住まいと暮らしのお役立ち情報

住まいを長持ちさせるお手入れ術

第3回 お風呂場のお掃除のコツ

常に水気が多く、通気性もあまり良くない浴室は、住まいの中でも
最もカビの発生しやすい場所です。いつも視界に入るバスタブは、
きれいにお掃除している方が多いですが、普段は視界に入らない箇所に、汚れやカビの原因は隠れています。早め早めのお手入れで、いつもピカピカで気持ちいい浴室をめざしましょう。

※本記事では、クエン酸や重曹水でのお掃除を多くご紹介しておりますが、人造大理石へのご利用は、汚れを取る目的のお掃除程度でしたら問題ございません。ただし、長時間放置すると跡が残ることもございます。

※商品の材質によって、使用できない洗剤があります。お使いのメーカーの取り扱い説明書を今一度ご確認ください。

取材協力:NPO法人日本ハウスクリーニング協会

1.換気扇のお掃除方法を教えてください。

Answer 掃除機を使ったお掃除がオススメです。

お掃除のコツ

ホコリが溜まらないうちに、まずは掃除機、その後の「水拭き+乾拭き」で、こまめにお掃除しましょう。

「重曹水」のつくり方 分量 重曹・・・大さじ1杯 ぬるま湯・・・250ml ※重曹は水では溶けにくいので、ぬるま湯を使用すると良いでしょう。火傷にご注意ください。

必ず電源を切り、換気扇に水分が付着している場合は、雑巾などで拭き取ります。

掃除機�������使い、フィルターのホコリを吸い取り、その後、取り扱い説明書を参考に、フィルターを本体から外します。

まず、本体内部のホコリを、歯ブラシ等でかき出し、
つぎに、掃除機で吸い取ります。
ファン内部以外の側面の汚れは、重曹水をつけた雑巾で拭き取り、水拭きした後に乾拭きで仕上げましょう。

取り外した換気扇フィルターの汚れは、重曹水をつけた雑巾で拭き取ります。

2.排水口のヌメリや臭いを防止する方法を教えてください。

Answer 重曹+クエン酸水を使ったお掃除がオススメです。

お掃除のコツ

重曹とクエン酸が反応して発砲する泡が、
汚れをきれいに落としてくれます。

重曹1カップを排水口に振りかけた後に、クエン酸水1カップを注ぎ込みます。
(※その際に発生した泡が汚れに付着してお掃除をより効果的にしてくれます。)

30分〜2時間ほど置いておきます。
一晩置いておくと、より効果的です。

シャワーのお湯で、重曹が残らないようしっかりと洗い流します。

繰り返し使える!「クエン酸水スプレー」のつくり方
かんたん♪ ぱぱっとできるついでお掃除術

使ったあとの"ついで掃除"で浴室をきれいに保ちましょう。

水気が多い浴室は、カビが発生しやすい場所。
使った後の簡単お掃除と、乾燥させることを意識して
いつもきれいに保ちましょう。

その1 シャワーで流す

入浴の後は、すぐにシャワーの冷水で浴室全体を水で流しましょう。
また時間のあるときには、特にカビの発生しやすい床上10㎝を、お風呂専用のモップで軽く洗うか、もしくはスポンジとクエン酸水でこすり洗いをしましょう。
その後のお掃除がラクになります。

※入浴後は、蒸気と湿度によってカビが発生しやすい環境にあります。
冷水をかけて浴室全体の室温を下げることは、カビの繁殖を抑えるのに大変効果的です。

その2 便器の中をこする

カビの発生原因は、水気と通気性の悪さに加えて、洗剤の流しあとや汚れによるものです。
濡れた浴室を乾いた雑巾で拭き、
換気扇を回して浴室内を乾燥させることを心がけましょう。
スクイージーなどで壁や床の水分をきることもおすすめです。

1.洗面器など、浴室小物にこびり付いた汚れを取る方法を教えてください。

Answer クエン酸水スプレーと、重曹を使ったこすり洗いがオススメです。

お掃除のコツ

取り除きにくいガンコ汚れは、プラスチックカードを使ったこそげ落としを。

洗面器やイスなど、掃除したい浴室小物全体にクエン酸水をスプレーして、5分程放置。

スポンジに重曹をつけてこすり洗いをします。
(※取り除きにくい汚れは、不要になったプラスチックカードでのこそげ落としを)

最後に、シャワーで水洗いして、しっかりと乾燥させましょう。

2.浴室の鏡や蛇口の水あかを取り除く方法を教えてください。

Answer 鏡に付いた白っぽい汚れ(シャンプーや石けんのカス、水あかなどの汚れ)は、クエン酸水を使って落としましょう。

お掃除のコツ

クエン酸水とラップを使った、湿布法がオススメです。

鏡または蛇口を軽くシャワーで洗い流した後、クエン酸水をスプレー。その上からラップを張りつけ湿布します。(2〜3時間が目安)

ラップをはがします。汚れが残っている部分は、さらに、クエン酸水をスプレーして布で拭き取っていきます。

最後に、汚れをシャワーで洗い流し、乾拭きで仕上げましょう。

かんたん♪ ぱぱっとできるついでお掃除術

使った後の "ついでお掃除" で浴室小物をキレイに保ちましょう。

浴室の蛇口や鏡は、水あか汚れなどがもっとも目立つ場所。
入浴後、飛び散った石けんや水を洗い流すことで、
カビの発生や水あかの原因を軽減できます。

その1 シャワーで流す

蛇口や鏡も、シャワーの冷水をかけて冷やしましょう。
気になる汚れがあれば、スポンジで軽くこすり洗いをしましょう。

その2 水分をためない

乾いたタオルで水分を拭き取りましょう。
鏡はスクイージーなどを使うこともおすすめです。
また、水分をためないことも大切です。
特にバスチェアや洗面器は逆さにしておくなどして、水気を切りましょう。

1.天井の汚れや、目地のカビを
取り除く方法を教えてください。

Answer 天井はモップ雑巾で、目地のカビは漂白剤を活用しましょう。

お掃除のコツ

目地のガンコなカビには、トイレットペーパーを活用した湿布法がオススメです。

普段、手の届きにくい浴室の天井の汚れは、
重曹水をつけたモップ雑巾で拭き取ります。
その後、雑巾を替えて乾拭きを。

目地のカビ汚れには、
市販のカビ取り漂白剤を散布した後、
漂白剤を染み込ませたトイレットペーパーを湿布します。

30分〜1時間程置いた後、シャワーで洗い流しましょう。

記事一覧へ戻る

PAGE TOP