住まいと暮らしのお役立ち情報

住まいを長持ちさせるお手入れ術

第1回 キッチンまわりのお掃除のコツ

「ついた汚れはすぐに落とす」
これが、使用頻度の高いトイレと洗面所をきれいに保つ
ポイントです。ついつい後回しにしがちなあなたも、
こまめなお手入れの習慣を身につけましょう。

※本記事では、クエン酸や重曹水でのお掃除を多くご紹介しておりますが、 人造大理石へのご利用は、汚れを取る目的のお掃除程度でしたら問題ございません。 ただし、長時間放置すると跡が残ることもございます。

※便器の表面処理によって、使用できない洗剤があります。 お使いのメーカーの取り扱い説明書を今一度ご確認ください。

取材協力:NPO法人日本ハウスクリーニング協会

1.便器のふち裏についてしまった尿石の汚れをきれいにする方法を教えてください。

Answer 酸性洗剤を散布し、トイレットペーパーを貼り付け、しばらく置いてから汚れを落としましょう。

お掃除のコツ

便器のふち裏のお掃除には、ヘッド部分が小さく柄の短いナイロン素材のブラシがオススメです。

トイレ内に発生する汚れは、尿石が多いと言われています。 尿石や水あかなどのアルカリ性の汚れには、酸性洗剤が効果的です。

まず、ふち裏周りに酸性洗剤を散布し、その上にトイレットペーパーを貼り付けていきます。

さらに、その上から酸性洗剤を散布。
しばらく置いて汚れが落ちてくるのを待ちましょう。

その後は、トイレの水を流して便器内をよくすすぎます。

※便器の表面処理によって使用できない洗剤があります。お使いのメーカーの取り扱い説明書を今一度ご確認ください。

※酸性洗剤を使用される場合には、十分な換気のもと、肌に直接触れることのないようにゴム手袋、マスク、メガネなどを装着して取り扱いましょう。

2.トイレ室内の臭いが気になります…。臭いを防ぐ方法を教えてください。

Answer 臭いの原因となる箇所は、便器と床の「つなぎ目」と「壁」であることが多い。

お掃除のコツ

クエン酸水を活用して、臭いの原因をしっかり取り除きましょう。

便器と床の「つなぎ目」は、知らず知らずの内に汚れが溜まり、臭いの原因になりやすい箇所です。

まず、クエン酸水をスプレーした後、歯ブラシを使い汚れをしっかりと搔き出しましょう。

また便器の横側の「壁」は、尿が飛び散っている場合が多いので、クエン酸を染み込ませた雑巾などで、ぽんぽんとたたくように拭き取っていきましょう。

3.洗浄ノズルの簡単なお掃除方法を教えてください。

Answer クエン酸水を使ったお掃除がオススメです。

お掃除のコツ

軽い汚れは、トイレットペーパーで、取りづらい汚れは歯ブラシを使って落としましょう。

まずは、取り扱い説明書で確認しノズルを引き出します。

そして、全体にまんべんなくクエン酸水をスプレーした後、ゴム手袋をはめ、ノズルをしっかりと下で支えながら多めに切り取ったトイレットペーパーで汚れを拭き取りましょう。

落ちにくい汚れは、ノズルをしっかりと支えながら、小さめの掃除用ブラシなどで細かく汚れを落としていきましょう。

最後は、トイレットペーパーで水拭きして完了です。

かんたん♪ ぱぱっとできるついでお掃除術

使ったあとの"ついで掃除"でトイレをきれいに保ちましょう。

一日に何度も使うトイレは、お住まいの中でも汚れやすい場所。使った後、そのままお掃除することで、黄ばみなどの汚れを防ぎましょう。

その1 床のホコリを取る

トイレの床は、ホコリやゴミが溜まりがちです。
トイレットペーパーを使い、サッと拭き取りましょう。

その2 便器の中をこする

使用後に汚れがついたら、その場で便器内をこすります。
ついたばかりの汚れは、洗剤を付けなくてもブラシだけでOK。

その3 便器の外を拭く

汚れがつきやすい便座の裏や、便器のふちはクエン酸水をスプレーし、
トイレットペーパーで拭き掃除すると臭い防止になります。

1.洗面所の鏡をきれいに保つ方法を教えてください。

Answer 「水拭き+乾拭き」が基本です。こまめに水分を拭き取るだけでも汚れの防止になります。

お掃除のコツ

気になる汚れには、クエン酸水とエタノールを使い分けてしっかりお掃除を。

普段の汚れは、水拭きした後の乾拭きお掃除で十分です。

しかし、気になる水あか汚れにはクエン酸水が効果的。
クエン酸水をスプレーした後に掃除クロスなどで乾拭きしましょう。

また、化粧品などの油膜汚れにはエタノールを活用しましょう。
エタノールをスプレーして汚れを浮かせた後に、しっかりと乾拭きして仕上げましょう。

2.洗面ボウルに付着した水あか汚れを取り除く方法を教えてください。

Answer 重曹とクエン酸を使い分けて水あかを除去しましょう。

お掃除のコツ

気になる汚れには、クエン酸水とエタノールを使い分けてしっかりお掃除を。

まずは、洗面ボウル全体に水をかけ、重曹を付けたスポンジでこすって汚れを落としていきます。

ひどい汚れには、重曹を付けたスポンジにさらにクエン酸水をかけ、丁寧にこすって汚れを落としていきましょう。

水位穴は、水で湿らせた歯ブラシに重曹を少量付けてしっかりとこすって汚れを落とします。

また、排水口まわりや排水金具のすき間もスポンジや歯ブラシでこすり、どろどろした汚れをきれいに取り除くようにしましょう。

3.排水口の臭いの防止方法を教えてください。

Answer 温めたクエン酸水と重曹で臭いを防止しましょう。

お掃除のコツ

月に一度の本格お掃除を習慣に。

まずは、排水口の金具など取り外せるものは取り外してしっかりとこすり洗いをします。

そして、重曹をたっぷり排水口に振りかけ、その上から40℃前後のお湯でといたクエン酸水を流し込みます。(お湯200mlに対しクエン酸大さじ1杯が目安です)

30分以上放置したら50~60℃くらいの熱めのお湯で洗い流します。

月に一度の本格お掃除で排水口の嫌な臭いをしっかりと防止しましょう。

※お湯を使用する際は、火傷に十分気をつけましょう。

かんたん♪ ぱぱっとできるついでお掃除術

使った後の "ついでお掃除" で洗面所をキレイに保ちましょう。

手洗いや歯磨きで頻繁に使う洗面所は、
カビや水あかが気になる場所。
使った後のひと拭きで、いつでもきれいに保ちましょう。

その1 ボウルをこすり洗い

使用したら、スポンジでサッとこすり洗いを。
洗面ボウルのまわりの水滴を雑巾で拭き取るだけでも、
その後のお掃除がラクになります。

その2 蛇口の乾拭き

蛇口まわりを掃除クロスで拭くだけでも、
ピカピカになって、全体の印象はぐっと変わります。
鏡もいっしょに「水拭き+乾拭き」を。

記事一覧へ戻る

PAGE TOP