50代に最適なメイク方法

「50代で突然アイシャドウが合わない」理由と若見えアイメイクの重要ポイント

50代に最適なメイク方法

50代に最適なメイク方法

【監修】三島ミコ

何年もリピートし続けたお気に入りのアイシャドウ。ある日、急に違和感を覚えたことはありませんか。

「あら、色が合わなくなっている?」
「急に、老けて見える気がする......」

しかし、いざ新しいアイシャドウに買い替えようとしても、しっくりくるアイシャドウに出合えず、途方に暮れてしまう......。実は、"アイシャドウにまつわる戸惑い"は、50代の女性が抱えやすい問題です。そこには明確な理由があります。理由を知ったうえで、新しいアイシャドウを選び直しましょう。そうすれば、また以前のようにアイメイクを楽しめるようになりますよ。

ある日アイシャドウが合わなくなる5つの理由

ある日、突然アイシャドウが合わなくなる"50代の目元"には、いったい何が起きているのでしょうか。5つの理由を解説します。

理由1:キメが粗くなった

まず起きている大きな変化が「キメ」に関わる問題です。若い肌のキメは、高密度で細かい状態。これが50代以降になると、不規則で浅く不鮮明になります。キメが低密度で粗い状態です。

同じアイシャドウでも、キメが粗い肌に塗るとツヤ感が減って見えます。これが、アイシャドウが合わなくなるひとつめの理由です。

理由2:シワが増えた

2つめの理由はシワが増えたこと。シワの溝がじゃまをして、アイシャドウが化粧崩れを起こしやすくなるのです。

今までと同じように塗っているつもりなのに、アイシャドウがヨレたり、色味がまばらになったりするのは、目元のシワが原因です。明らかに見えているシワだけでなく、細かくて浅いシワ(ちりめんジワ)も、アイシャドウの仕上がりを左右しています。

理由3:たるみで目の印象が変わった

3つめの理由は、肌のハリと筋肉の減少から起こる「たるみ」です。
「昔より目が小さくなったみたい......」と感じるのは、たるみが原因。目のまわりがたるむと皮膚が下がって、目が小さくなったように見えるのです。
下記は、同一人物の瞳を使ってシミュレーションした画像です。

右の画像では、たるんだ皮膚が瞳を覆ってアイラインがゆがみ、正面から見えるアイシャドウの幅が狭まっていることがわかります。これが、同じアイシャドウを使っていてもメイクの仕上がり感が変わってしまう理由です。

理由4:うるおいが減った

アイシャドウと肌の相性は、肌が含んでいる「うるおい」によって変わります。うるおいが減少すると、アイシャドウのノリが悪くなるのです。
うるおいを保持するために重要なのは「NMF(天然保湿因子)」という角質細胞内に存在し、角質のうるおいをキープする役割を担う物質です。NMFは、年齢とともに減少することがわかっています。15〜29歳と50〜65歳では、約2倍の開きがあるとも言われています。
これが50代でアイシャドウが合わなくなる4つめの理由です。

理由5:色が変わった

5つめの理由は、まぶたの色の変化です。
50代以降になると褐色斑(茶シミ)が発生しやすくなります。これは特に東洋人において目立ちやすく、日本の50代女性の多くが悩まされるものです。

褐色斑の部分は光透過性が低下するため、アイシャドウを重ねて隠そうとすると不自然になるという問題も。別途、褐色斑をカバーする工夫が必要です。

50代の若見えアイメイクの重要ポイント

今までのアイシャドウが合わなくなった理由を踏まえながら、いよいよ「今のあなたに合う新しい若見えアイメイク」の重要ポイントをご紹介します。

1.若々しい目元を作るエイジングケア

メイクに入る前準備として、目元を整えましょう。アイシャドウが合わなくなる5大理由「キメ・シワ・たるみ・乾燥・シミ」にアプローチするスキンケアを施します。
それができるのは目元専用に開発された「アイクリーム」です。
目元の皮膚はからだの中で最も薄く、他の部位と一緒のスキンケアでは十分なケアができません。ぜひ目元専用のアイテムを使ってください。
アイクリームを塗るときには「薬指」を使うのがおすすめです。余計な力が入らず、目元の皮膚にダメージを与えません。アイシャドウやアイシャドウベースを指で塗るときにも、薬指を使うようにしましょう。

2.アイシャドウの「カラー」の選び方

合わなくなってしまったアイシャドウとは潔くさよならをして、新しいアイシャドウを手に入れましょう。改めて確認してほしいのが「カラーの選び方」です。
人にはそれぞれ、もともと似合う色が存在します。それを簡単に判定できるのが「パーソナルカラー診断」です。
下記の表を参考に、自分がどのタイプなのか判断してみてください。

<パーソナルカラー診断>

 

肌のタイプ

特徴

春(スプリング)

イエローベース

  • 顔は血色良く健康的
  • 目はキラキラした印象
  • 派手な色の服もスッキリ着こなせる

夏(サマー)

ブルーベース

  • 肌は色白で透明感がある
  • 瞳の印象がソフトで色素が薄い
  • 地味な色の服もサマになる

秋(オータム)

イエローベース

  • 顔は血色ある
  • 瞳の色が深くニュアンスがある
  • 淡い色の服を着てもあでやか

冬(ウィンター)

ブルーベース

  • 肌色は白くツヤがある
  • 黒目と白目のコントラストが強い
  • 鮮やかな色や無彩色の服が似合う

自分のパーソナルカラーがどのタイプかわかったら、下記の表で似合うアイシャドウの色を確認します。

<タイプ別おすすめアイシャドウカラー>

 

おすすめのアイシャドウカラー

春(スプリング)

夏(サマー)

秋(オータム)

冬(ウィンター)

なんとなくのカラー選びをやめて、"自分に合うカラー"の中から選ぶ方法に変えれば、これだけで理想のアイシャドウにグッと近づきますよ。

3.アイシャドウの「種類」の選び方

自分に合うカラーが診断できたら、次に選ぶのは「種類」です。
アイシャドウは主に次の4種類があります。

  • パウダー
  • リキッド
  • クリーム
  • ジェル

50代の目元に最適なのは「しっとり系の微粒子パウダー」です。リキッドやクリーム、ジェルではヨレやすく、乾いた質感のパウダーでは乾燥が目立ちやすいでしょう。そこで、肌に吸い付くような保湿感のある粉質で、粒子の細かさとフィット感に優れたパウダーアイシャドウがベストです。しっとりと柔らかい上質な粉感のアイシャドウを選びましょう。

一概に「化粧品は値段が高いほうが良い」とはいえませんが、アイシャドウはハイブランドを選ぶと失敗が少なくなります。粒子が細かい上質なアイシャドウは、技術力のある工場でしか製造できないのです。製造コストをかけられないプチプラ系コスメのアイシャドウは、粒子やラメが大粒。10代・20代の若い肌にはそれもかわいいのですが、大人の肌には不向きです。デパートのコスメカウンターで、6,000円〜7,000円のアイシャドウを購入するのがおすすめです。

4.若見えアイメイクのテクニック

アイメイクを若々しい印象に仕上げるためには、マスカラやアイライナーの使い方よりも、"アイシャドウを映えさせるベースの作り方"が重要になります。

・褐色斑(茶シミ)を光で飛ばすアイシャドウベース

まぶた全体へナチュラルな透明感を出す「アイシャドウベース」を最初に塗っておきます。眉毛の下からまぶたのキワまで広い範囲にオンして輝きをプラスすると、アイシャドウの発色が良くなります。
上品なパール感のあるアイシャドウベースを使えば、褐色斑(茶シミ)も光で飛ばして目立ちにくくしてくれます。

・目の下のお疲れ感をオフする筆ペン型のハイライター

目の下にくすみ感がある場合は、筆ペン型のハイライターでキレイにカバーしましょう。質感の固いコンシーラーを使うと、肌悩みが返って悪目立ちするので注意を。50代の肌悩みは、"柔らかな光を味方に付けて"クリアするのがコツです。

・アイシャドウはグラデーションを意識

アイメイクは"やり過ぎ感"が顔を出した瞬間、「若見え」ではなく「若作り」になってしまいます。常にナチュラルメイクを心掛けることが大切です。
アイシャドウは単色を濃く塗るのではなく、グラデーションを作りながら上品に仕上げるのがポイントです。たとえば、3色のグラデーションなら簡単に立体感が出せます。

これで50代の目元は、自然に大きく見えます。今のあなたの美しさを最大限に引き出す、新しいアイメイクの始まりです。

アイシャドウのアップデートで美しさの更新を楽しんで

メイクには、不思議な力があります。ちょっと気分が重かったのに、きらりとメイクが上手にできた途端、明るい気持ちになれた----―そんな経験は、きっとあなたにもあるはずです。
「アイシャドウが合わなくなる」という出来事に象徴されるように、年月とともに肌は変わり、若い頃のようにはいかないこともあります。けれど、それをテクニックで優雅にクリアできるのは、豊かな経験を持つ大人の女性だからこそ。"今のあなた"のためにアップデートしたメイクをまとったら、鏡を見る度につい、にっこりほほ笑んでしまうでしょう。

美しさを更新するメイクを思い切り楽しんでみませんか。新しいアイシャドウをポーチに忍ばせて。

監修

三島ミコ

美容ライター

化粧品会社で10年にわたり商品開発などに従事。美容を通じて自分と向き合い心豊かな暮らしを重ねるための内外美容を提案している。