埼玉県 S様邸 No.8

旧家の趣きを残し、和と洋の2つの空間を融合させた住まい

-旧家と増改築部分の屋根をつなげて外観を一新。耐震性も強化して-

築81年になる旧家を34年前に増改築したため、家全体のバランスを考えてリフォーム。
一体感のある外観に見せながら、室内は和と洋に分けて設計。部屋ごとの特長を最大限に活かしてデザイン性の高い空間に実現しました。耐震性も強化できて安心です。

 

リフォームの見どころ

  • 旧家
  • 二世帯で住む
  • 耐震補強
  • 自然素材・木質感
  • バリアフリー
  • 断熱
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 玄関/ホール
  • 外観/エクステリア
建物種別 旧家 リフォーム
部分
リビング/DK/和室/ホール/バスルーム/トイレ/縁側/外観
築年数 81年(増築部分34年) 構造 伝統構法(一部在来工法) 工事面積 201.24m2
工期 200日 建築形態 戸建て 費用 4,314万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 旧家も34年前に増改築した部分も見た目が悪く、構造的にもいつまで耐えられるかが心配なため。
  • 旧家部分と併せて、増改築部分も直したい。水まわりの設備を新しくしたい。
  • 両親が高齢なので元気なうちにリフォームしたい。

リフォームを終えて

担当者のコメント

屋根をリフォームして外観をイメージアップ。オリジナル工法で構造を強化し、耐震性も向上させました。

埼玉東支店

見た目にも構造的にも問題があったS様邸。そこで2階部分の大屋根を架け替えて外観のイメージをアップ。増築が原因の雨漏りも解決しました。またオリジナルのスミリンARC工法や柱頭柱脚補強工法などで構造を強化し、耐震性も向上させました。

お客様のコメント

リフォームして正解!デザイン性も高く、予想以上の仕上がりに満足しています。

新築にしたい、と思っていましたが、築81年の家は良い材料を使っていると聞いたのでリフォームに決めました。悩んでいた雨漏りも屋根全体をメンテナンスしたことで解決。また和も洋も楽しめる間取りやデザイン性の高い仕上がりにも満足しています。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP