50代から始めたい!たるみ改善のためのケア方法

身体のこれから

毎日ちょっとずつ取り入れられる「たるみ改善」のポイントとスキンケア法を紹介します。

「ほうれい線が目立つ」「頬の位置が下がってきた」「縦に広がった毛穴がある」。そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。これらのお悩みは年齢とともに起きやすくなる肌のたるみが原因になっていると考えられます。 また、たるみ対策は今までと同じスキンケア方法で大丈夫なのかと気になる人も多いことでしょう。そこで今回は、たるみの原因とその対策の基本とともに、毎日ちょっとずつ取り入れられる「たるみ改善」のポイントとスキンケア法を紹介します。

たるみの原因とは?

肌はなぜたるんでしまうのでしょう? 肌は表面から表皮、真皮、皮下組織の大きく3つの部位で構成されています。表皮は一番外側にある部分で、細胞が生まれ変わり上に押し上げられ、角質となっていくことが知られています。

さて、たるみの原因はどこに隠されているのでしょう。それは、表皮の下にある真皮にあります。肌のハリはコラーゲン、弾力はエラスチンという繊維がもたらしています。これら2つの量が少なくなったり、機能が低下したりしてしまうと肌は弾力を失い、たるみの元となってしまいます。そのため、コラーゲンとエラスチンのバランスを保つことはたるみの改善に欠かせません。
また弾力は、筋力の衰え、乾燥や紫外線によっても加速してしまいます。特に乾燥が進むとバリア機能が低下してしまい、肌がダメージを受けやすくなるので注意が必要です。また、紫外線の中でもUV-AはUV-Bに比べて波長が長いため、肌の奥まで到達してシワやたるみの原因をつくります。この現象は「光老化」と呼ばれ、症状は長年にわたり紫外線を浴び続けたダメージの蓄積から現れます。蓄積は乳幼児期からじわじわと始まっており、30代になるとほとんどの人に現われます。

たるみ対策に必要なスキンケア

たるみの原因のひとつである「年齢」はどうしても巻き戻すことができません。でも、スキンケアは毎日の積み重ねで今からでも始めることができます。たるみ対策専用の化粧品を使ったスキンケアも大切ですが、基本的な保湿やUV対策を見直すことで肌の土台づくりにつながります。

また、たるみを改善するためのスキンケアの第一歩に化粧水選びは欠かせません。肌をみずみずしく保つための「保水」を行うことで、次の「保湿」が行いやすくなるためです。
そのため、化粧水を選ぶ際にはたるみに特化したものを選ぶことはもちろん、保水をしっかりと行えるかどうかにも着目しましょう。

美容液やクリームもたるみの改善には大切な要素です。こちらも化粧水同様でピンポイントにたるみやハリを与えるタイプを選ぶか、保湿に特化したものを選びましょう。コラーゲンやエラスチン配合のクリームはハリを与える作用、ヒアルロン酸には保湿作用があります。どれを選んで良いか分からないという方は、保湿を重視したクリームで構いません。

また、目元のたるみが進んでしまうと、まぶたが重くなり目を覆ってしまうことにもつながります。これでは目が小さく見えてしまい、美容面でもマイナスとなってしまいます。目元のたるみの改善には、目元専用クリームやアイクリームを使用するようにしましょう。

実際に触ると分かるとおり、目元は頬など顔の他の部位と比べて皮膚が薄く、摩擦や乾燥、まばたきによりダメージを受けやすい部分のひとつです。「ケアが面倒」「専用クリームが割高」と、お手入れを続けられるか心配という人もいると思いますが、頬などの他の皮膚と違うことを理解して追加ケアすることをおすすめします。
そして、忘れてはならないのがUVケアです。UVケアは日焼けやシミを防ぐ役割だけではなく「光老化」の対策としても必要です。特に、UVAを抑える作用のある SPFの横に+(プラス)がついているかどうかをチェックしましょう。例えば、SPF50++++であれば、+の数だけUVAを抑えるチカラが強いことになります。通常の日本の化粧品であれば心配ありませんが、海外製品の中にはUVA対策の基準が甘いものもあるため注意が必要です。
さらに、UVAは冬でも降り注いでいるため、1年中のUVケアが必要です。窓ガラスもすり抜けるので、季節を問わず、自宅で家事を行う時にもケアすることが非常に大切です。たるみ対策のUVケアは、単なる日焼け対策のUVケアだけではなく「光老化」の元となるUVAに着目する必要があります。

簡単マッサージ&エクササイズでたるみ改善

年齢を重ねることで感じやすくなる筋力の衰えはからだだけではありません。顔の筋肉にも影響があらわれ、たるみの元となってしまいます。健康づくりには定期的な運動が欠かせませんが、顔の運動を行っている人は実際少ないのではないでしょうか。そこで実践したいのが、顔の筋肉を動かすエクササイズです。お風呂上がりなどのリラックスタイムに手軽に行えるエクササイズを続けることで、マイナス5歳肌を目指してみませんか。

気になるたるみに! 簡単3ステップのエクササイズ

  1. 左右の耳たぶ、耳の後ろ、耳、耳の周りをよくもみほぐす
  2. 「イ」「オ」の時の口の形を10回
  3. 唇を閉じてグルグルと5回まわす、反対回りも同様に

エクササイズはお風呂上がりなど、夜のスキンケアが終わった後がオススメです。余裕がある人は朝晩2回行うと効果がさらにアップします。
それぞれ簡単な動きですが、1.で耳の周りの筋肉と頭皮と後頭部の筋肉をほぐしてたるみを改善します。2.では、口の周りの筋肉を鍛えてたるみによるほうれい線の対策に。3.では頬の筋肉を引き上げ、縦に広がった毛穴と頬全体を引き締め、たるみ改善に働きかけます。

まとめ

50代以降に感じる肌のたるみには個人差がありますが、年々気になってしまうものです。たるみ改善のためには、外側(スキンケア)からのケアだけでなく、内側(エクササイズ)も行うことで効果がアップします。また、たるむ前に予防という意識を持って早めのケアも大切です。まだまだ大丈夫という方も、すでに気になっているという方もたるみ改善のためのスキンケアをしっかり行い、いつまでも若々しい肌を目指しましょう。
きょうからたるみを改善するための簡単ケアを、さっそく取り入れてみませんか。