京都府 K様邸 No.96

家族が集まる広々としたLDKを中心に、居心地と家事効率を両立させた住まい。

-室内には鉄骨造とは思えない木の温もりが。動線を見直し、家事負担も軽減して-

事務所兼倉庫だった実家の1階と中2階をLDK中心の間取りにリフォーム。「木の温もりを感じる家にしたい」と長女の希望を取り入れたLDは居心地がとても良く、今まで以上に家族が一緒にいる時間が増えました。家事効率をUPするスムーズな動線も実現していただき、忙しい毎日の時間短縮ができて助かります。

  • 1F
  • 2F

 

 

  •  

リフォームの見どころ

  • 戸建て
  • 自然素材・木質感
  • 収納
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 洗面室/バスルーム/トイレ
  • 和室/子供部屋/寝室
建物種別 戸建て リフォーム
部分
LDK/水まわり/脱衣室/衣装部屋/中2階和室/中2階子供部屋/廊下/玄関ホール/玄関/階段/吹き抜け
築年数 31年 構造 鉄骨造 工事面積 130m2
工期 120日 建築形態 戸建て 費用 2,579万円

間取り

  •  
  •  

1F間取り(Before→After)

2F間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 事務所兼倉庫だった妻の実家を居心地の良い住まいにしたい。
  • LDを木質感のある空間にしたい。中2階を活用したい。家事効率の良い動線にしたい。
  • キッチンに大容量の収納スペースがほしい。大きなお風呂にしたい。家族5人分の服などを収納できる大型の衣装部屋を作りたい。

こだわりストーリー

DKとひと続きにしたリビング

DKとひと続きにしたリビングはお子様の希望で木の温もりを感じる室内デザインに。

K様のご家族は、一緒に過ごす時間が多いので、LDKは間仕切りを作らずひと続きの広々とした空間にリフォーム。娘さんから「木の雰囲気を感じる空間にしたい」という要望があり、中2階を支えるための梁は木を使用してそのまま現し、壁面にはウッドタイルを。床はメイプルの無垢フロアを採用しました。「元々鉄骨なのでどんな風にしたら良いかわからなかったのですが、見違えるような空間になって嬉しいです」とK様。リフォーム前の事務所を知っている方がいらっしゃると、皆さんとても驚かれるそうです。

リフォームを終えて

担当者のコメント

中2階を支える構造梁は木を採用。
断熱性能を上げ、家事動線も考慮しました。

大阪支店

中2階部分の床の加重を支えるために、1階の天井には木の構造梁を設置。梁をそのまま見せることで木質感と天井高を確保しました。窓には複層ガラスを。床や壁、天井には断熱材を入れ断熱性を向上。家事が効率的にできるように家事動線も考慮しました。

お客様のコメント

LDやキッチンはもちろん、すべて思い通りになって、大変満足しています。

LDKはもちろん、すべて満足しています。洗面や脱衣、洗濯などを行うユーティリティと大型の衣装部屋の動線が繋がり、おかげさまで家事がはかどるようになりました。2階子供部屋の二段ベッドは、将来、衣類などを入れる収納などに変更できるので便利で良いですね。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP