住友林業ホームテック【活かす技残す知恵】

活かす技残す知恵

いくら暖房しても寒い部屋、そういえば、冷房が効かなかった夏。── 断熱は充分ですか?

冬は1階の居間が底冷えする、夏は2階の暑さがひどい、というお客様の声を聞くことがあります。
「夏をむねとして」建てられることが多かった日本の家には、「家まるごと断熱」がおすすめです。

断熱基準は昭和55年から。それ以前の家には断熱材が入っていない!?

木造住宅の断熱性能に関する基準(省エネルギー基準)が制定されたのは昭和55(1980)年。このとき初めて壁、床、天井に入れる断熱材の素材と厚みに関する基準がつくられました。それ以前に建てられた家には、断熱材がまったく入っていないこともあります。省エネルギー基準はその後、平成4年と平成11年に改正され、基準となる断熱性能は、その度に格段に高くなってきました。つまり、家の断熱性能に対する考え方は、この30年でがらりと変わってきているのです。
最近、リフォームでの断熱に対する関心が高まっているのを感じます。当社では以前から、独自で断熱性能の向上に積極的に取り組んでいます。

きちんと断熱された家は、快適で安心です

冬、窓の下が冷え冷えを感じることがありませんか?それは、窓に面した部分の空気が冷やされ流れ落ちることで、実際の室温よりも寒く感じる「コールドドラフト」現象です。

また、暖房された部屋から廊下やトイレなど、断熱されていないところへ移動したときに生じる、急激な血圧の変動などの体の異常「ヒートショック」は、高齢になるほど気をつけたいものです。窓を二重にしたり、建物の躯体に断熱材を充分に入れることで、屋内の温度ムラをなくし、快適で安心な環境をつくることができます。

建物から熱が逃げていく図
断熱の効果は冷暖房費にも現れます

適切な場所に適切な断熱をすると、体が心地よく感じるだけではありません。外気の影響を受けることが少なくなります。

ある検証実験によると、冬季の屋内外の平均温度差は、断熱をしていなければおよそ13.7度。それが窓、天井、壁、床に断熱施工をすると、その差は20.3度に広がります。つまり、断熱を施すと室温が6.6度上がるという試算データがあります。

外気温の影響が少なければ、室内を効率よく冷暖房できるようにもなります。天井と床に断熱材を入れ、窓に内窓を設置。さらに壁に気流止めと、当社オリジナル技術の内張り断熱遮音工法を施工すると、冷暖房にかかる電気代が年間で18,292円の節約になるという試算もあります。まさに、省エネ効果です。

サーモカメラだから、室内の温度環境が目でわかります

断熱とは、ただ断熱材を入れればいいというわけではありません。窓枠、壁と床の間、壁のコンセントカバー、キッチンの換気扇ダクトの周囲などに隙間があると、そこから外気が入ってくるばかりでなく、室内の湿った空気が壁の中に逃げ込んで、結露してしまうことさえあるのです。

見ただけでは判断できない住まいの状況をチェックするために、当社ではサーモカメラを使っています。隙間のあるところ、断熱材がない部分、壁の中で断熱材が垂れ下がっている部分などもひと目でわかります。断熱材と気密性を、同時に向上させてこそ効果があります。

住友林業ホームテックの断熱技術力は、年々、進化しています

断熱工事に使用する素材も工法も、年々進化をとげています。窓まわりを断熱するためには、内窓を設置するのが効果的です。既存のサッシ枠をそのまま利用できる複層ガラスなどもあります。また断熱と同時に、遮音効果も高める断熱材もあります。進化した工法を使えば、大がかりな工事にせず、住みながらでも断熱効果を上げる工事ができるようになります。

断熱改修プランは、家全体を診断してから

断熱が不充分だからと個別に対処して失敗することも。2階が暑いからと、窓を二重ガラスにしたら、かえって熱気の逃げ道がなくなり、以前よりも暑くなったという例もあります。お住まい全体を的確にチェックしてからリフォームプランを練る必要があります。

住友林業ホームテックは、リフォームの専門会社です。暖房が効かない、窓ぎわが冷えるなど気になることがあれば、お近くの支店、営業所までお気軽にお問い合わせください。

無料で断熱診断を実施いたします