ヨガが続かない悩みを解決する5つのコツとアンチエイジングに効くポーズ

50代に最適なメイク方法

「ヨガを続けるコツ」について、学んでいきましょう。

【監修】三島ミコ

「アンチエイジングにヨガが効果的と聞いたけれど、なかなか続かない......」
そう悩む人は多いのではないでしょうか。

初めてチャレンジした日は気持ちが良くて「毎日続けよう!」と張り切っていたヨガ。それなのに気付けば3日坊主に―----。

実は「ヨガが続かない」という悩みには、明確な理由があります。その理由に沿って環境を整えれば、今すぐに"ヨガをずっと続けられる人"に変身することだって、可能です。

さっそく「ヨガを続けるコツ」について、学んでいきましょう。

ヨガが続かない理由と無理なく習慣化する5つのコツ

ヨガが続く人と続かない人。その差は「習慣化できたかどうか」です。
習慣化できないことを継続するのは、誰にとっても苦痛でしかありません。ヨガが続かない理由は、意志が弱いからでも集中力が足りないからでもなく、ただ習慣化する工夫をしていなかったから。

そこで、ヨガを無理なく習慣化する5つのコツをご紹介します。

①最適なヨガスタイルを選ぶ

ヨガを行うスタイルには、いろいろな方法があります。主なものを挙げてみましょう。

<さまざまなヨガスタイル>
  • ヨガスタジオに通う
    • グループ・レッスンを受ける
    • パーソナル・レッスンを受ける
  • 自宅で行う
    • 本・DVD・YouTubeなどで独学する
    • インストラクターに来てもらいパーソナル・レッスンを受ける

「パーソナル・レッスン」は「プライベート・レッスン」ともいいますが、インストラクターと1対1で行うレッスンのことです。
対して「グループ・レッスン」は、ひとりのインストラクターが複数の生徒に教えるレッスンのこと。大きなスタジオだと生徒数が50人以上の場合もあります。

実は、ヨガを習慣化する上で"ヨガ自体"より重要ともいえるのが、このスタイルが合うかどうか。自分に合うスタイルさえ選ぶことができれば、スムーズに習慣化できることが多いのです。
以下に各スタイルのメリットとデメリットをまとめました。

 

メリット

デメリット

ヨ ガ ス タ ジ オ

グループ・レッスン

◎料金がリーズナブル
◎インストラクターのお手本を見られる

×外出の手間がかかる
×ていねいな指導は受けられないことが多い

パーソナル・レッスン

◎インストラクターのお手本を見られる
◎自分専用メニューを組んでもらえる
◎ていねいな指導が受けられる

×料金が高い
×外出の手間がかかる

自 宅

独学

◎お金がかからない
◎外出の手間がない
◎いつでも自分のペースでできる

×ポーズが間違っていても指導を受けられない

パーソナル・レッスン

◎外出の手間がない
◎インストラクターのお手本を見られる
◎自分専用メニューを組んでもらえる
◎ていねいな指導が受けられる

×料金が高い

今までヨガが続かなかった理由は、スタイルが合わなかっただけかもしれません。
続かなかったスタイルは一度止めて、新しいスタイルにチャレンジしてみましょう。

②自分につらい思いをさせない

「ヨガって素晴らしい!」と最初に感激した人ほど陥りやすいのが「がんばりすぎ」というワナ。私たちの脳には「楽しいことは続けたいし、苦しいことはやめたい」というシンプルな働きが備わっています。ヨガをずっと続けたいのなら「ヨガで自分につらい思いはさせない」と決めましょう。

少しでも苦しくなりそうだったらひと休み。脳が「ヨガ=つらいもの」と認識しないように、やさしく面倒を見てあげるイメージです。「そんなに甘くていいの?」と思うかもしれませんが、甘くていいのです。特にヨガを始めたばかりの時期は思いっきり自分を甘やかして、"がんばりは一切排除"でいきましょう。すると自然とからだがヨガを求めるようになるから不思議です。

③1日の中でヨガをする"きっかけ"を設定する

習慣化の重要ポイントのひとつは、1日の中に"ヨガを行うきっかけ"を設定することです。たとえば、下記はきっかけで習慣化されている行動です。

  • 朝起きたら→コーヒーを飲む
  • ご飯を食べたら→歯みがきする
  • 顔を洗ったら→スキンケアをする

同じように「〇〇したら→ヨガをする」というパターンを習慣化すれば、意識しなくても毎日ヨガが続けられるようになります。

自宅でヨガをする人の場合、おすすめは起床時と就寝時です。
その理由は2つあります。ひとつは毎日必ず訪れるきっかけだから。もうひとつはヨガの効果を実感しやすいタイミングだからです。
さっそく、「朝起きたら→ヨガをする」「夜寝る前に→ヨガをする」を、始めてみましょう。

④1分だけでもOKとする

「ヨガはまとまった時間を取って、落ち着いてやらなければならない」と思っていませんか。実際には、そんなことはまったくありません。1分だけでもOKです。
ヨガを習慣化するためには、どんなに短時間でも構わないので"毎日続けること"の方が大切です。起床時と就寝時に1分でできるおすすめポーズをご紹介しましょう。

起床時に1分でできる「山のポーズ」

「山のポーズ」はヨガの立ち姿勢の基本となるポーズです。
毎朝、1日のスタートに静かにこのポーズをすることで、心の状態を穏やかに整えることができます。

*1

<やり方>

  1. 両足を腰幅に開いて立ちます。
    足の指は正面に向け脚は地面に対して垂直に保ち、胸は開いてリラックスしましょう。腰は反らずに自然なカーブを描くようにします。
  2. そのまま1分、ゆったりとした呼吸をしてください。

就寝時に1分でできる「しかばねのポーズ」

睡眠に入る前に行うことで、その日にあった出来事をリセットし、深い熟睡感が得られるポーズです。

*2

<やり方>

  1. 仰向けになって両足を肩幅に開き、両手を身体から少し離して開きます。
  2. そのまま1分、ゆったりとした呼吸を行ってください。

⑤少しずつ訪れる変化を楽しむ

私たちは「無意味」と感じることは継続できません。逆に「意味がある」と感じることさえできれば、自然と継続したくなる心理的なメカニズムがあります。
そこで効果的なのが「変化に積極的に気付く姿勢」です。

「できなかったポーズが少しできるようになった」
「肌の調子が良くなってきた気がする」
「最近お腹の調子が良いかも?」

そんなヨガを通して訪れる小さな変化を、見逃さないようにしましょう。「ヨガを続けることには意味がある」と大いに実感してください。ヨガ日記をつけたり、写真で記録に残したりするのもおすすめです。

アンチエイジングに効くおすすめポーズ3選

「ヨガを続けたい」という気持ちの裏には、ヨガで解決したい悩みがあるケースも多いでしょう。ここではアンチエイジングに効くおすすめポーズを3つ、ご紹介します。
「ヨガのおかげで悩みが解決に向かった」という実感が得られれば、それこそがヨガを継続する最大のモチベーションになります。

①顔のたるみを防ぐコブラのポーズ

ほうれい線・フェイスライン・口元......「たるみ」が気になるときにおすすめなのが「コブラのポーズ」です。

*3

<やり方>

  1. うつぶせになり、両足を肩幅に開き、両手の肩の真下に置きます。
  2. 息を吸いながら上体を起こし、30秒ほど深呼吸を行った後、吐く息で 1に戻ります。

②若々しい体型をキープする背中をのばすポーズ

「若々しい体型」を保つために特に重要なのは、「背中」と「ひざ裏」の2点です。
年齢を重ねるごとに、背中は猫背になって丸くなり、ひざ裏は伸びずに曲がったままになります。曲がっていく背中とひざ裏をまっすぐにキープすることが、若々しい体型を維持するコツ。そのためにぜひ毎日続けたいのが「背中をのばすポーズ」です。

*4

<やり方>

  1. 両脚を前にのばして座り、両手を楽な位置について背中をのばします。
  2. 両手で足の親指をつかみ、息を吐きながら骨盤から上体を前に傾けます。
  3. 30秒ほど深呼吸を行い、吸う息で 1に戻ります。

③クヨクヨしがちなこころを明るく整える魚のポーズ

毎日を笑顔で過ごすことは、アンチエイジングの基本。よく笑う人ほど、若々しく見えるものです。しかし、自分の思うようにメンタルがコントロールできない日もあるかもしれません。
そんなときにも、ヨガは助けになってくれます。クヨクヨしがちなこころを明るく整える「魚のポーズ」を行いましょう。

*5

<やり方>

  1. 両脚をのばして仰向けになり、お尻の下に両手を敷きます。
  2. ひじに力を入れて床を押し、息を吸いながら胸を反らせて頭頂を床につけます。
  3. 30秒ほど深呼吸を行い、息を吐きながら 1に戻ります。

※首を痛めている人は行わないでください。

ヨガは一生ものの健康法・メンタルケア

ヨガは、ただの体操ではありません。健康法であると同時に、メンタルケアもできる奥深い魅力を持ったメソッドです。
長い人生の中では、ときに悲しい局面・大変な局面に対峙することもありますよね。こころの置き場をどこにしたら良いかわからないけれど、誰かに頼ることもできない----―。そんなとき、"いつでも逃げ込める自分だけの場所"として「ヨガ」を持っておく。静かにポーズを取って呼吸するだけで、その時間は心が空っぽになり、安心していられるはずです。

ヨガを続ければ、こころもからだも健やかでいられる。それがヨガの一番の醍醐味なのかもしれません。どうぞゆっくりマイペースでヨガを楽しんでくださいね。

*1
出所)Adobe Stock(元画像URL) /ライセンス情報

*2
出所)Adobe Stock(元画像URL) /ライセンス情報

*3
出所)Adobe Stock(元画像URL) /ライセンス情報

*4
出所)Adobe Stock(元画像URL) /ライセンス情報

*5
出所)Adobe Stock(元画像URL) /ライセンス情報

監修

三島ミコ

美容ライター

化粧品会社で10年にわたり商品開発などに従事。美容を通じて自分と向き合い心豊かな暮らしを重ねるための内外美容を提案している。