【特集】50代から気をつける病気。予防・対策

年齢の高い人ほど要注意! 胃がんの発生リスクを高めるピロリ菌

身体のこれから

ピロリ菌が関与する病気やその症状について説明し、ピロリ菌の除菌方法、そして除菌後の注意点などについて解説します。

【執筆者】中西 真理

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、胃の粘膜で生息する細菌の一種です。衛生環境の変化にともない、近年日本ではピロリ菌に感染する人の割合は徐々に減りつつあります。しかし、国立国際医療研究センター病院のウェブサイト(※1)によると、「日本人の約 50%がピロリ菌に感染」しており、「高齢者ほど感染率が高い」とされています。

ピロリ菌に感染するのは抵抗力の弱い幼児期がほとんどで、大人になってから感染する可能性は低いとされています。また、ピロリ菌の感染経路は明らかになっていませんが、ピロリ菌に汚染された飲食物が口から入ることで感染するという説が有力です。そして、ピロリ菌に感染している大人から幼児への家庭内感染(ピロリ菌に感染している大人が幼児に口移しで食べ物を与える、など)も疑われています。

ピロリ菌に感染すると、ほとんどのケースで慢性胃炎を発症します。慢性胃炎になっても症状が現れない場合もありますが、放置すると胃潰瘍や十二指腸潰瘍、さらには胃がんを発症することもあります。

そこで今回は、ピロリ菌が関与する病気やその症状について説明し、ピロリ菌の除菌方法、そして除菌後の注意点などについて解説します。

ピロリ菌は、胃の病気だけではなく血液の病気などの原因にもなります

ピロリ菌に感染しても、初期はほとんど症状がありません。しかし、ピロリ菌が作り出す酵素やたんぱく質の影響で、胃の粘膜や細胞が傷つけられます。また、ピロリ菌から胃を守るための免疫反応によって、胃の粘膜に炎症が生じます。

ピロリ菌の感染範囲は徐々に広がり、最終的には胃全体に広がって「慢性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)」になります。そして慢性胃炎から胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった胃腸の病気のほか、血液の病気やがんなどに至ることがあります。 また、慢性胃炎が長く続くと胃の粘膜が薄くなる「萎縮性胃炎」となり、その後胃がんになることもあります。

ピロリ菌と関連が深いとされている病気とその症状

病名

症状

慢性胃炎
(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)

胃の粘膜に炎症が起きている状態。自覚症状がないこともある。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の粘膜が傷つき、えぐられている状態。みぞおちの痛みや吐き気、胸焼けを感じることがある。

胃MALTリンパ腫

胃粘膜にあるリンパ組織に発生する腫瘍。自覚症状はほとんどない。

機能性胃腸症

これといった異常がないにもかかわらず、胃もたれや吐き気、胸焼けなどの症状が3カ月以上続く。

胃ポリープ

胃粘膜の一部が増殖してできる良性のコブのようなもの。自覚症状はほとんどない。

特発性血小板減少性紫斑病

血小板が減る病気。出血しやすく、血が止まりにくい。ピロリ菌の除菌によって血小板が増える人が大半(※1)。

萎縮性胃炎

胃粘膜が薄くやせてしまう病気。胃酸の分泌量が減るため、食欲不振や胃もたれなどが生じることがある。

胃がん

初期は症状がほとんどない。進行すると体重減少や吐血・下血することがある。ピロリ菌だけではなく、食生活や喫煙習慣などとの関係も示唆されている。

ピロリ菌は1週間で除菌できます

胃腸の症状や病歴などからピロリ菌感染が疑われる場合は、感染の有無を調べる検査を行います。検査は内視鏡(胃カメラ)を使う方法のほか、呼気・血液・尿・便を調べる方法などがあります。どの検査を行うかは医療機関の方針により異なるので、事前に確認しておくと良いでしょう。

ピロリ菌への感染が確認されたら、飲み薬でピロリ菌の除菌を行います。除菌治療では、抗生物質を2種類と、胃酸の分泌量をおさえる薬1種類を1週間飲み続けます。抗生物質はペニシリン系薬剤を使用するので、アレルギー歴のある方は事前に医師と相談が必要です。なお、ペニシリンアレルギーがあっても、系統の違う抗生物質を使えば除菌することができます。

最初の治療(1次除菌)で80~90%の人が除菌に成功するとされています(※1)。1次除菌に失敗しても、薬を変更して2次除菌を実施すれば、ほとんどの場合でピロリ菌を除菌することができます。除菌に成功すれば、再感染はほとんどありません。

ごくまれに「再発」とされるものもありますが、そのほとんどは除菌失敗例と考えられています。自己判断で薬の服用を中断したり、飲み忘れたりすると除菌に失敗することがあります。また、薬に対する抵抗力の強いピロリ菌があらわれる可能性もあります。

さらに、除菌治療後に、自己判断で以前処方されていた薬(胃酸の分泌量を抑える薬など)を服用すると、除菌の成功を判断する検査で偽陰性(除菌できていないのにピロリ菌の反応が出ないこと)を示すことがあります。副作用などが生じて薬の継続が困難な場合や、治療後に体調変化がある場合などは、医師や薬剤師に相談して指示を仰ぎましょう。

ピロリ菌の除菌治療中に生じうる副作用

副作用の内容

対処方法

便が軟らかくなる
軽い下痢が生じる
味覚異常が起こる

服用を継続しつつ、様子をみる。症状がひどくなる場合は、医師や薬剤師に相談する。

湿疹やかゆみが生じる
発熱する
呼吸が苦しくなる
激しい腹痛や出血をともなう下痢の症状が出る、など

重篤な副作用の初期症状の可能性があるので、直ちに受診して主治医の診察を受ける。

ピロリ菌の除菌後も定期的な検診を受けましょう

ピロリ菌を除菌すると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の再発率は格段に低くなります。また、胃がんの再発率も、除菌をしない場合に比べて1/3程度におさえることができます。しかし、ピロリ菌を除菌しても、胃の粘膜の炎症や萎縮した粘膜の状態がすぐに良くなるわけではありません。また、除菌前にすでに発生していたごく小さながんが、除菌後に大きくなる可能性も否定できません。

実際、ピロリ菌感染歴のある人がピロリ菌を除菌しても、感染歴のない人に比べて胃がん発症リスクが高いことが知られています。特に発がんリスクの高い萎縮性胃炎があるといわれた人は、除菌後も定期的に検査を受けることが大切です。定期的に検査を受けていれば、万が一胃がんになっても早期発見・早期治療を行うことができます。

ピロリ菌感染症は、除菌後も長期にわたり経過観察が必要な病気です。除菌で胃がんなどのリスクを減らすだけではなく、その後も胃の状態を定期的に確認するようにしましょう。

参考サイト
(※1) 国立国際医療研究センター病院 ピロリ菌外来 説明文書・同意書
http://www.hosp.ncgm.go.jp/outpatient/090/pylori.pdf

執筆者

中西 真理

公立大学薬学部卒。薬学修士。

医薬品卸にて一般の方や医療従事者向けの情報作成に従事。その後、調剤薬局に勤務。現在は、フリーライターとして主に病気や薬に関する記事を執筆。