病気

  1. 50代から気をつける病気。予防・対策

    動脈硬化に心筋梗塞......怖い病気を予防するために大事な「血管年齢」の考え方とは

    血管年齢とは、簡単にいうと「血管のしなやかさ・軟らかさ」のことです。血管年齢が高いと、脳や心臓の病気で命を落としたり、からだの自由が利かなくなったりします。生活習慣病や喫煙などに対する対策をして血管年齢を若く保ちましょう。

  2. 身体のこれから

    40代以降に急増! 糖尿病の原因と今からできる予防法

    糖尿病の発症には、普段の生活習慣が大きく影響します。若いうちから糖尿病の怖さを正しく理解し、予防するための生活習慣を身につけることが大切です。

  3. 身体のこれから

    学生時代に運動をしていた人ほど肥満要注意!?

    スポーツを長く続けてきた人にとって、引退は人生においてなんらかの区切りとなることでしょう。引退を機にそれらを一気に解放してハメを外すと、あとから生活習慣病という形で影響が出る可能性もあります。運動をやめたら食習慣を見直し、消費エネルギーに見合った形にしていく必要があります。

  4. 身体のこれから

    50代以降のダイエットにオススメの食事法

    食事のバランスをとるポイントは、大きく2つあります。各栄養素のバランスをとることと、摂取するエネルギー量のバランスです。食事はむやみに減らさず、バランスと食べ方を意識し肥満や生活習慣病の予防に努めましょう。

  5. 50代から気をつける病気。予防・対策

    スマホ依存症に要注意! 長時間の使用が親子にもたらす健康被害とは

    スマホは手軽で便利なツールではあるものの、使い過ぎによる健康被害が気になります。子どもをスマホ依存症から守るためには、大人である私たちがスマホと上手に付き合う方法を理解し、子どもたちの模範となる必要があるでしょう。

  6. 身体のこれから

    病気になると体臭が変わる? 知っておきたい体臭と病気の関係

    病気になると、体内の代謝に変化が生じ、ニオイの原因となる物質が生成されたり増えたりすることがあります。体臭が気になる場合は原因を考え、生活習慣の改善や医療機関受診のきっかけとしましょう。

  7. 身体のこれから

    50代からの肥満は病気の原因!注意すべきことは?

    肥満による健康へのリスクは年齢を問わず気をつけるべきです。しかし、老後は体の機能や体力などが人によって差が大きいため、同じ肥満であっても一概に痩せるべきとは言えません。ただし、比較的まだ若い年齢層であれば、減量による健康効果はあるかもしれないので、ご自身の状態を見て判断することが大事です。

  8. 50代から気をつける病気。予防・対策

    肺気腫は治らない? タバコとの関係と予防に向けた対策

    肺気腫は治癒しない病気ではありますが、早期に治療すれば症状を緩和できます。少しでも長く健康に過ごすため、現在タバコを吸っている人は禁煙するようにしましょう。難しければ、禁煙外来を利用するのも1つの方法です。

  9. 身体のこれから

    高血圧予防にも!減塩には「お酢」を使いましょう

    年齢が変化すれば、体の状態もそれに合わせて変化していきます。調理の仕方を変えたり、食が進みやすいものにするなど、ご自身にあった方法を工夫してみてください。

  10. 50代から気をつける病気。予防・対策

    50代以降のシニアを襲う怖い病気 帯状疱疹に要注意!

    帯状疱疹は、80歳までに3人に1人がかかるといわれる感染症で、年齢が高くなるほどかかりやすく、重症化する傾向にあります。帯状疱疹の予防には、ワクチンの接種が非常に有効です。同時に疲れやストレスを溜めない生活を心がけ、帯状疱疹になりにくいからだづくりを目指しましょう。

  11. 50代から気をつける病気。予防・対策

    加齢にともなう膝の痛み もしかして「変形性膝関節症」かも?

    「朝起きると膝に違和感がある」「動くと膝が痛む」。このような症状は、変形性膝関節症の初期症状かもしれません。いつまでも自分の足で歩き続けるために普段から膝に負担のかからない生活を意識するとともに、わずかな体調の変化に敏感であってほしいと思います。

  12. 身体のこれから

    いつまでも元気でいたい!毎日の調理方法を見直してみましょう

    年齢が変化すれば、体の状態もそれに合わせて変化していきます。調理の仕方を変えたり、食が進みやすいものにするなど、ご自身にあった方法を工夫してみてください。

  13. 身体のこれから

    「一日3食」は歳を取っても食べなくてはいけないの?

    体に良い食事やバランスのとれた食事など、いろいろなところで言われていますが、万人におすすめの食事があるわけではありません。それぞれの体の状態を考慮して体に合わせた食事をとるように心がけましょう。

  14. 50代から気をつける病気。予防・対策

    積極的に取り組みたい骨粗鬆症予防 いつまでも自分の足で歩ける元気なシニアライフを目指そう

    骨粗鬆症の危険因子には、年齢や性別など避けることができないものもありますが、食生活など生活習慣の見直しで取り除くことができるものもあります。骨粗鬆症を予防するためには、リスクをできるだけ取り除くことが大切です。

  15. 身体のこれから

    くり返すめまい・耳鳴り もしかして「メニエール病」かもしれません

    めまいを起こす病気はいくつかありますが、そのひとつが「メニエール病」です。仕事・家事・育児と多忙な年代に多い病気で、ストレスが深く関係する病気であるため、日頃から十分な休息を心がけ、あれもこれもと頑張りすぎないようにしましょう。

  16. 身体のこれから

    50歳を過ぎたら糖尿病に注意!おすすめの食材は?

    糖尿病にならないためには、必要以上のカロリーを取りすぎない、バランスのとれた食事をとる、規則正しく3食食べることに加えて早食いにならないようにゆっくり食べたり、腹八分を心がけたりすることも大切です。日頃から意識しておきましょう。

  17. 50代から気をつける病気。予防・対策

    誰もがかかる白内障 老後のために今からできる予防法とは

    白内障は、日本人の50代の3~5割強、80代のほぼ100%が患っていると言われるほど有病率の高い病気です。「高齢になったら白内障を避けては通れない」と考えて、予防や早期発見・早期治療を心がけることが大切です。

  18. 身体のこれから

    長野県は長寿No.1!その秘訣とは?

    全国的に長寿県として知られている長野県では、健康で長生きするためにさまざまな取り組みが行われています。生活習慣、社会とのつながり、周産期医療の充実など、個人の努力だけではなく、社会とのつながりや多くの人の支えが重要です。

  19. 身体のこれから

    できることなら長生きしたい!100歳まで生きる秘訣とは?

    長寿の方を見てみると、生活習慣病にならないことや、筋力を低下させないことなどが大切であることがわかります。毎日の生活を大切にして、元気な100歳を目指しましょう。

  20. 身体のこれから

    風邪薬で眠くなるのは困る! 休めない方のための薬の選び方

    市販の風邪薬に含まれる成分のうち、鼻水などに効果が期待できる抗ヒスタミン剤は、眠気の副作用を起こしやすい成分です。症状が長引く場合・高熱がある場合は医療機関の受診をし、眠気が出ると困る場合には、受診時に医師に伝えましょう。