新着情報

住友林業ホームテックのリフォーム
「旧家」再生に係るサービスの拡充に関するお知らせ

2014年5月26日
住友林業株式会社
住友林業ホームテック株式会社

  住友林業株式会社(社長:市川 晃 本社:東京都千代田区)のリフォーム専門会社である住友林業ホームテック株式会社(取締役社長:髙桐 邦彦、住友林業100%出資、以下「住友林業ホームテック」)は、三井住友信託銀行株式会社(取締役社長:常陰 均、以下「三井住友信託銀行」)とともに、日本の伝統・文化を現す住まいであり、また、先祖代々住み継がれてきた「旧家」を再生し、次世代に繋ぐために維持・管理していくお客様をサポートするサービスの相互提供を6月2日から開始いたしますのでお知らせします。

  住友林業ホームテックの「百年のいえ倶楽部」*のお客様に対して、三井住友信託銀行にて培われてきた資産運用・資産管理に関するノウハウを活かしたメニューを新たにご提供いただくこととなりました。具体的には、「旧家」リフォームのための住宅ローン、「旧家」の維持・管理資金の形成に有利な金利優遇サービス、「旧家」を次世代へ円滑に住み継ぐための備えとなる遺言信託の基本手数料割引などをご提供いただきます。あわせて、三井住友信託銀行のお客様に対しても、「百年のいえ倶楽部」を積極的にご紹介してまいります。

(サービス例)「旧家」リフォームのための住宅ローン
「旧家」の再生・維持を支援するため、住宅ローンで豊富なノウハウを持つ三井住友信託銀行がお借り入れのご相談に応じます。
(内容や条件につきましては、三井住友信託銀行にお問い合わせください。ご参考 三井住友信託銀行ホームページ

  先祖代々永きに亘って住み継がれてきた「旧家」は、柱、梁等構造躯体に、現代では入手しにくい貴重な材が使われている例も多数あります。住友林業ホームテックでは、家族の想いが詰まった住まいであると同時に、日本の木の文化を繋ぐ住まいとも言える「旧家」を、古き良きものは残しつつ現代の暮らしにあった安心・安全・快適な住まいに、そして次なる100年に繋ぐことのできる住まいへと生まれ変わらせ、資産価値の向上にもつながるリフォームへのサポート体制を強化しています。

   耐震・断熱等の住まいの基本性能をアップさせ、新築住宅同様の快適さを追及する「旧家」リフォームは、新築住宅建築同等の費用を必要とするケースも少なくありません。今回、資産運用・資産管理に強みを持つ三井住友信託銀行との提携により、リフォームをより身近に検討いただけるサービスの拡充が可能となりました。

住友林業ホームテックでは、「旧家」リフォームを検討されるお客様へ向け日本の伝統文化への想いを次世代へつなぐお手伝いをさせていただくとともに、より幅広くお客様のニーズにお応えできるよう、一層のサービスの充実を目指してまいります。

*「百年のいえ倶楽部」とは
住友林業ホームテックが運営する2013年7月に設立した会員制倶楽部。昭和25年以前に建築された木造住宅(「旧家」と定義します)を永年にわたって後世に残し繋ぐためのサポートを提供します。現在「旧家」等にお住まいの方や「旧家」購入を検討している方が対象です。(「百年のいえ倶楽部」サイトへはこちらから

以上

<本件に関するお問い合せは、下記にお願いいたします。>
住友林業株式会社
コーポレート・コミュニケーション室
TEL:03-3214-2270

<お客様お問合せ先>
住友林業ホームテック株式会社
営業推進部
TEL:03-5217-5113

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP