シニア世代のためのリフォーム資金調達法シニア世代のためのリフォーム資金調達法

リフォームが、こんな思いを実現してくれます!!

孫や友達がたくさん集まる家で、にぎやかに楽しく過ごしたい!趣味など、好きなモノに囲まれた暮らしがしたい!一年中健康で、穏やかにゆったりと過ごしたい!

でも、将来には心配もいろいろありますよね…

突然の病気や怪我に、備えは必要だし…長生きするのはうれしいけど、お金が心配…親の介護もあるかもしれない…

安心してリフォームしたい、そんなお客様におすすめしたいのが「MCJご自宅活用ローン“家の恩返し”」

まずご自宅の査定からはじめませんか?こちらからお気軽にご相談ください →

STEP.2 忘れずに「保険会社への連絡」「罹災証明の準備」

日本住宅ローン株式会社(MCJ)の「MCJご自宅活用ローン“家の恩返し”」は、満60歳以上のお客様にオススメのローン商品です。住友林業ホームテックは、MCJと提携し、不動産を担保に資金調達できる“家の恩返し”の取り扱いを開始し、将来の不安を和らげながらリフォームをお手伝いできることになりました。

①“家の恩返し”のメリット

  1. メリット1:月々の負担は金利相当分※1のみ

    月々の負担は金利相当分のみ、年金収入のみの方でも安心してご利用いただけます!

    ※1.分割払手数料を指します。

  2. メリット2:リフォーム資金を一生涯借入れ可能

    借入金のお支払いは申込人様全員がお亡くなりになるまで不要!

  3. メリット3:元金は手元預金か担保物件の売却で完済

    ご相続人は手元預金で借入金を完済することで、自宅を引き継ぐことが可能! 担保物件の売却による借入金の完済も可能です。

②“家の恩返し”の仕組み

ご自宅を担保に融資→お客さまがお亡くなりになられたときに、預貯金・保険・ご自宅売却金などで元金をお支払いご自宅を担保に融資→お客さまがお亡くなりになられたときに、預貯金・保険・ご自宅売却金などで元金をお支払い

③お支払いシミュレーション

たとえば、このようなリフォームをお考えの方は・・・

リフォーム工事費用:約1,000万円
リフォーム費用全額を“家の恩返し”で借入れした場合リフォーム費用全額を“家の恩返し”で借入れした場合

月々8,400円で、理想の暮らしを実現!!月々8,400円で、理想の暮らしを実現!!

【試算条件】

満60歳以上の方
リフォーム工事費1,000万円、担保評価額2,000万円(住宅・土地)
金利1.0%で担保評価額の50%を上限とした場合、
◎融資額:1,000万円 ◎毎月のローン支払額(金利相当分のみ):8,333円/月

【融資限度額算出条件】

リフォーム工事費を最大限度額として、土地・建物の担保評価額の1/2または、
上限1,500万円までのどちらか低い金額をお借入れいただけます。

  • 担保評価額2,000万円(住宅・土地)の場合
    担保評価額2,000万円×1/2(50%)=融資限度額1,000万円
  • ローン申込に際して所定の審査を行います。審査結果によってはご希望に添えない場合があります。

④“家の恩返し”金利引下げキャンペーン

通常金利 年2.00%が、2019年3月31日までにお申込みの方に限り、キャンペーン特別金利 年1.00%。2019年3月31日まで通常金利 年2.00%が、2019年3月31日までにお申込みの方に限り、キャンペーン特別金利 年1.00%。2019年3月31日まで

お申込み期限:

2019年3月31日(日)まで

上記期間中に「お申込み」いただいたお客様が対象です。
期限内にお申込みいただくと、お借入れが2019年4月以降でも▲1.00%が適用となります。

対象となるお客様:

キャンペーン実施期間中にお申込みし、日本住宅ローンにて申込受付した案件

(次の全てを満たす方)
  • 資金使途が「リフォーム等資金」であること
  • 日本住宅ローンと加盟店契約を締結した提携会社様のうち、株主関連会社様をご利用の方
  • 2018年7月以前のお申込みは本キャンペーンの対象外ですので、ご注意ください。
  • 申込みには、事前にリフォーム会社によるリフォーム見積が必要になりますので、お早めに住友林業ホームテックまでご相談ください。

まずご自宅の査定からはじめませんか?こちらからお気軽にご相談ください →

家の恩返し(リフォーム)個別信用購入あっせん取引条件の表示:

(金利引き下げキャンペーン期間(2018年8月1日~2019年3月31日)にお申込いただいた場合) (2019年3月リフォームローン立替払いの場合) ■提携金融機関/日本住宅ローン株式会社(03-5802-5068・http://www.mc-j.co.jp/) ■リフォームローン金額/下限額:100万円。上限額:次の①~③の最も低い額①リフォーム等資金(リフォーム等の現金販売(提供)価格)の100%、②お申込時の年齢が満50歳以上満60歳未満の場合は担保となる不動産評価額の30%、お申込時の年齢が満60歳以上の場合は担保となる不動産評価額の50%(長期優良住宅の場合は55%)、③1,500万円■支払期間/終身■支払回数/立替払日から死亡日の前日までに到来した分割払手数料の約定支払日の回数+1回■リフォームローン手数料率(変動型分割の手数料率)/年1.000% (実質年率 年0.918%~年12.683%) (試算例)2019年3月5日にリフォームローン立替え払いの場合/消費税込の試算例[リフォーム等の現金提供(販売)価格:1,000万円で、リフォームローン金額:1,000万円となる場合]●リフォームローン手数料率:1.000%●支払期間(回数):30年(360回)●月々返済額(分割支払金)8,333円 ●事務手数料:108,000円●支払総額:約1,311万円●実質年率:年率1.034%(注)リフォームローン手数料率を1.000%、支払期間(回数)を30年(360回)と仮定し、試算をしています。

  • “家の恩返し”についての疑問にお答えします!