愛知県 S様邸

No.143

キッチンを家の中心に配置。便利な家事動線と子供を常に見守れる間取りにリフォーム。

-玄関を南に移動し、お客様用の動線を確保。適した場所に十分な収納が-

名古屋への転勤をきっかけに土地を探して家を建てようと考えていましたが、土地の購入からでは大変。空き家になっていた祖母の家を長女の小学校入学前にリフォームして住むことにしました。夫婦二人の希望でLDKは明るく広々と。家事動線は便利に。収納を充実させ、玄関の位置を変更。またキッチン中心の間取りにしていただき、常に子供を見守れるようになったので安心です。

  • 1F

 

  • DK(before)
  • リビング(before)
  • 和室(before)
  • 外観(before)

リフォームの見どころ

  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 洗面室/バスルーム/トイレ
  • 和室/子供部屋/寝室
  • 玄関/ホール
  • 外観/エクステリア
  • 自然素材・木質感
  • 収納
建物種別 戸建て リフォーム
部分
リビング/DK/和室/寝室/洋室/水まわり/廊下/ホール/階段/玄関/バルコニー/収納/外観
築年数 29年 構造 鉄筋コンクリート造 工事面積 153.85m2
工期 150日 建築形態 戸建て 費用 3,240万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 転勤先の近くに昔祖母が住んでいた家があり、そこが空き家になっていたため。
  • 長女の小学校入学前に定住先を決め、自分たちの暮らしをかたちにしたかった。

こだわりストーリー

空間を引き立てるモザイクタイルの収納スペース

ガラスのモザイクタイルを張った柱形の収納に。
ダイニング側から見えないように工夫しました。

S様の奥様は「洗いカゴをカウンターに出さないようにし たい」とおっしゃっていました。そこでキッチンカウンターの横に洗いカゴをしまえるキッチン専用の収納スペースを確保しました。ダイニング側からは一見収納場所には見えないガラスのモザイクタイルを張った柱形の収納は、空間を引き立てるアクセントにもなっています。内装デザインにこだわりをお持ちのS様ご夫妻にはとても気に入っていただきました。

リフォームを終えて

担当者のコメント

RC住宅の制約をクリアし、デザイン性が高くて
暮らしやすい家に設計しました。

岡崎支店

RC(鉄筋コンクリート造)は構造上配管やダクトなどの位置を動かすことがむずかしいため、下がり天井にして木質材を張るなど空間のアクセントになるように工夫しました。間取りはキッチンを中心に配置し、LDKを大きくとるために廊下や広縁を取り込んで設計。また収納量を確保し、視覚的に目立たない収納を各所につくりました。

お客様のコメント

みんなに自慢したくなる家が完成しました。
ぜひ、わが家をご覧になっていただきたいです。

広くて明るいLDKや内装デザインが気に入っています。つくって良かったのはリビングのTV裏の収納スペース。「あれはどこにある?」と聞かれることがなくなりました。個別見学会のお話をいただいていますが、これからリフォームしようとお考えの方に、ぜひわが家をご覧になっていただきたいと思っています。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP