佐賀県 Y様邸 No.34

築70年、先祖代々続く窯元の家。お客様にとっても、住む人にとっても快適な空間を実現。

-既存の梁や柱、古い建具をそのまま残し、昔の木の良さを大切にした設計に-

築70年、老朽化が進んだわが家は先祖代々続く窯元で、家の一部を焼き物の展示スペースにしています。近い将来、修行中の息子が帰ってくることを考えてリフォームをお願いしました。住友林業ホームテックは偶然雑誌で知りましたが、私たちの希望を取り入れながら、夫婦二人では思いつかないプラスαの提案をたくさんしてくださいました。曲がった太い梁や由緒ある床柱、古い建具をそのまま残し、明るく暖かく、開放感あふれる住まいになってとても満足しています。

 

リフォームの見どころ

  • 自然素材・木質感
  • リビング/ダイニング
  • 和室/子供部屋/寝室
建物種別 旧家 リフォーム
部分
LDK/洋室/板の間和室/多目的和室/洗面室/バスルーム/トイレ/ホール/廊下/階段/吹抜け/トップライト/収納/外観
築年数 70年 構造 伝統構法 工事面積 227m2
工期 160日 建築形態 戸建て 費用 3,495万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 瓦の一部が古くなったこと。またキッチンやお風呂周辺の床など、さまざまな箇所の老朽化が進んだため。
  • 他の窯元で修行している息子と近い将来同居するため。
  • 天井が低くて暗い、冬がとても寒い。

こだわりストーリー

どこか懐かしく、味わい深い外観と室内

外観も室内もどこか懐かしく、味わい深い表情に。リフォームだからこそできた住まいです。

昭和20年にY様のお父様が建てたお住まいです。戦時中だったので、木材がなかなか手に入らなかったという当時の苦労話をお父様から聞いていたため、今回壊すことはまったく考えていなかったそうです。Y様は「大工さんから『新築とは違ってひとつひとつ寸法にあわせてつくっていくのでやりがいがある』と言われてとても嬉しかった」とおっしゃっていました。外観も室内もどこか懐かしく、味わい深い表情のY様邸は、リフォームだからこそできた住まいです。「期待以上の家が完成したので、これからまたいい焼き物を作ろうと張り合いがでてきました」とご満足なご様子でした。

こだわりストーリー

空間を印象的に演出するステンドグラス

空間を印象的に演出するステンドグラス。住む人の目もお客様の目も楽しませてくれます。

今回のリフォームにあたり、Y様が創作した陶器や、そのほか大切にしているものを随所に配して、窯元ならではの味わい深い空間にしたいと考えていました。写真のアンティークのステンドグラスもそのひとつで、Y様とご相談した上で、お客様が一番目にする東側の和室の高窓に嵌め込むことにしました。そのステンドグラスから差し込むやわらかな光は、展示スペースを印象的に演出し、色彩豊かな絵柄は住む人の目もお客様の目も楽しませてくれます。

リフォームを終えて

担当者のコメント

暗さと寒さを解消。既存の梁や柱、建具を活かした木質感のある空間に仕上げました。

西九州店

天井が低くて暗かったY様邸。昼間電気を付けずにお過ごしいただけるように、吹抜けや窓の配置を工夫しました。またご希望により既存の梁や柱、建具をそのまま残し、木質感のある快適な空間を実現。リビングにはY様所有の薪ストーブを設置して冬の寒さを解消しました。

お客様のコメント

明るく、開放的な住まいになってライフスタイルがガラリと変わりました。

天井を高くし、吹抜けやトップライトを設けたことで明るさはもちろん開放感を実感。DKとひと続きになった広いリビングはとても快適で、自然と人が集まる機会が増えました。気軽におもてなしできる空間ができたので、子供や孫の帰省や展示会にいらしたお客様との交流がますます楽しみになりました。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP