住友林業ホームテック【木の家 住まい術】

木の家 住まい術

ペットと楽しく暮らす家

ペットの種別、個性を把握して  ペットを室内で飼っているお客様のリフォームでは「ペットにも居心地の良い家にしてあげたい」とみなさんおっしゃいます。どのお宅でもペットは家族の一員、「ペットと楽しく暮らす家」は「家族みんなが楽しい家」なのです。効率的な家事動線が暮らしを楽にするように、ペットが過ごす場所を明確にし、ケアやしつけがしやすい動線から、楽しい暮らしのプランは始まります。

 たとえば、光と風が通る気持ちの良い空間は、人にもペットにも快適です。家族が集まるリビングダイニングにペットケージを置いているお宅が多いのですが、来客時にニオイが気になるというご相談をよくいただきます。そんな時はリビングダイニングを風通し良くニオイがこもらないようにし、補助的に消臭効果の高い壁材を使うことをおすすめしています。ケージを造り付けにしたり、ペット用品や散歩グッズなどの収納を動線に合わせて作っておくと、リビングダイニングがすっきりして、毎日の散歩やケアもスムーズになります。

 ペットの快適という点では、滑りにくい床材選びがとても大切です。特に犬の場合、滑る床は体への負担が大きく、転倒から脱臼や骨折にもつながりかねません。骨や関節に病気を抱えやすい犬種ではなおさらです。その上でよだれが多い、かじり癖がある、トイレの失敗が多いといった犬種の個性や個体差を考え、床材を決めたいもの。冷たさを感じない床材、夏涼しい床材、水や汚れに強い床材など、いくつかの床材を合わせて使うこともおすすめです。加えて、犬も猫も長寿の時代、段差をなくしたり階段の段差を小さくするといったバリアフリー化も考慮すると良いと思います。バリアフリーは、人と犬の両方にとって安心です。

 ペット向けの情報があふれていて迷うという声もよく耳にします。人気のペット用ドアやキャットウォークも用意してあげたくなりますが、警戒心の強い性格だと使ってくれないこともあり、事前にペットの個性を確かめてから決めると良いと思います。

 家族みんなが楽しい家は、ご家族ごとに違います。ご家庭に合ったリフォームを住友林業ホームテックがお手伝いいたします。

ペットと楽しく暮らす家

人に快適な空間は、ペットにも快適

CASE1 F邸 「人もペットも心地良い空間にしたい」というご要望から、犬1匹、猫3匹のペットたちが過ごす1階の床をペット対応の「ハイパーフロア シストS+ワン」に。床の傷みが気にならなくなったそうです。

滑らず、汚れにくい床材

CASE2 A邸 リフォームを機に、玄関にいちばん近い居心地の良い部屋を専用のドッグスペースにしました。玄関からそのまま出入りできる間取りにして、床は木からペット対応のテラコッタタイルに。散歩から戻った時の移動がスムーズで、とても便利とのことです。/CASE3 S邸 「4匹の犬が住みやすいように」というご要望だったS邸。ひなたぼっこの好きな犬たちがバルコニーに出やすいよう、窓の一部を上げ下げ窓に。テラコッタタイルとウッドデッキですっきり仕上げたバルコニーは、犬たちの格好の遊び場になりました。

湿気を抑えニオイを軽減する壁材

CASE4 M邸 通り土間を活かして薪ストーブを置き、2匹の犬と過ごす場にしたいというご要望から、土間の防湿性を高め、床を土足用タイル張りにしたダイニングキッチンに。式台の下に犬のベッドスペースを設け、人の気配を感じながらのびのび過ごせるようにしました。/CASE5 Y邸 「ペットの小型犬と一緒にくつろげる明るくて快適なLDKにしたい」。このご要望にお応えするために、LDKの壁面に収納と犬のケージを造作しました。ペット用品もすっきり片付き、家族の近くなのでワンちゃんも安心してケージに入ってくれるそうです。

あればラクなシャンプー用設備