おすすめリフォーム設備

キッチン

「食事をつくる場所」から「コミュニケーションの場所」へ

キッチンは住まいの要です。
家族の健康を支える食事を生み出すだけでなく、お子様と、お友だちと、ゆとりのある空間で
わいわい楽しくコミュニケーションを とりながらのお料理なんて素敵ですね。
見た目も美しい、機能的なおすすめキッチンをご紹介します。

最新のトレンド情報

進化したキッチンで、より使いやすく、より便利に

最新のシステムキッチンは、一枚板のカウンターが採用され、見た目にも機能的にもシンプルで使いやすくなっています。 カウンター下の収納は、オールスライドなので、以前のキッチンよりも収納量が大幅にアップし、出し入れにも便利なのが特徴です。
蹴込み部分にも収納できるため、キッチンまわりが
すっきりします。IH、ガスコンロはお掃除がしやすく、
クリーンに保てる工夫が満載。レンジフードも簡単に
お手入れができます。
また、ワークトップも高さが選べて、使いやすさ、お手
入れのしやすさが抜群にアップしています。

システムキッチンのタイプ、レイアウトの多様性

I型タイプ

シンク、コンロ台、調理台などを横一列に並べる、もっとも一般的なキッチンのタイプです。

オープンキッチンタイプ

  • キッチンとダイニングの仕切りがないタイプ。
  • DKが小振りな時にスペースを有効に使える。
  • カップボードがキッチンから遠くなるケースが多いので、動線が長くなる。
  • キッチンが丸見えになる。

対面セミオープンタイプ

  • キッチンとダイニングの間を腰壁等で仕切るタイプ。
  • ダイニングからキッチンがほど良く隠れ、調理中も家族とコミュニケーションがとりやすい。
  • キッチンの動線は短いが、ダイニングと分けるのでオープンキッチンより広さが必要。
  • 複数での調理には狭い。

L型タイプ

シンク、コンロ台、調理台などを壁に沿ってL型に設置するタイプ。

対面セミオープンタイプ

  • 一直線のキッチンをL型に折り曲げた形。
  • 一般にはコンロがLの字の短い方に配置されます。
  • コーナー部分を上手に使うのがポイント。
  • 広い空間でも動線は使いやすいコンパクトなトライアングルとなります。
  • 調理スペースを確保するためには、ある程度の広さが必要。

ペニンシュラタイプ

調理台もしくは調理機器の一部が壁から突き出して設置するタイプです�������

対面オープンタイプ

  • キッチンが壁から半島(ペニンシュラ)のように突き出した形のもの。
  • 天板が広く、複数人で料理したり、ダイニング、収納スペースにしたりと使い方にバリエーションがある。
  • 天板の上が丸見えになり、片付けに気を使う。
  • キッチンそのものが大きいため、広い空間が必要。

アイランドタイプ

調理台もしくは調理機器のをどこの壁にもつけずに設置するタイプです。

対面オープンタイプ

  • キッチンを島(アイランド)のように独立配置し、周囲を歩ける形。
  • 2方向からキッチンにアクセス出来るためペニンシュラより更に多人数で使いやすい。
  • 一番開放的なため、ごみ箱等見せたくないものの収納計画が重要。
  • 一番広い空間が必要。

システムキッチンのおすすめ商品

  • 壁付キッチンI型 クリナップ
  • フラット対面キッチンベニンシュラ型 TOCLAS
  • フラット対面キッチンアイランド型 LIXIL
  • フラット対面キッチンアイランド型 TOTO
  • 壁付キッチンI型 EIDAI

おすすめリフォーム設備の一覧

  • システムキッチン
  • システムバス
  • 洗面化粧台
  • トイレ
  • 収納計画
  • 給湯機・太陽光発電システム

PAGE TOP