三重県 H様邸 No.19

旧家の広いスペースと趣を活かしながら、デザイン性を高めた住まいに。

-玄関ホールを広げて印象的な空間に。明るい和モダンなLDK、坪庭も設けて-

雑誌で梁をアクセントにしたリフォームの実例などを見て、あえて隠していた梁を現し、LDKを趣のある雰囲気にしていただきました。狭かった玄関ホールは広々とし、坪庭の見えるバスルームも実現。隙間風が吹いて寒かった室内も暖かくなり、とても満足しています。

 

リフォームの見どころ

  • 旧家
  • 自然素材・木質感
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 洗面室/バスルーム/トイレ
  • 玄関/ホール
建物種別 旧家 リフォーム
部分
リビング/DK/洗面室/バスルーム/トイレ/ホール/玄関/勝手口/坪庭
築年数 52年 構造 伝統構法 工事面積 159.97m2
工期 123日 建築形態 戸建て 費用 1,666万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 旧家ならではの趣のある住まいにしたい。北と南の部屋の間にある廊下を活かした空間を作りたい。
  • 玄関ホールを広くしたい。床の段差をなくしたい。収納スペースを増やしたい。
  • 水まわりが老朽化している。室内が薄暗く、冬は隙間風が吹いて寒い。お風呂が北側にあって寒い。

こだわりストーリー

玄関ホール

玄関ホールは照明にもこだわり、
奥行き感のある、広々とした空間に仕上げました。

狭かった玄関ホールはなぐり調のフロアを採用し、木質感のある広々とした空間にリフォーム。飾り棚を設置し、LED照明を取り付けて、さらに奥行き感を出しました。飾り棚の壁面にはアクセントとしてエコカラットを採用。リフォーム前からある開口部分はあえて壁にせず、格子スクリーンと強化ガラスを設置し、やわらかな光が入るように工夫しています。

リフォームを終えて

担当者のコメント

旧家ならではの木の質感を活かした
趣のある空間づくりを心がけました。

津支店

玄関ホールはさらに奥行きを出すためにLED照明を設置。LDKは既存の梁を現し、和モダンに。水まわり以外の床はオークのなぐり調仕上げで高級感を出しました。木の質感を活かした内装やインテリアでまとめた室内はとても気に入っていただき、安心いたしました。

お客様のコメント

見た目も暮らしやすさも言うことなし。
友人たちにも好評です。

家全体の色のバランスが良く、デザイン性の高い住まいになりました。広い玄関ホールからリビング、DKへと繋がる間取りは、友人たちにも好評です。土間の一部を納戸にするなど、収納部分を増やしたことでいつも室内がすっきりと片付いて気持ち良いですね。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP