神奈川県 E様邸

No.105

和室中心だった間取りを変更。高台の立地を活かし、日当たりと眺望に恵まれた平屋の住まいに。

‐手すりの設置やゆとりある広さを確保した水まわりなどバリアフリーにも配慮‐

子どもが独立して夫婦二人になり、また、建築から60年近く経つことから全面リフォームを決断。耐震性だけでなく、ダンパーを入れて制震性も高めてもらいました。日当たりも眺望もよい敷地を活かして、安全で快適な住まいにしたいとの要望に、住友林業ホームテックが私たちが気づかないような提案をたくさんしてくれ、とても満足のいく住まいになりました。

 

リフォームの見どころ

  • 耐震補強
  • 自然素材・木質感
  • リビング/ダイニング
建物種別 戸建て リフォーム
部分
LD/キッチン/寝室/和室/バスルーム/洗面室/トイレ
築年数 58年 構造 木造軸組工法 工事面積 77m2
工期 130日 建築形態 戸建て 費用 2,645万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 耐震性を高め、段差もなくして安心して住める家にしたい。
  • 高台ならではの日当たりや眺望のよさを活かして、気持ちよく暮らしたい。
  • 使わない和室が多いので間取りを変えたいが、冬は掘りごたつでくつろぎたい。

こだわりストーリー

木の豊かな質感と掘りごたつのくつろぎを楽しめるリビング

木の豊かな質感と掘りごたつのくつろぎを楽しむ住まいです。

E様の以前のお住まいは、LDK以外の3室のうち2室が和室でした。そこを使いやすい洋室にすることにしたのですが、冬に、こたつを楽しむスタイルは続けたいというご要望があり、新しいリビングにも掘りごたつを用意しました。こたつを使わない季節は、広々としたリビングとして利用しています。また、天井の梁を見せ、さらに掃き出し窓の天井部分にも木を張って、木の温かな質感を楽しんでいただけるようにしました。

リフォームを終えて

担当者のコメント

LDKには大きな窓を設け、さらに勾配天井にして、大きな広がりが感じられる空間にしました。

横浜支店

日当たりも眺めもよい敷地ですが、南側は和室で、LDKはその奥にありました。また部屋が細かく分かれ、建具を開けても天井に下がり壁が残り、開放感を得ることができませんでした。そこで南を大きなLDKとし、さらに勾配天井にして明るく開放的な空間をつくりました。

お客様のコメント

眺めを楽しみながら食事の支度ができるのがうれしい。天井が高いので気持ちものびのび。

北側の壁に向いていたキッチンが明るいリビングに移り、南の掃き出し窓に向いているので、キッチンでの作業も楽しくできます。耐震性も向上、将来どこに手すりを付けるかという相談やその準備もできました。これから二人で安心して住み続けることができます。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP