意義も違ってきます。上手に利用して、健康の維持・向上を目指しましょう。

  16. 50代から気をつける病気。予防・対策

    ストレスから自分を守る! 40代以降の責任世代に知ってほしい病気との関連性と対処法

    ストレスと病気の因果関係をはじめ、ストレスが原因となりやすい病気について知り、自分にあった対処法でストレスを緩和しましょう。

  17. 50代から気をつける病気。予防・対策

    家族を家で看取りたい 「終末期医療」で知っておきたいこと

    終末期医療では、患者本人はもちろん、残される家族もつらい立場にあります。「本人と家族の思い」を確認することから始め、死をタブー視せず、率直な気持ちを伝え合うとともに、最期の瞬間まで生きる喜びや希望を持ち続けてほしいと思います。

  18. 50代から気をつける病気。予防・対策

    運動不足が死亡率にも影響! 適度な運動で生活の質を向上させよう

    「運動=スポーツ」と考えるのではなく、「運動=からだを動かすこと」と軽い気持ちでとらえると始めやすく、長続きします。運動が難しい場合には、ちょっとした掃除をするなどほんの少しからだを動かすだけでも十分です。できる範囲で長く継続できるものを、日常生活の一部に取り入れるようにしましょう。

  19. 50代から気をつける病気。予防・対策

    その腰痛、放置して大丈夫?シニアに多い慢性腰痛の原因と対処法

    腰痛そのものは病気ではありませんが、症状が現れる背景には何かしらの理由があります。適切な治療・ケアを受けるためにも、まずは専門医の診察を受けることをおすすめします。

  20. 50代から気をつける病気。予防・対策

    価格が安いだけではない! ジェネリック医薬品を使うメリットと注意点

    最近は、有効成分だけではなく添加物や薬の形まで同じ「オーソライズドジェネリック」というジェネリック医薬品も販売されています。ジェネリック医薬品の使用に抵抗がある方は、まずオーソライズドジェネリックからスタートすることをおすすめします。