三重県 O様邸

No.104

新築から方針転換。日本の良材を使って建てられた家を、住み心地を向上させながら受け継ぐ

-オールステンレスのアイランドキッチンを囲んで楽しむホームパーティ-

父親がこだわって建てた家ですが、古くなり建て替えを考えていました。しかし、柱や梁には非常に良い材料が使われています。良い物はできるだけ残したいと思い、方針を変えてリフォームすることにしました。依頼先は新築の検討時に一番気に入っていた住友林業グループの住友林業ホームテックです。間取りや新たに使う材などについて細かく打ち合わせ、満足できるリフォームを実現しました。

 

リフォームの見どころ

  • 戸建て
  • 耐震補強
  • 自然素材・木質感
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 断熱
建物種別 戸建て リフォーム
部分
外壁/LD/キッチン/和室/バスルーム/洗面室/トイレ
築年数 35年 構造 木造軸組工法 工事面積 118.85m2
工期 139日 建築形態 戸建て 費用 約2,000万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 父親から受け継いだ家だが、生活しにくい。内装も自分の好みではないので変えたい。
  • 友人を招いてホームパーティをよく開くので、パーティが楽しめる空間が欲しい。
  • 今使っている材はできるだけを残し、新しくするところも自然素材を使いたい。

こだわりストーリー

4連の柱

「良いものはできるだけ残す」というO様の方針の下、既存の梁、柱などを積極的に活用しました。

O様のお父様が地元の大工さんと一緒にこだわってお建てになった住まいです。今ではなかなか入手できないような良材が使われており、それをできるだけ残すようにしました。リビングとキッチンをやわらかく仕切る4本の連続した柱も、一部は別の場所に使われていた既存の柱を移して再利用したものです。

リフォームを終えて

担当者のコメント

既存の木質感を活かし、それに合わせた意匠と材料で新たな空間をつくっていきました。

三重支店

仕上げの美しさにこだわって設計を進めました。とくにホームパーティで活躍するキッチンをどう見せるかがポイントでした。ご希望のオールステンレスのキッチンに、なぐり調のオークの床、天然素材で豊かな質感のある天井、造作家具などを合わせていきました。

お客様のコメント

残すべきものは残し、変えるものは変える。それが良いバランスで仕上がりました。

親から受け継いだ家を大切に住み継ぎたいと思い、柱や梁など、良材はできるだけ残し、可能な場合は移動して再利用してもらいました。仕上がりには非常に満足しています。今まで以上に愛着のある住まいになりました。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP