住友林業ホームテック

先輩社員インタビュー 営業設計職

私の仕事は、よりよい暮らしをお客さまと一緒に考えること。「もっともっと成長したい」と勉強する毎日です。

営業設計職

名古屋支店主任

2012年4月入社(新卒)

PROFILE

名城大学 理工学部 建築学科卒。学生時代に建築を学んだことから、建築業界に興味を持つ。「就職するなら事務職に就いてほしい」という両親の反対を押し切って、総合職の道を選んだというキャリア志向の持ち主。目下の夢は旧家・古民家のリフォーム案件を手がけること。

【入社の動機】 「営業も設計も両方やりたい」
と考えたワガママな私

大学で建築を勉強していたこともあり、私としては建築業界への就職は規定路線。最初のうちは新築物件を手がけているハウスメーカーや工務店を中心に見てまわっていましたが、なかなかピンと来る会社にめぐり合えません。というのも、多くの会社で営業と設計は別々の職種になっていて、仕事研究を進めるうちに両方の仕事に興味を持ってしまった私は、どちらか一方に絞り込むことができなくなってしまったのです。

そんな時に出会ったのが住友林業ホームテック。会社説明会で「営業設計としての採用なので、営業も設計も両方できる」と聞いて、一気に心が動きました。また、社長がおっしゃっていた「就職活動とは、好きな会社を見つけること。なぜなら、自分がその会社のことを好きになれなければ、その会社が提供するサービスをお客さまに心からオススメできるわけがない」という言葉に共感しましたし、その言葉の裏にあるお客さまに対する誠実さに好感を持ちました。その後、リフォーム業界の他社の話も聞いてみましたが、当社以上に心を惹かれる会社と出会うことはなく、結局、就職活動を通じて“一番好きになった会社”である当社への入社を決めました。

写真

【成長の軌跡】 頼りになる仲間たちの支えは、
本当に心強かった

リフォーム工事の基礎を学ぶための研修や、『住友林業の家』のオーナーさまを中心に担当する期間を経て、入社4年目から一般のお客さまのリフォーム案件を多く担当することになりました。本格的に営業設計としてのキャリアを歩み始めたわけです。とは言え、いきなりすべての仕事を一人でこなすだけのスキルはありませんから、最初は頼りになる上司や先輩に同行させてもらいながら、プランの作り方や提案の仕方などを学んでいきました。

同じ案件は一つもないと言えるくらい、毎回毎回提案するプランが異なるのがリフォームの難しいところです。ただ、当社には、工事担当やインテリアコーディネーター、本社設計推進部の方など、とても頼りになるプロフェッショナルが大勢いて、皆さん親身になってサポートしてくださいます。営業設計の仕事の幅は広く、私も入社前には「大変そうだな」と感じたこともあったのですが、こうした心強いバックアップ体制があるので、心配する必要はありません。また、『住友林業』というブランドがあるため、お客さまから信頼していただきやすいという部分も、仕事のしやすさにつながっていると感じています。

写真

【思い出深い仕事】 お客さまと向き合い、リードしていく
大変さとやりがいを痛感

今まで担当した案件で一番思い出深いのは、とある30代のご夫婦から依頼された戸建住宅のリフォーム案件です。その物件は築30年を超えた二世帯住宅で、老朽化が進み、暮らしにくくなっていたのです。ただ、予算も限られているため、1階のみの部分リフォームを検討したいということでした。そこで、可能な限り現状を維持した設備面中心のプランを提案したのですが、細部を詰めていくうちに「妥協したくないので、やっぱりフルリフォームで考えたい」というご相談をいただきました。

そこから先は、構造の全面変更や耐震補強など、次々と出てくる要望を受けて、何度も何度もプランを出し直す日々が続きました。要望が多岐にわたり過ぎて、あちらを立てればこちらが立たないという状態に陥り、途方に暮れたこともありましたが、そんな時に支えてくれたのは「自分がこうした方がいいと思うんだったら、プロとして自信を持って提案しなさい」という上司の言葉。お客さまと根気強く話し合いを続け、2年近くの時間をかけてようやく工事が完了したときは、さすがに胸に迫るものがありましたし、お客さまも本当に喜んでくださったので、諦めないでよかったと思いました。お客さまと一緒に住まいを作り上げていくことの大変さと面白さを強く感じられた仕事でしたね。

写真