愛知県 I様邸 No.129

2階を増築して、デザイン性の高い上下分離型の二世帯住宅にリフォーム。

-2階を増築するため耐震診断を実施。壁や床など素材感にこだわった空間に-

主人が転勤することになり、転勤先に近い主人の実家をリフォームして住むことになりました。1階は義母と義姉のスペースとし、私たち家族が暮らす2階部分は増築して上下分離型の二世帯住宅に。1階も2階も素材感のある材を使い、私たち夫婦や姉のセンスを上手に取り入れてデザイン性の高い住まいに完成。心配していた耐震性も強化していただき安心しました。

  • 1F
  • 2F

 

 

リフォームの見どころ

  • 減築・増築・曳家
  • 二世帯で住む
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
建物種別 戸建て リフォーム
部分
1階LDK/2階リビングキッチン/お母様の部屋/お姉様の部屋/寝室/子供部屋/水まわり/廊下/階段/ホール/玄関/バルコニー/収納/外観
築年数 28年 構造 在来木造 工事面積 165.27m2
工期 190日 建築形態 戸建て 費用

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 実家に生活拠点を移して、義母たちと同居するにあたり、お互いプライバシーを保てる二世帯住宅にリフォームしたいため。

こだわりストーリー

便利で快適な同居生活を送るために、2階のリビングにミニキッチンを配置

便利で快適な同居生活を送るために、
2階のリビングにミニキッチンを配置しました。

写真のミニキッチンは I様ご夫妻の希望によりキッチンハウスでオーダー製作したものです。リビングに配置するため、デザイン性にこだわった家具のような質の高いミニキッチンです。壁面には古レンガ風のブリックタイルを張り、棚板には味わいのあるアンティーク調の足場板を使用しました。「色合いがお洒落でいいですね」と、奥様はとてもお気に入りのご様子。
ミニキッチンの良さは、2階のリビングでお茶を飲みたいときや、お客様がいらしたときなど、1階と2階を行き来しなくてもスムーズに用意ができること。便利でいいですね。

リフォームを終えて

担当者のコメント

2階を増築するため、耐震診断を実施。筋かいやタフパネルで耐震強度を高めました。

浜松支店

2階の床面積を広げてお神楽増築をするため耐震診断を実施。その結果、1階の壁には筋かいとタフパネルを。2階の壁には筋かいを採用し、家全体の耐震強度を高めました。2階の現わしにした松の丸太梁は現地調査の段階ではサイズなどが明確でなかったため、着工後、何度も打ち合わせを重ね、勾配天井の角度や、梁と天井の隙間の仕上げなどを決定しました。

お客様のコメント

要望は「できる、できない」にかかわらず全部伝えて良かった。イメージしていた住まいになりました。

妻も私も2階のリビングの雰囲気がとても気に入っています。姉は1階LDのウォルナットの床の質感がいいとか、間接照明の下でワインを飲むのが最高だとか絶賛しています。今回のリフォームでは私たちの要望に対して、住友林業ホームテックの担当の方がさまざまな意見や提案を出してくれたので本当に有り難かったですね。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP