千葉県 A様邸

No.145

18年前に父が建てた家を増築リフォーム。玄関を拡張、LDKは明るくて広い空間に。

-間取りを見直し、玄関からLDK、水まわり、廊下と回遊できる生活動線を確保-

寮生活をしていた高校生の長男が帰ってくることになり、部屋数が少ないので購入していた家の隣の土地を活用して増築リフォームしました。以前の家は玄関に入るとすぐ階段があり、トイレや浴室の扉が見えて不満だったため間取りを大きく変更。木質感あふれる玄関から明るく広々としたLDK、水まわり、そして廊下へと回遊できるスムーズな生活動線になり、息子はもちろん家族みんなが満足する家になりました。

  • 1F

 

リフォームの見どころ

  • 減築・増築・曳家
  • リビング/ダイニング
  • 玄関/ホール
  • 外観/エクステリア
建物種別 戸建て リフォーム
部分
LDK/和室/フリースペース/洋室/書斎/水まわり/玄関/廊下/ホール/階段/バルコニー/収納/外観/エクステリア
築年数 18年 構造 在来木造 工事面積 約154m2
工期 6ヶ月(エクステリアを除く) 建築形態 戸建て 費用 3,600万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 寮生活をしていた高校生の長男が帰ってくることになり、部屋数が足りないため。
  • 玄関に入るとすぐ階段があり、トイレや浴室の扉が見える間取りが不満だったため。

こだわりストーリー

明るく暖かいゆとりの空間第2のリビング

LDKを増築部分に配置して一日中明るく快適に。
キッチンは広めにスペースをとり、使いやすく。

以前は北東側にLDKがあり、午後になるとすぐ暗くなってしまったため、南東側にある和室をリビングとして使っていたそうです。今回のリフォームでは広々とした空間で一日中明るく快適にお過ごしいただけるように、LDKを西側の増築部分に配置し、北と西、そして南側3箇所に開口部を設けました。また梁を見せた勾配天井にしたことで、さらに広さと開放感を味わっていただけるようになりました。
奥様のご要望によりスペースを広めにとったキッチンは、お二人の娘さんが家事の手伝いやお菓子づくりをするときなど、とても使いやすくなったそうです。玄関からLDK、水まわり、廊下と回遊できるスムーズな生活動線も「とても暮らしやすくなった」と嬉しい感想をいただきました。

リフォームを終えて

担当者のコメント

増築してご不満だった間取りを改善。生活動線がスムーズになるように設計しました。

柏支店

玄関扉を開けるとすぐ階段があり、トイレや浴室の扉まで見えたのがとても気になっていたという奥様。そこで玄関の位置を変え、LDKは増築部分に配置。トイレや浴室は北側に移動しました。またリビングに居てもお子様が帰宅したとき玄関の様子がわかるように、室内の扉を斜めに取り付けるなど工夫をしました。

お客様のコメント

希望どおりの間取りになって良かった。
とても暮らしやすくなりました。

増築した部分のLDKは一日中明るく快適ですね。主人はソファに座ってくつろげるリビングがお気に入りで、窓から庭を眺められるようになったと喜んでいます。またずっと不満に思っていた階段や水まわりの位置を改善していただいたので、生活動線がとてもスムーズになり、暮らしやすくなりました。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP