広島県 H様邸 No.93

釣り好きだったお父様の魚拓をリビングから眺められる家。

-構造を強化し、耐震性をアップ。玄関を移動させて増築し、省エネ対策も配慮-

母と同居することになったため、玄関を移動させて増築。気になる構造の強化や耐震性も考慮し、家族が集まるリビングを家の中心に置き、間取りをひと工夫しました。大切にしている父の魚拓は、吹き抜けの一部に取り付け、母も私もリビングから毎日楽しく眺めています。

  • 1F
  • 2F

 

 

  •  

リフォームの見どころ

  • 戸建て
  • 耐震補強
  • 自然素材・木質感
  • 断熱
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 和室/子供部屋/寝室
  • 玄関/ホール
建物種別 戸建て リフォーム
部分
LDK/和室/寝室/トイレ/玄関/階段/吹き抜け
築年数 23年 構造 在来木造 工事面積 151.3m2
工期 150日 建築形態 戸建て 費用 2,400万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 23年前「住友林業の家」で父が建てた住まいに母と同居することになったため。
  • 釣りが趣味だった父の魚拓を飾りたい。リビング階段にしたい。
  • 使わない部屋がある。暗い感じがする。

こだわりストーリー

吹き抜け1

吹き抜け2

吹き抜けを以前より大きくとり、
お父様の魚拓を一番眺めの良い位置に設置しました。

「主人の魚拓をどうしても飾りたい」と希望していたお母様。その思いを叶えるために、階段を掛けかえ、以前より吹き抜けを大きくとってリビングから一番見やすくて良い位置を検討しました。リビングから吹き抜けを見上げると、トップライトからの光が燦々と降り注ぎ、素晴らしい眺めに。お母様は「主人の魚拓が家のポイントになり、リビングに居るのが楽しくなった」とお喜びです。

リフォームを終えて

担当者のコメント

玄関を移動させ、リビングを家の中心に。
構造を強化し、耐震性も向上させました。

広島支店

玄関を移動させ、家族が集まるリビングを家の中心にして増築。合成接着梁や耐力壁の新設で構造を強化し、耐震性を向上させました。また蓄熱暖房や複層ガラスで断熱性を上げ、太陽光発電などで省エネ性能も高めています。

お客様のコメント

父の残した魚拓を飾ることができて良かった!
木質感のある和モダンな空間も気に入っています。

吹き抜けを設けたリビングの壁に、母の念願だった父の魚拓を飾ることができて本当に良かったと思っています。リビング階段や格子スクリーン、天然素材の床など、木質感のある和モダンな仕上げもとても気に入っています。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP