夫婦のこれから

二人のこと、親、子供、そして自分のこと、夫婦のこれからにまつわるコラムをお届けします。

  1. 夫婦のこれから

    70代の親に最適な働き方は? 生涯現役を目指す仕事探しのポイントを紹介

    高齢者の就労は、老後の生活費を補うためだけでなく、体力維持、社会貢献、生きがいといった面からも非常におすすめです。張り合いのある人生を送るためにも、ぜひ前向きに仕事探しに取り組んでみてはいかがでしょうか。

  2. 身体のこれから

    大人の不調にアプローチ おうちでヨガ

    骨盤底筋は手足と同じようにがんばって鍛えれば筋力アップする、結果の出やすい筋肉です。尿モレに悩まされず快適に過ごしていくために、骨盤底筋を鍛えるトレーニングを始めましょう。

  3. 夫婦のこれから

    パート勤務でも介護休業を申請できる? 要介護認定は必要?その条件や給付金について

    現状の制度では、一定の条件を満たしていればパート勤務でも「介護休暇」「介護休業」を申請することができます。いざという時にトラブルにならないよう、まずは就業規則を確認するところから始めてみましょう。

  4. 夫婦のこれから

    介護のために知っておきたい 車イスでの外出の注意点と街のバリアフリー情報

    車イスは、地面にちょっとした凹凸があるだけでもスムーズな移動が難しく、介助なしでは進めないこともあります。困難やトラブルを避けるためにも、ぜひお住まいの地区やよく利用する施設のバリアフリー情報をしっかりリサーチしておきましょう。

  5. 身体のこれから

    大人の不調にアプローチ おうちでヨガ

    実は、腱鞘炎には女性ホルモンの欠乏が関係していると言われています。今回は、腱鞘炎にならないために、指先からひじ下までの全般をストレッチする予防方法をご紹介していきたいと思います。

  6. 夫婦のこれから

    老後も心豊かに暮らすための「生涯学習」、その種類と選び方を学んでみよう

    生涯学習とは文字どおり、生涯にわたり学習を続けることです。「認知症にならないために何かをしておいたほうが良さそう」という気持ちではなく自発的にやることであなたの人生を豊かにするでしょう。

  7. 夫婦のこれから

    認知症介護 ストレスで共倒れにならないために

    介護でイライラしないためには、認知症を知ることが一番大事です。認知症になってもできることは多くあります。できる部分に着目して本人が生きがいを持って生活を送れるように工夫し、できない部分を補うような介護や支援を行うといいでしょう。

  8. 身体のこれから

    大人の不調にアプローチ おうちでヨガ

    高齢になると膝の痛みや不具合を感じる人がたくさんいらっしゃいます。残念ながら、関節そのものを鍛えることはできませんが、日々のトレーニングでひざ痛を予防したり、緩和することは可能です。下半身の筋肉は70%を占めると言われています。無理ない程度で、ぜひ継続してみてください。

  9. 夫婦のこれから

    要介護認定のやり直しは可能? 認定結果に納得がいかないときの対処法

    要介護度の判定に納得がいかず、認定のやり直しを希望する人は少なくありません。もし認定結果に疑問を持ったら、まずは担当のケアマネジャーに相談し、適切な対処法を一緒に検討しましょう。

  10. 夫婦のこれから

    両親の介護で疲れないために~介護ストレスを軽減させ楽しい毎日を過ごそう

    介護ストレスが大きくなると、介護者自身がうつ病になったり、またストレスから虐待につながったりすることもあります。その対策として、まず自分がひとりでやらないといけないという考えをなくし、身近にいつでも相談できる体制を持っておきましょう。自分自身のケアも大事です。

  11. 夫婦のこれから

    熟年離婚を回避する「卒婚」という選択肢 "なるべく一緒にいないための極意"とは

    熟年離婚を回避するための「なるべく一緒にいない生活スタイル=卒婚」は、お互いがよりよいパートナーであり続ける適度な距離感を保った夫婦の形といえます。困りごとがあったらサポートしあえるように、ある程度密に連絡を取り合いましょう。

  12. 身体のこれから

    大人の不調にアプローチ おうちでヨガ

    肩こりを解消するには胸の筋肉の柔軟性と肩甲骨の可動域をアップすることが重要です。こまめなストレッチや正しい姿勢を心がけるなど、日ごろの生活習慣でもつらい肩こりを和らげていきましょう。

  13. 夫婦のこれから

    アフリカ生地服飾雑貨店「梅田洋品店」オーナー 梅田昌恵(うめだまさえ)さん

    梅田さんの作る服飾雑貨は、アフリカで買い付けた生地で作られています。「街のお洋服屋さん」として起業する夢を叶え、一人ひとりのお客様と向き合い元気にする。梅田さんの思い描いた「アフリカワイイ」は今日も誰かを元気にし、ハッピーにしています。

  14. 夫婦のこれから

    老老介護を防ぎたい! 今からできる対策とは?

    老老介護は、心身ともに大きな負担がかかります。まずは介護が必要になったらどうするか、両親と話してみましょう。できるだけ健康寿命をのばすため、生活習慣を見直すことも大切です。

  15. 夫婦のこれから

    幸せな老後の生きがい~家族による支援方法

    健康で生きがいを持って豊かな生活をするには、自分自身が主体的に生活できる「居場所づくり」が重要です。国や自治体は、地域活性化を目的に様々な学習の場を設ける取り組みを行っていますので、地域でどのような活動が行われているのかを調べてみてはいかがでしょうか。

  16. 夫婦のこれから

    幸せな老後を過ごすための介護サービス~その種類と費用について

    幸せな老後を過ごすための介護サービス。実は複雑で、地域の介護サービスの事情もあります。地域のケアマネジャーや地域包括支援スタッフに相談し、いつまでも主体的な生活ができるよう工夫することが大事です。

  17. 夫婦のこれから

    家計負担も楽ではない子どもの習い事、実際はどこまで必要なの?

    子どもの頃は「将来の夢」が変わりがちです。急に飽きたりすることも少なくないでしょう。本人の希望を第一に考え、習い事で生活が窮屈になることで逆に可能性を狭めてしまわないよう、良い時間を過ごせるようにしたいものです。

  18. 夫婦のこれから

    親の介護に限界を感じたら? 介護と上手に付き合うための5つの対処法

    介護は子育てと違い終わりが見えないため、介護者の悩みはよりいっそう深刻になりがちです。介護は、ひとりで抱え込まないこと、悩んだらすぐに介護の専門家に相談すること、積極的に支援やサービスを利用することが大事です。

  19. 夫婦のこれから

    改めて確認しておきたい、50代からの防災

    「防災の日」を機に、あらゆる種類の災害が起きうるということを再認識し、自分の家がどのような場所に位置しているのかハザードマップで確認しておきましょう。また、自宅のリフォームを考えている人は、「減災できる自宅」づくりを考えてみましょう。

  20. 夫婦のこれから

    高齢者の介護食の作り方!調理のポイントと危険を避ける方法

    加齢とともに「嚥下」「咀嚼力」機能が低下します。高齢者においしく安全に食事をしてもらうため、食べやすい工夫をしましょう。また、今はレトルトの介護食や高齢者向けの配食サービスも充実しているので、利用を検討してみるのもいいですね。