茨城県 Y様邸 No.97

モダン建築のエッセンスを随所に、ご夫妻の要望を上手に活かした美しい住まい。

-壁を取り払い、耐震性を強化。家事スペースをまとめて効率的な動線に-

妻の出産を機に実家へ戻るためリフォーム。壁で仕切られた昔ながらの間取りを見直し、耐震性を向上させ、リビングとDKを繋げてモダン建築のエッセンスを取り入れた住まいに。家事の場所を集中させたことで家全体が生活感を感じさせない美しい空間になり、どの場所にいても想像以上の居心地で満足しています。

 

リフォームの見どころ

  • 戸建て
  • 自然素材・木質感
  • キッチン
  • リビング/ダイニング
  • 玄関/ホール
  • 外観/エクステリア
建物種別 戸建て リフォーム
部分
リビング/DK/洗面室/バスルーム/トイレ/家事室/パントリー/玄関ホール/玄関/土間/外観
築年数 18年 構造 在来木造 工事面積 101.44m2
工期 95日 建築形態 戸建て 費用 1,151万円

間取り

間取り(Before→After)

リフォームのきっかけ

  • 第一子誕生を機に実家へ戻ることになったため。
  • 実家1階の共用部分の間取りや内装デザインを夫婦二人の好みにあうようにリフォームしたい。

こだわりストーリー

家事室

家事室を広く設計し、クロゼットを置けるようにしたことで効率の良い家事動線や生活動線を実現しました。

家事スペースをひとつにまとめ、効率的な動線を実現したY様邸。「洗濯から収納まで一カ所でできるので本当に助かります」と奥様。洗面脱衣室やウォークインクロゼットが隣接しているので消防士のご主人様が勝手口から帰宅後、入浴や着替えなどもスムーズだとか。また家全体に生活感を感じさせないよう、手持ちのクロゼットなどもここに置いているそうです。

リフォームを終えて

担当者のコメント

壁を取り払い、耐震性を強化して間取りを変更。
断熱性能も向上させました。

つくば支店

広い空間を実現するために極力壁を減らしました。床と天井は解体せずにショート高タフパネルを採用して耐力壁に。さらにホールダウン金物で補強し、耐震性を強化しました。床や壁、天井に断熱材を敷き込み、蓄熱暖房なども設置して断熱性能を上げています。

お客様のコメント

何でも聞いてくれるし、いろいろ提案もしてくれて本当に心強かったです。

こだわりがある分、要望がたくさんありましたが予算内でいかにできるか、的確にアドバイスをいただいてとても感謝しています。壁を極力減らしたため、耐震性を心配していましたが、技術に信頼がおける会社なので安心しておまかせすることできました。

PAGE TOP

  • 旧家再生研究所
  • 百年のいえ倶楽部

PAGE TOP